蕎麦前処 二尺五寸 羽田空港国際線店

  • Day:2015.03.21 10:50
  • Cat:蕎麦
久しぶりの海外出張で訪れたのは、羽田空港国際線ターミナル4F「江戸小路」にある

「蕎麦前処 二尺五寸 羽田空港国際線店」さんです。
蕎麦前処 二尺五寸1

今回はこちらで出発時刻までの時間を過ごしましょう。

では、早速店内へ。

店内は横に細長く、ガラス窓からは出発ロビーが見下ろせます。
蕎麦前処 二尺五寸2




席に着くと、最初に出されたのはお茶とそば粉で作られたかりんとう。
蕎麦前処 二尺五寸3

せっかく出していただきましたが先ずは一杯やりたいですから、

こちらは最後にいただくこととしましょう。

では、先ずはメニューを眺めます。

蕎麦前処 二尺五寸4

蕎麦前処 二尺五寸5

蕎麦前処 二尺五寸6

蕎麦前処 二尺五寸7

蕎麦前処 二尺五寸8

やはり場所柄、ややお高い料金設定ですね。

そして店名の如く、蕎麦前メニューが充実してます。





そんな中お願いしたのは「燗酒」
蕎麦前処 二尺五寸9

そのお供には「板わさ」。

弾力があって旨いです。

美味しいアテをいただきながら昼間から一杯やる。

なんだか早くもいい気分になってきましたよ^^





続いて、燗酒をおかわりしつつ焼き物「もも、いかだ(長ねぎ)」
蕎麦前処 二尺五寸10

串焼きが一本300円を超えるというのは少し驚きですが、これも場所柄

仕方がありませんよね。

その自慢の焼き鳥は南部鶏を使用。

注文の際、「もも」はタレか塩のどちらにしましょうか?と尋ねられ、珍しくタレで

お願いしたのですが、まさか「いかだ」もタレで出てくるとは思いませんでした。

しかも、そのいかだはやや焦げ目が・・・

そうは言っても、甘ダレにお好みで辛みそをつけて美味しくいただきました。





さて、飛行機の時間も近づいてきましたから、そろそろ〆のお蕎麦を。

いただいたのは「もりそば」
蕎麦前処 二尺五寸11




なかなか艶やかな美味しそうなお蕎麦です。
蕎麦前処 二尺五寸12

早速手繰ればソバの香りこそ弱いものの、コシがあって喉越しもいいですね。

これはなかなか美味しいお蕎麦ですよ。


蕎麦湯は蕎麦猪口に軽く2杯分くらいしか入っておらず少し物足りなさを感じましたが、

まぁ出発までの2時間をのんびり過ごせましたので、そういう意味ではよかったですよ。

どうもご馳走さまでした。


蕎麦前処 二尺五寸 羽田空港国際線店

一朋(いっぽう)(静岡市葵区)牡蠣みぞれ

  • Day:2015.03.16 21:40
  • Cat:蕎麦
実はずっと気になっていたお蕎麦屋さん、葵区七間町にある「一朋(いっぽう)」さんです。
一朋(いっぽう)1

場所は七間町通り沿いで、ちょうど北ワシントンホテルの斜向かえです。

開店の11時30分少し前にお店につくと、なんと既にかなりのお客さんが行列をなして

開店を待っているではありませんか。

おいおい、そんなに人気店なんでしょうかね。

その後すぐに開店時間となり、驚きを感じながらも店内へ。

ということで、お店は開店と同時にほぼ満席状態。

一朋(いっぽう)2

私もなんとか運よくカウンター席へ滑り込むことができました。

間口が狭いお店は奥に長く、入口すぐのところにある打ち場の先にテーブル席4人×4と

奥には私の通されたカウンター4席。

白を基調とした店内は、一見カフェと思わせるようなお蕎麦屋さんらしからぬ、お洒落で

モダンな感じ。





そして、メニューがこちら。
一朋(いっぽう)3

一朋(いっぽう)4


こちらは主だったメニューの写真です。
一朋(いっぽう)5

一朋(いっぽう)6

セイロはお手頃の650円なんですが、その他のメニューは以外にも他店と比べると

ややお高い設定ではないでしょうか^^

そして、全般的に何といいましょうか、創作的な蕎麦メニューが多いですね。

そのせいもあってややお高い値段設定なのかもしれませんね。





ということで、この日いただいたのは「牡蠣みぞれ」
一朋(いっぽう)7

“みぞれ”というと冷たいお蕎麦をイメージしますが、こちらは温かいお蕎麦。

この「牡蠣みぞれ」が1,300円とは、これは逆にお安い印象^^

その「牡蠣みぞれ」は、あんかけ風のトロミのあるお汁にたっぷりの大根おろしがいかにも

みぞれ風です^^

一朋(いっぽう)8

さらに、桜の花びらをかたどった人参に三つ葉と柚子皮が、見た目にも風情を感じさせる一品です。

そこに、広島産の大振りの牡蠣がゴロッと4つ。

その牡蠣は片栗粉をまぶしてカリッと揚げ、牡蠣の旨みを閉じ込めたスタイル。

一朋(いっぽう)9

早速牡蠣からいただけば、身がプリッとしてエキスがジュワ~っと溢れてきます。

このミルキーさが牡蠣付好きを虜にしてしまうんですよね。


次いで、気になるお蕎麦は細打ちながらモチッとさとコシもなかなかです。

温かいお蕎麦でこれほどの美味しさであれば、冷たいお蕎麦も十分期待ができそうです。

一朋(いっぽう)10

牡蠣の旨味が染み出したトロミのある汁を、甘みのある大根おろしがしっかりと包み込み、

そこに柚子皮の香りが加わって、これは最高のひと品ですね。

もしかしたら、隠し味に柚子胡椒もわずかながら入っているのかもしれません。

さらに、トロミのある汁と大根おろしのおかげなんでしょうか?お蕎麦はいつまでも熱々で、

これ一杯で体が温まります。


さて、お店は男性2名、女性2名の計4名で営まれていました。

どなたが店主なのかはっきりとは分かりませんでしたが、多分厨房手前側で忙しく動き

回っている方がそうだと思います。

一朋(いっぽう)11

そのご主人は、以前伊勢丹のお隣にあった「弁慶」で修業された方とのこと。

「弁慶」さんの庶民的なおそばが大好きで私も何度か伺ったものです。

ということもあって、実は本格的お蕎麦としては期待していなかったのですが、

これが意外やいいお蕎麦でした。

今回は温かいお蕎麦をいただきましたが、これほどのお蕎麦であれば冷たいお蕎麦も

きっと美味しいに違いありません。

次回は是非とも冷たいお蕎麦、やっぱりセイロあたりをいただいてみたいですね。

その価値があると思えるほど美味しいお蕎麦でした。


それにしても、土曜日が定休というちょっと変わったお店なので、今までなかなか伺う

チャンスがなかったのですが、これからは折を見つけて、足しげく通ってみたいと思いました。

今日はどうも御馳走さまでした。


一朋(いっぽう)

手打ち蕎麦 太郎庵(静岡市葵区)天もり

  • Day:2015.03.15 17:24
  • Cat:蕎麦
いつもの「手打ち蕎麦 太郎庵」さんです。
太郎庵 天もり1





この日いただいたのは「天もり」
太郎庵 天もり2

生山葵を擦りおろしながら出来上がりを待ちましょう。

お蕎麦は相変わらず瑞々しく、見るからに美味しそう。

太郎庵 天もり3




天種は、エビ2本、ナス、カボチャ、オクラ、ミョウガ、シイタケ
太郎庵 天もり4

天ぷらは抹茶塩でさっぱりといただきます。

衣の付け加減が最高ですね。

サクッサクでとっても美味しいです。

やっぱりお蕎麦と天ぷらって相性抜群ですね^^

今日も美味しいお蕎麦をご馳走さまでした。


手打ち蕎麦 太郎庵

三勝(さんかつ)そば店(静岡市清水区)ラーメン

この日お邪魔したのは、清水区二の丸町にある「三勝(さんかつ)そば店」さんです。
三勝そば店1

場所は国道一号線から少し入ったところなんですが、行き方によっては進入禁止になって

いたりと、ちょっと複雑かもしれません^^

駐車場は、お店の斜向かいにある月極め駐車場に5台分確保されています。





早速お店に入れば、店内はこんな感じ。
三勝そば店2

入口を入ったところがテーブル席で4人×3と2人×1。

その奥が小上がりになっていて4人×3です。

清潔感があって好印象な店内です。





では、早速おしながきを拝見しましょう。
三勝そば店3


こちらは、あったか季節メニュー
三勝そば店4

こちらでもやはり清水名物“ちょうちん”のセット物が。





そんな中注文したのは「ラーメン」です。
三勝そば店5

嬉しいことにミカンもつけてくれています。




具はチャーシュー2枚、メンマ、カマボコ、青ネギ。
三勝そば店6

先ずはスープをいただけば、薄っすらと生姜を感じさせる昔懐かしい味です。

麺は縮れのある中細麺。

三勝そば店7

食後にミカンをいただき、暫しのんびりと。

お店は、初老のご主人ご夫婦に若旦那の3名で切り盛りされていました。

みなさんとっても気さくで接客も丁寧で好印象です。

メニューも豊富ですから、これからちょくちょくお邪魔させていただくことでしょう。

今日はどうもご馳走さまでした。


三勝そば店

中華料理 千代(静岡市葵区)半チャンラーメン

この日お邪魔したのは、葵区山崎にある「中華料理 千代」さんです。
中華料理 千代1

こちらのお店は、以前ご紹介した「イタリア食堂 ROSSO(ロッソ)」さんを訪れた際に見つけた

お店なんです。

最近、藁科海道が新しくなったことで旧道などは車の流れがガラッと変わってしまいましたから

商売にも影響がでているのではないでしょうかね?

こちらの「千代」さんは静清バイパス羽鳥I.C出口からの通り道ですから、それほど影響はないと

思いますが。

さて、駐車場はお店の前とこちらの店舗長屋の両脇に共同駐車場があります。





早速お店に入れば、店内はこんな感じ。
中華料理 千代2

まさに昔ながらの中華料理屋さんといった雰囲気で、厨房前にカウンター席が4席。

そしてテーブル席が4人×2、2人×1といった感じ。





そして、メニューがこちら。

こちらは当店お勧めランチメニュー(日祝除く)。
中華料理 千代3


そしてこちらが通常メニュー。
中華料理 千代4

メニューもなかなか豊富です。





そして、今回注文したのは「半チャンラーメン」
中華料理 千代5

ラーメン一杯と半チャーハンのお店一番人気のメニュー。




では、先ずはラーメンから。
中華料理 千代6

具はチャーシュー、メンマ、ほうれん草、ナルト、ネギ。

実に美味しそうなフォルムです。

早速スープを啜れば、さっぱりとした私好みのいい味です。

中華料理 千代7

麺は中細のストレートで、スープとの相性もいいですね。

そこに胡椒をまぶせば、スープが引き締まってこれまた旨し。

柔らかいチャーシューやスープに浸かったほうれん草もラーメンの美味しさを引き立たせます。

チャーハンもシンプルながら味付けもよく、ラーメンとの相性も抜群です。

中華料理 千代8

さて、お店は初老のご夫婦お二人で切り盛りされていて、お二人とも気さくなおじちゃんおばちゃん

といった感じ。

いつまでもお元気でがんばって下さいね!


中華料理 千代
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。