蕎麦 酒 かわかつ

今宵も藤枝市駅前にある「蕎麦 酒 かわかつ」さんで蕎麦前してきました。
蕎麦 酒 かわかつ1

「かわかつ」さんはおつまみが充実しているので、何とも引き寄せられてしまうんですよね^^





この日はアサヒの瓶ビールでスタートです。
蕎麦 酒 かわかつ2

お通しは肉じゃが。





そしてこの日最初に注文したのは「シャモ刺」
蕎麦 酒 かわかつ3

「かわかつ」さんの名物料理といえば一黒シャモですからね!

前回訪問したときには焼き系の「そば屋のやきとり」をいただきましたので、

今回はお刺身をいただいてみました。


本来ならばレバー、ハツ、砂肝などの三点盛りとなるところですが、この日は残念ながら

肝系がないとのことでこちらの二点となりました。


先ず一点目はモモ肉のたたき
蕎麦 酒 かわかつ4

皮の焼き目の香ばしさと歯ごたえがたまりません。

そして、この辛子が最高に合うんですよ。



そして二点目が胸肉の山葵醤油和え
蕎麦 酒 かわかつ5

もも肉とは違って、モチッとしながら柔らかく、濃厚な鶏の旨味が感じられます。

また、こちらは山葵との相性が抜群なんですね。


まさに素材の良さが決め手といったひと品ですね。

これは食べる価値大ありですよ。

次回は是非とも肝系を食べてみたくなりました。





ここでたまらず日本酒です。
蕎麦 酒 かわかつ6

日本酒は、地元藤枝「杉井酒造」の「杉錦」です。

今宵は冷酒でいただきましたので、「純米」にしてみました。






そして、続いて頼んだのは「抜き」
蕎麦 酒 かわかつ7

この“抜き”については以前こちらの記事でご紹介しましたが、まぁ、これぞそば屋の究極の

酒のアテなんですね。


ところで、今回“抜き”を注文すると“天ぷらは何にしましょう?”とご主人。

一般的に「天抜き」といえば海老天とか盛り合わせなんですが、“今日は今が旬の太刀魚が

入ってますから太刀魚の天ぷらも如何でしょうか?”とご主人。

おいおい、悩ませる質問だな~(>_<)

どれも食べたい素振りをしていると“分かりました!両方やりましょう!”とご主人。

蕎麦 酒 かわかつ8

ということで出てきたのがこんな感じ。

海老に太刀魚、ズッキーニ、オクラととっても具だくさんです。

やはりいろんな種類の天ぷらが入ってると豪華ですよね^^

蕎麦 酒 かわかつ9

そして、その“抜き”は時間が経って衣が汁を吸うとこんな感じに。

どうですか?この天ぷらの衣がくたくたになったところが最高のアテなんです。

それにしても嬉しいのが、かなり厚めに衣を付けてくれているところ。

そこに七味を振り掛けていただけば、日本酒がすすみます。






そして〆に選んだのが「蕎麦屋の中華そば」
蕎麦 酒 かわかつ10

本来なら「抜き」をいただいたのですから〆は粋に「せいろ」とするべきなのでしょうが、

せいろは前回いただきましたので、違ったところで目に止まったのがこちらだったんですね^^

ある意味邪道なのかもしれませんけどね(笑)


さてその中華そばですが、スープが透き通っています。

具はもちろん一黒シャモ、九条ねぎ、海苔
蕎麦 酒 かわかつ11

では、先ずはスープを。

うん、塩ラーメンではないですね。

といって醤油ラーメンというわけでもないと思うんですが、お聞きするとちゃんと白醤油を使った

醤油ラーメンなんだそうです。

よく分かりませんでしたが、とってもシンプルですが深みのあるスープが美味しいですね。

蕎麦 酒 かわかつ12

麺は中太の縮れ麺で、コシがあり歯ごたえのしっかり有る麺です。

先に「抜き」をいただいたせいか、少ししょっぱくてコクをあまり感じませんでした。

やはり定石に従って素直に「十割せいろ」をいただけば良かったですかね^^

まぁとにかくいろいろ目移りしてしまうくらい魅力的なメニューが豊富ですからね。

また近いうちにお邪魔したいですね。


蕎麦 酒 かわかつ

そばの岩久 清水店(静岡市清水区)ラーメン

この日訪れたのは、清水区桜が丘町にある「そばの岩久 清水店」さんです。
そばの岩久清水店ラーメン1

このお店はいつ来ても混んでますね~。





そして、今回注文したのは「ラーメン」
そばの岩久清水店ラーメン2

前回訪れた際、メニュー表に「ラーメン」の文字を発見しましたが、その日はおそばを

いただきましたので、やはりそば屋のラーメンが大好きな私としては見逃すことが

できずに今回伺った次第です^^



そのラーメンの具はチャーシュー、メンマ、青ネギ。
そばの岩久清水店ラーメン3

実にシンプルな具材で、まさにそば屋のラーメンといった表情をしてますね。

スープは昔懐かしい中華そばそのものの味ですが、若干生姜を利かせていますね。

こういったタイプもたまにお目に掛かります。

そばの岩久清水店ラーメン4

そこに胡椒を振りかけて豪快にズズーッと啜れば、言うことなしですね。

チャーシューは噛み応えのあるタイプで、噛みしめていると旨味が溢れてきます。

メンマは甘味を効かせたタイプで歯ごたえもいいです。

最後はスープまで飲み干してご馳走さまでした。

飲み干しちゃいけないと思っていながらも、これが止められないんですよね~(>_<)

今日もご馳走様でした。


そばの岩久 清水店

そば処 山惣(やまそう)(静岡市葵区)ラーメン

またまた訪れたのは、葵区安東にある「そば処 山惣(やまそう)」さんです。
そば処 山惣(やまそう)1




この日いただいたのは「ラーメン」500円。
そば処 山惣(やまそう)2

前回訪れた際、メニューに「ラーメン」があるのを発見しましたので、一度いただいてみなくては!

との思いで今回伺った次第です。

具はチャーシュー、メンマ、ナルト、青ネギと実にシンプルです。

そば処 山惣(やまそう)3

スープはややこすんだタイプで、一口啜ると薄味の優しい味。

何と言うんでしょうか、もう少しコクがあるといいですね^^

そこで、卓上の胡椒を少し多めに振りかけて味を調えます。

ワンコインということもあってか、ボリューム的にも腹八分目であっという間に完食です。

どうもご馳走様でした。


そば処 山惣(やまそう)

清見そば本店(静岡市駿河区)冷やし中華

久しぶりに伺ったのは、駿河区南町にある「清見そば本店」さんです。
清見そば本店 冷やし中華1

この日、お店の前を車で通るとたまたま駐車場が空いていたので、これはラッキーとばかりに

お邪魔した次第です。





そして今回注文したのは「冷やし中華」
清見そば本店 冷やし中華2

本当は折角だから「ラーメン」をいただきたかったんですが、朝晩はだいぶ涼しくなったとはいえ

まだまだ日中は暑いこの季節ですからね。

それと、一応「冷やし中華」と書かせてもらいましたが、本当は「冷やしラーメン」なのかな?

メニュー表には“季節物 冷やしラーメン”と書かれていますが、壁には“冷やし中華始めました”とある。

まぁこれはどの店でもよく見かける規格品の貼り紙なので何とも言い難いのだが、注文も“冷やし中華”で

通ったので今では馴染みのある「冷やし中華」とさせてもらいました^^

ただ、静岡では昔から“冷やしラーメン”と呼ぶ方が主流だったと思いますがね^^

清見そば本店 冷やし中華3

さて、その「冷やし中華」ですが、具材はキュウリの千切り、錦糸卵、叉焼、ワカメ、紅生姜、

そこになぜかグリーンピース。

清見そば本店 冷やし中華4

では、カラシをタレに溶いて早速いただきます。

水でキュッとしめた中華麺はツルッと滑らかでコシが半端ないです。

噛み切れないほどですよ^^

そこに、酸味を控えたすっきりとした甘酸っぱさの醤油ダレが美味しいですね。

まだまだ日中は暑いですけど、今年はこれが食べ納めかな^^





最後に、一応メニューも載せておきます。
清見そば本店 冷やし中華5

清見そば本店 冷やし中華6

そうそう、お店の駐車場が埋まっていた場合、地図に書かれたコインパーキングを利用される

方もいらっしゃるでしょうが、料金は20分100円です。

仮にお店が混んでいたとしても提供が早いですから、サッと食べれば20分で戻ってくることは

多分可能でしょう。

さて、あなたはこの勝負にチャレンジしてみますか?(笑)


清見そば本店

長寿庵(静岡市葵区)ラーメン

葵区鷹匠にある老舗のおそば屋さん、「長寿庵」さんでランチしてきました。
長寿庵ラーメン1

場所は静鉄日吉町駅からもすぐで「四川京 鷹匠店」を過ぎた1本目の路地を入ったところです。





さて、店内はこんな感じでいかにも老舗のおそば屋さんといった雰囲気ですね。
長寿庵ラーメン2

入口左手が小上がりで4人×3、右手にテーブル席4人×4といったところでしょうか。

この日はお昼を大分回っていたので他のお客さんはいませんでした。





メニューはこちら。
長寿庵ラーメン3

長寿庵ラーメン4

長寿庵ラーメン5

そば、うどんの他にもご飯ものや中華系メニューがずらっと種類も豊富ですよ。

中でも気になるのが数種類の弁当メニューです。

セット物ではなく弁当のスタイルってことでしょうかね。





そんな中注文したのは「ラーメン」
長寿庵ラーメン6

おそば屋さんで「ラーメン」の文字を発見したら頼まない訳にはいきませんからね^^

具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、茹で玉子8分の1が2切れ、青ネギです。

ではスープから、うん好きなタイプのスープです。

これはなかなかですよ。

まさに中華そばといった味わいです。


長寿庵ラーメン7

続いては麺、麺はやや縮れのある細麺。

やや柔らかめな麺でツルッとした食感です。

チャーシューも柔らかくて美味しいですよ。


後半、麺が伸びてきた感じでニュルッと柔らかみが増してきましたね。

それほど時間が経ったとも思えないんですが…


他のお客さんがいなかったせいもあって、のんびりできました。

お店の方との接点もなかったので、残念ながらお店の雰囲気は掴みきれなかったですね^^

まぁ一般的な昔ながらのおそば屋さんではありますが、ラーメンはなかなか美味しかったです。

次回はそば屋のカレーを麺とご飯で一緒に味わえるという「カレーう丼」を食べて見たいです。


長寿庵
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。