ル・コントワール・ド・ビオス(Le Comptoir de Bio-s)(静岡市葵区)

毎日届くもぎたての有機野菜を味わえるお店、葵区紺屋町にある

「ル・コントワール・ド・ビオス(Le Comptoir de Bio-s)」さんのディナーへ行ってきました。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス1

場所は浮月楼の北側向かいです。

目立った看板はないですが、こちらのガラス張りのお店がそうです。

さて、こちらの「ル・コントワール・ド・ビオス(Le Comptoir de Bio-s)」さんは富士宮にある農園

ビオファームまつき」直営のレストランだから、もぎたて有機野菜の素材を活かしたお料理が味わえるんだよ。



店内は、入口を入って左手ガラス際のテーブル席
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス2


そしてガラス際から見るとこんな感じ
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス3


私たちは入口を入ってすぐのオープンキッチンのカウンター席に通されました。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス4



席に着くと先ずはメニューの説明をしてくれました。

本日のメニューはこちらの黒板に書いてあります。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス5

ただ、私たちの座った席からだとちょっと遠目で見にくかったです。



そしてこっちは通常のメニュー表
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス6

ディナーはコース料理とかはなく、アラカルトで気軽に楽しめるんだよ。



先ずは「生ビール」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス7



「レッドムーンのフレンチフライ」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス8

こりゃ旨い!

普通のジャガイモより味が濃くてしかも甘いんだけど、塩をまぶしてあるからビールやワインの

おつまみに最高だよ!

「ビオファームまつき」さんといえばこのレッドムーン(赤皮ジャガイモ)が有名だから是非!



「トリッパのピリ辛にたきこま煮込み」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス9


トリッパ、要は牛の第2胃袋ハチノスのことなんだけど、ホントトマトソースに合うんだよね~。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス10



「カラフルトマトときゅうりのサラダ」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス11

トマトってこんなに大きさも色合いも違った種類があるんだね。



CHABLIS(シャブリ)
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス12

今宵はちょっと贅沢に^^



ようやく店内も賑わってきたぞ~。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス13



「ポットベラ(特大マッシュルーム)の炭火焼き」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス14

見てよこれ!大きさが伝わるかな~?

しかもメチャ肉厚で食感がたまらないよ。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス15

笠も美味しいけど、軸の方も歯ごたえがあって美味しかったよ。



「富士の鶏モモ肉」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス16


絶妙な火入れで柔らかくて旨いよ~。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス17

敷いてある有機野菜もほどよい苦みが最高だよ。



みなさん盛り上がってますね~。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス18



「根菜のラタトゥイユと青木さんの卵のオーブン焼き」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス19


半熟卵を絡ませていただく新鮮なお野菜は美味しいよ。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス20



お料理があまりにも美味しかったので、あっという間にボトルを空けてしまった^^

「ハートランド」
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス21

オシャレなグラスで飲むビールはたまらんね!



いや~今夜は美味しい有機野菜と美味しいワインを十分愉しんじゃいました。
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス22



しかも帰りには、もぎたてお野菜をお土産にもらっちゃいました。うれし~い!
静岡グルメ ル・コントワール・ド・ビオス23


さて「ル・コントワール・ド・ビオス(Le Comptoir de Bio-s)」さんですがとってもオシャレで

しかも堅苦しさはまったくなく、逆に賑やかすぎるくらいでした。

きっとお客さんの大半が女性、しかもマダムだったってこともあるのかな^^

そうは言っても、とっても居心地がよかったですよ。

お料理も季節の旬のお野菜を使ってるから、何を食べても美味しいしね。

そして、四季ごとに訪れれば毎回違ったその季節のお野菜が楽しめるね。


ル・コントワール・ド・ビオス(Le Comptoir de Bio-s)

Diego(ディエゴ)(静岡市葵区)

ちょっとオシャレに鷹匠にあるスペインバル風居酒屋「Diego(ディエゴ)」さんへ。
Diego(ディエゴ)1

場所は、静鉄電車の線路沿いにある杏林堂(旧しずてつストア)のはす向かいです。


入口を入った雰囲気はこんな感じだよ。
Diego(ディエゴ)2

なかなかいい感じでしょ!


で、こちらは入口脇の特等席!
Diego(ディエゴ)3

この席は外から丸見えなんだけどそんなことは全然気にならないよ。

恋人同士でもグループでも盛り上がれる、まさにベストポジションだよ!


さ~ではメニューを見てみましょう。
Diego(ディエゴ)4

ワインに合いそうなメニューがいっぱいだよ。


こっちはドリンクメニュー
Diego(ディエゴ)5


まだまだあるよ~。
Diego(ディエゴ)6
Diego(ディエゴ)7


黒板にはおすすめメニューが。
Diego(ディエゴ)8


何はともかく乾杯だ~♪

先ずは「ハートランド」
Diego(ディエゴ)9

ハートランドはまろやかで実に飲みやすいよね~。



「ブロッコリーのアンチョビマリネ」
Diego(ディエゴ)10

アンチョビを絡めたベーコンにブロッコリーがあうね~。



「シーザーサラダ」
Diego(ディエゴ)11

野菜は摂れるし、おつまみには最高だし、これはまさに定番だよね。



「ムール貝とアサリの漁師風」
Diego(ディエゴ)12

この汁の塩加減と微かなニンニク風味が美味しい~。

ムール貝も牡蠣みたいにぷりぷりだよ。



じゃあそろそろワインにしようかな~。

「VINO BIANCO PASSIONE(パッシオーネ・ビアンコ)」(イタリア)
Diego(ディエゴ)13



「ガーリックチキン」
Diego(ディエゴ)14

ガーリックの香ばしい匂いが食欲をそそるよ。

そして嬉しいのが山盛りポテト付ってこと、これがまたツマミになるんだ。



生ハムも食べたかったけどもうお腹いっぱいだ~。
Diego(ディエゴ)15



実にいい感じに賑わってて、ホント雰囲気のいいお店だよ。
Diego(ディエゴ)16


さてこちらの「Diego(ディエゴ)」さんですが、静岡の代官山と言われている鷹匠にぴったりのお洒落な

お店で、一発で気に入っちゃったよ。

客層もこういうお店では珍しく、若者から中高年までといろんな世代のお客さんがいて、感じのいい賑わいで

居心地がよかったよ。

ボトルワインも2,500円~あるし、グラスワインも500円でグラスになみなみと注いでくれるんだって。

料理7品+デザートで2,000円の宴会コースも気になったな~。

もちろん飲み放題を付けることもできるしね。

次回は宴会コースで盛り上がろうっ!


Diego(ディエゴ)

Quatre Plaisir(キャトルプレジール)(静岡市葵区)

お店の前を通るといつも賑わっているので前々から気になっていた、相生町にあるダイニング・レストラン
「Quatre Plaisir(キャトルプレジール)」さんへ。

キャトルプレジール1

場所は、つつじ通り沿いで、静鉄日吉町駅からほんのすぐのところにあるエスパルスショップの隣です。


店内は、カウンター4席とテーブル席が4人×2、2人×1とこぢんまりとしています。
キャトルプレジール2

あと2階もあるようで、この日も団体さんが階段を上がっていきました。


カウンター上にある黒板には手書きでおすすめのメニューが。
キャトルプレジール3
キャトルプレジール4

そしてメニュー
キャトルプレジール5
キャトルプレジール6
キャトルプレジール7
キャトルプレジール8

こちらはドリンクメニュー
キャトルプレジール9
キャトルプレジール10
キャトルプレジール11
キャトルプレジール12


それでは早速かんぱ~い!

「ハイネケン生ビール」(中)と(小)
キャトルプレジール13

プハ~ッ旨い!


「パルマ産生ハムのサラダ(ミニ)」
キャトルプレジール14

この程よい塩加減がいいんだよね~。


「スパイシーポテト」
キャトルプレジール15

コンソメ味ベースにちょっぴりの辛さがいいね~。
結構なボリュームだったけどワインのおつまみで完食しちゃった。


赤ワイン「モンテプルチアーノ パリオ」(イタリア)
キャトルプレジール16

数あるモンテプルチアーノの中でも、たくましくしなやかで飲み応えのあるパリオ


「キャベツのグリル」
キャトルプレジール17

アンチョビとガーリックの相性がバツグン!

キャトルプレジール18

反対側から見ると分かりますが、キャベツ1/4個分ですね。


「若鶏のから揚げアリオリソース」
キャトルプレジール19

にんにくマヨネーズでサクサクのから揚げが美味しい!


追加で、「白ワイン(カリフォルニア)」をグラスで
キャトルプレジール20

すっきりと飲みやすく軽い飲み口


〆は、「ゴルゴンゾーラ(ショートパスタ)」
キャトルプレジール21

ブルーチーズ独特の旨みと香りを引き立てた、かなりクリーミィな濃厚ソースが最高です。

キャトルプレジール22

ゴルゴンゾーラっていうとよくペンネを使ってるんだけど・・・このパスタは何ていうパスタだろ?
このパスタもソースとの絡み加減がいいね~。


さてこちらの「Quatre Plaisir(キャトルプレジール)」さんですが、ご夫婦お二人で営まれており、お店は
こぢんまりとしていて可愛らしく、アットホームでとても落ち着ける雰囲気のお店です。

この日も満席でしたが、みなさん常連さんっぽかったです。
私も居心地がよかったのでついつい飲み過ぎてしまいました。いつものことですが(>_<)

お料理もワインのおつまみとして気軽に摘んで楽しめるようなメニューが豊富だし、こりゃいい店だね。
こういうお店は是非行きつけのお店にしたいですね~。


Quatre Plaisir(キャトルプレジール)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。