麺匠の心つくし つるとんたん羽田空港店(羽田空港国際線)

羽田空港国際線ターミナル4F、江戸の町並みをイメージした「江戸小路」にある

「麺匠の心つくし つるとんたん羽田空港店」さんで出国前のランチしてきました。
つるとんたん羽田空港店1

この「つるとんたん」は、国際線ターミナル内では一番人気のお店だとのこと。


確かに、他のお店はガラガラなのにこちらだけは行列が出来ていましたよ。
つるとんたん羽田空港店2



さて店内は、入口を入った正面に対面式のカウンター席、そして左手がボックス席で右手が

テーブル席です。
つるとんたん羽田空港店3


それにしてもとってもお洒落でシックな雰囲気ながらど派手さも兼ね備えてるでしょ~。
つるとんたん羽田空港店4

とてもうどん屋さんとは思えない趣ですよ。

そのせいもあってか、客層も若い女性が多かったですよ。



さてメニューはこんな感じです。
つるとんたん羽田空港店5
つるとんたん羽田空港店6
つるとんたん羽田空港店7
つるとんたん羽田空港店8
つるとんたん羽田空港店9
つるとんたん羽田空港店10
つるとんたん羽田空港店11

こりゃ種類が豊富だね~飛び込みで入ったら絶対に迷っちゃうね。

それとちょっと創作うどんっぽいメニューが多いかな~。




さぁ今回注文したのは、シンプルイズベストでお店でも人気上位の

「大判きつねのおうどん」
つるとんたん羽田空港店12

お~どうです?この器の大きさ!

おっきいでしょ-、「つるとんたん」はこの器が大っきいってことでも話題なんですよ。



それはいいんだけど・・・おいおいちょっと待った!なぜか生ビールがついてるじゃないか?

いえいえこれは、うどんの器がいかに大きいかを分かっていただくために、大きさを比較できる

ように敢えて注文したんですよ。

決して誘惑に負けたからではありませんので^^



そして見て下さい!大きな器いっぱいに広がるお揚げを。

具は、どでかいお揚げの他に、薄いかまぼこ、刻みネギ、柚子皮の千切りです。

つるとんたん羽田空港店13




では、更に近づいてみましょうか~^^

お~なんともでかい揚げが鎮座していて下のうどんをすっぽりと覆ってるよ。
つるとんたん羽田空港店14

これは「大判」なんて柔なもんじゃなくて、「座布団」だね^^




続いては麺の方ですが、麺はそれほどコシが強いタイプではありません。

私的には程よい弾力で、ツルッとした喉越しが美味しかったです。
つるとんたん羽田空港店15

こちらでは注文の際、先ず太麺か細麺かを聞かれます。私は今回太麺をチョイスしました。

そして、麺は1玉~3玉まで0.5玉単位で無料で増量できるとのこと。

メニュー表の写真が1.5玉とのことなので、それにならって私も1.5玉でお願いしました。

一般男性なら2玉がいいんじゃないでしょうかね?



しかし、器も大きければレンゲもでかいよ^^
つるとんたん羽田空港店16

汁を一口すすれば、ほんのり柚子の香りがするお出汁がとっても上品ですよ~。


そして汁を吸ったお揚げも甘くてジューシーで美味しいよ。
つるとんたん羽田空港店17


最後に、横から見てみるとこんな感じの器です^^
つるとんたん羽田空港店18

いや~ご馳走さまでした~。

店員さんは着物姿で接客もよく、出国前の最後の日本食をゆったりと味わうことが出来ました。

最近は格安のうどん店が人気をはくしてる中、単純にうどんって考えるとこちらのうどんはちょっと

高めの価格設定って感じがしますよね。

でも考え方によっては、3玉まで無料で創作性のある美味しいうどんを、話題性十分のおっきな器で

いただけることを考えればCP高いと思いませんか?

話のネタにも、羽田空港を利用される際は一度いかがでしょうか?



それにしても「江戸小路」は空いてるな~。
つるとんたん羽田空港店19

こんなに空いてるならこれからは羽田空港を使ってもいいかも^^


麺匠の心つくし つるとんたん羽田空港店

瀬戸うどん 静岡南安倍店(静岡市駿河区)

駿河区南安倍にある「瀬戸うどん 静岡南安倍店」さん、朝7時からやってるということで

朝ラーならぬ朝うどんをいただきに行ってきました。
瀬戸うどん1

場所はインター通り沿いで、国道1号線からJR東海道線のガードを潜ったちょっと先にあります。

しかし「はなまるうどん」「丸亀製麺」と最近やたらとこの手のうどん屋さんが増えましたよね~。

でも、朝からやってくれているのはこちらの「瀬戸うどん」だけだからありがたいよ。



さて、お店に入るといきなりメニューの看板がずらっとあって「注文口」とあるではないか。
瀬戸うどん2

おいおい、一品は「朝定食」と決めていたので問題はないですが、もう一品を何にしようか

悩みましたね~。

何せ初めてだから戸惑ってしまうよね。

このシステムは、馴染みの客にはいいのかもしれませんが初めての客にはチト酷だな~。

幸い早朝で私たちのあとからお客さんが入ってこなかったからよかったけど、後ろに列ばれ

でもしたら焦っちゃうよね~。


そんな「瀬戸うどん」のメニューはこちら!
瀬戸うどん3


そして、こちらが朝定食のメニュー。
瀬戸うどん4



「注文口」でオーダーした後は隣の「提供口」にて出来上がったうどんを受け取ります。

しかし、うどんがあっという間に出てきたぞ~茹で時間はきっと何秒の世界だね^^

瀬戸うどん5

さぁ続いてはトッピングのコーナーで天麩羅などのお好みのトッピングを取って、最後に

会計をします。

会計の後は、セルフコーナーでネギと天かすをお好きなだけ掛け放題です。


さ~これで一連の作業が完了しました。

お~私にも何とか出来たぞ~拍手拍手!

そんなの誰だってできるって!




さぁ注文したのは、もちろん朝に訪問したんですから「朝定食」でしょ!

「かけ定食」
瀬戸うどん6

うどんは「かけ」か「ぶっかけ」のどちらかで、それに「生卵」か「温泉卵」、お稲荷さんが

ついてます。


うどんは想像していたよりもモチモチとしていてコシがあるって言うんでしょうか。

なかなか美味しいですよ。

汁も薄味ながら出汁が効いていて美味しいし、さらに温泉卵を絡めていただけばこれまた美味しい。




そして悩んだあげくに選んだのはこちらの「カレーうどん」です。
瀬戸うどん7

写真ではもっとカレーのルーが掛かっていていかにも美味しそうなんだけど実際はえっこれだけ

って感じで騙された気分でしたよ。

汁は入ってなくルーのみ。うどんをまぜまぜしてしっかりルーを絡めてからいだたきます。


おっなかなか美味しいじゃん!

カレーも特にどうって訳じゃないんですが、ルーのとろみ加減と麺のモチモチさがいいんだね。

気がつけばルーは全て飲み干しちゃってました。

あとで思ったんですが、天かすはいいにしても刻みネギは入れればよかったな~失敗。


最近流行のこの手のうどん屋さんもちゃんとそれぞえこだわりを持ってるんだね。
瀬戸うどん8

チェーン店の安いうどんとあなどるなかれ!

なかなか美味しかったです。

私はどちらかというとうどんより蕎麦派なんですが、これだけ手軽に味わえるうどんの存在も

貴重ですよね。

今日はいい経験も出来たし、認識も改めさせられました。


瀬戸うどん 静岡南安倍店

富士吉田うどん 開花(かいか)(山梨県富士吉田市)

せっかく河口湖まで来たんだから富士吉田名物「吉田のうどん」を食べない訳にはいかないと、

139号線沿いにある富士吉田うどんのお店「開花(かいか)」さんへ。
富士吉田うどん開花1

駐車場はお店の表側と裏側の空き地にそれぞれあります。

最初はお店の表側に入ったんだけどちょっと狭すぎるし、ここに駐めてもいいのかな~?って

雰囲気もあって、わざわざ裏に駐め直しちゃいましたよ。

街道沿いに駐車場の看板が立ててあるんだけど字が消えかかっていて読み取れないんだよなー。



さて店内はこんな感じで、まずまずお店の様相を呈してますね。よかった^^
富士吉田うどん開花2

実は、富士吉田のうどん屋さんっていうのは民家をちょっと改装した程度のお店が殆どだと

いうんです。

中には、看板も暖簾も出てなくて普通の民家の玄関を入って、まるでお呼ばれでもしている

ような感じで普通に居間で食事するお店もあるようなんです。



さてテーブルに付くとカウンター越しに“お茶にしますか?お水にしますか?”と聞いてくれます。

お茶をお願いして、こちらでは何がオススメか伺うと迷わず「肉きんぴらうどん」ですと即答。

カウンターにある「富士吉田うどんを取り上げた雑誌」を指さして、これこれって感じで。

その他はと聞くと「納豆うどん」もよく出るとのことでした。

しかしせっかくなので、もう一品は「肉きんぴらうどん」とは違ったつけタイプにしてみました。


ちなみにメニュー表はこんな感じで壁に貼ってあります。
富士吉田うどん開花3

お店はおばあさん2人で切り盛りされている様子で、お客さんも地元の常連さんが多いですね。



さぁやってきたのは「開花」さん一押しの

「肉きんぴらうどん(普通)」
富士吉田うどん開花4

具は、馬肉、きんぴら、キャベツ、ネギです。

いっしょにカブのピリ辛漬けもついてきました。


吉田のうどんで肉といえば、それは馬を指すんだそうですよ!
富士吉田うどん開花5

そして、富士吉田うどんの汁には醤油ベース、味噌ベース、醤油味噌ブレンドと3つのタイプが

あるそうなんですが、「開花」さんは味噌ベースですね。


麺は平打ち麺でなかなかの太麺ですね。
富士吉田うどん開花6

吉田うどんは初体験なんですが、この麺の硬さは噛み応えがあるね。

喉越しではなく噛み応えを重視するという、これが吉田うどんの特長なんですね。

そしてこのきんぴらっていうかゴボウもピリ辛で柔らかくて美味しいよ。




さてもう一品は「肉入りつけうどん(普通)」
富士吉田うどん開花7


何なんだこの麺は?不揃いで部分的に縮れて捻れてるよ。
富士吉田うどん開花8

もちろん「肉きんぴらうどん」と同じ麺なんだろうけど、こうやってみるとなんだかグロテスク

って感じしません?^^

麺の上にはこちらも富士吉田うどんでは定番の茹でたキャベツが盛られてます。


そして、つけ汁の味噌味も出汁が効いていて落ち着く味です^^
富士吉田うどん開花9

具は、肉入りといってもほんのわずかな量で、えっこれだけ?って感じでした。

そして麺1本1本がとにかく長い!

つけ汁に漬けるのに一苦労だよ。



最後に、これは「すりだね」です。
富士吉田うどん開花10

この辺りでは辛さのある薬味のことを「すりだね」っていうんだって。

途中からこの「すりだね」を少々入れるとピリッとした辛さとコクと旨みが加わって、また違った

美味しさが味わえました。



今回、富士吉田のうどんは初体験だったんですが、実は当初は別のお店に行く予定だったんです。

しかし、そのお店に着くとあいにくの臨時休業とのこと。

仕方なく次のお店を調べて伺うもこちらは定休日。

次に目を付けたのがこちらの「開花」さんでした。

評判は良さそうだったんですが、他店と比べると値段がチト高いことから敬遠してたんですが

仕方なくって訳ではありませんが、じゃー行ってみるかって感じでの訪問でした。

でも、結果的にはこんなに美味しい吉田うどんをいただくことが出来てラッキーでした。

お腹もいっぱいになったところで次の紅葉スポットを目指します^^


開花 (かいか)

そば茶や 楽亭(静岡市駿河区)

知る人ぞ知る駿河区見瀬にあるそうめんが人気のお蕎麦屋さん「そば茶や 楽亭」さんへ。
楽亭1

場所は静岡大橋の通り沿いにある「TOKAIモバイルショップ(ソフトバンクの看板)」がある角を北上して
すぐのところです。
ちなみに駐車場はお店の前じゃなくて、その「TOKAIモバイルショップ」隣の空き地っぽいところです。


店内はお座敷スタイルで7人×1、4人×3、2人×3です。
楽亭2

とっても清潔感があって好印象です。


こぢんまりとしていますが、店内には緑を取り入れた粋な空間も
楽亭3

お店の外にも植木やらプランターやらがあったけど、ちゃんと手入れが行き届いてるよ。


大人数の方はこちらの引き戸からどうぞ
楽亭4

見て下さい。どうです~心が和みますね。
楽亭5

さてメニューはこちら。
楽亭6
楽亭7
楽亭8
楽亭9
楽亭10

噂の「田舎シリーズ」が堂々と名を連ねてますね~。


こちらは夏期限定メニュー
楽亭11



さて、限定ものに弱い私が本日注文したのは、

もちろん「カレーつけめん(辛口)」
楽亭12

麺には白ゴマと黒ゴマがまぶしてある。
楽亭13

そうめんというもののどちらかというと冷や麦に近い太さかな~?
楽亭14


そしてカレーつけ汁の上には粉チーズがたっぷりと
楽亭15

カレーは所謂お蕎麦屋さんのカレーをベースとしていますが、しっかりとピリ辛さもあってこりゃ美味しい。

具は、豚バラ、玉葱、人参、エノキ、モヤシなど
楽亭16

麺をいただくと家で食べるそうめんとは違ってシコシコ感ではなくてモッチリとした弾力感があります。

これはバカ旨です!

このトロットロのカレーつけ汁には確かにこのくらい細めの麺の方が絡み具合が合うのかもしれない。



そしてもう一品は、「楽亭」さんの一番人気である

「田舎そうめん」
楽亭17

こちらのそうめんには海苔がまぶしてあります。
楽亭18

つけ汁は担々麵っぽくピリ辛でスパイスの風味も効いたエスニック風な味でラーメンにも合いそうです。
楽亭19

具は鶏肉、茄子、もやし、干しエビ、キクラゲ、ゴマなど麺を浸せないくらい入ってるよ。
楽亭20

ところで「田舎そうめん」の「田舎」ってどういう意味からネーミングされたんだろ?
田舎味噌の田舎?


さてこちらの「そば茶や 楽亭」さんですが、そうめんがホント美味しかったです。
お客さんでおそばを頼んでる人ってあんまりいないんじゃないかな~?

そうめん以外で注文の際よく聞くのが「田舎らくめん」ってメニューです。
おばあちゃんに「らくめん」って何ですか?ってお聞きしたらラーメンだとのことでした。
まさにつけ麺ですね。
次回はらくめんを食してみよう!

あと気になるメニューとしては、「田舎好み」、「田舎のメンマ」、「田舎の唐揚げ」とかかな~。
これもそうめん系なのか?
どんなものかちょっと想像できないよね。

「楽亭」さんは、おじいさんとおばあさんの二人で切り盛りされているので、ペースがとってもゆったりと
してるんですよ。
中庭を楽しみながら、是非のんびりとした気分で美味しいそうめんを味わって下さい。


そば茶や 楽亭
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。