在来蕎麦 たがた(静岡市葵区)蕎麦前~大野在来

  • Day:2014.02.17 21:02
  • Cat:蕎麦
たまらなく美味しいお蕎麦を食べたくなって訪れたのは「在来蕎麦 たがた」さんです。
在来蕎麦たがた1

思えば前回訪れてから既に4ヶ月が過ぎていました。

そんな「たがた」さんですが、なんと店主が男性から女性に代わっていました。

前任のご主人は更なる修行と在来蕎麦普及のため新天地にて奔走されているのだとか。

在来蕎麦たがた2

さて、この日はカウンターの一番奥の席を陣取ります。

先ずは日本酒をぬる燗で

在来蕎麦たがた3

お通し(300円)も美味しく、あっという間にお銚子おかわりです。





続いては、絶対に外せない一品「蕎麦刺し」
在来蕎麦たがた4



粗塩と山葵でそれぞれ味わいます。
在来蕎麦たがた5





そして、女性店主がオススメする珍味「山ウニ豆腐」
在来蕎麦たがた6

初めていただきますが、なんでも豆腐を味噌に漬けこんだものなんだとか。

なるほど、なんともクセになる味わいで、これは酒が進む一品です。

気がつけば、あっという間にお銚子4本を空けていました。





ということで、今宵はここらで〆のお蕎麦といきましょう。

なんでも温かいお蕎麦も始められたようです。
在来蕎麦たがた7

やはり寒い季節には温かいお蕎麦が恋しくなりますからね。





そんな中お願いしたのは「もりそば」です。
在来蕎麦たがた8

お値段も前回より80円値上がってました^^

無理もありませんね、もともとが安すぎたんですから。

それでも、貴重な在来蕎麦を680円で食べられるんですからありがたいです。



その在来蕎麦ですが、この日は福井県の「大野在来」とのこと。
在来蕎麦たがた9

早速2、3本を箸で摘んで啜り込めば、粗挽きでなんとも野性味溢れる歯触りがいいですね。

そして、やはりソバの香りが半端ないです。

もはやソバというよりは、穀物というか木の実の香りが鼻腔を抜けます。

さらに、喉をえぐるような喉越しがたまりませんね。

いい蕎麦です。

在来蕎麦たがた10

そして、この日のつけ汁はやや甘味のあるタイプでした。

そこでいろいろとお話を伺うと、つけ汁、特に“かえし”についてはまさに一子相伝とでも

いいましょうか。

師匠である本店の田形さんでさえも教えてはくれないとのこと。

確かに美味しい蕎麦とは、蕎麦のみだけではなく旨いつけ汁との相性ですからね。

なかなか厳しい世界です。

在来蕎麦たがた11

さて、新たな女性蕎麦職人ですが、本店の田形さんに師事してまだ1ヶ月とのことで

当然のことながらお店では蕎麦を打たせてもらえません。

次回伺うときには立派な蕎麦職人となられていることでしょうね。

どんな蕎麦を食べさせてくれるのか今から楽しみです。


在来蕎麦たがた

Comment

はじめまして。
いきなりのコメントで失礼します。
本日、こちらのお店に伺ったら、手打ちそばみのり(美慶)というお店になっていました。たぶん、同じ場所だと思うのですが、何かご存知でしょうか。
さとしさんへ
コメントありがとうございます。
そして、こちらこそはじめまして。

えっ本当ですか?
残念ながら全く知りませんでした。
「たがた」という名前が本店と紛らわしいので屋号を変えたのでしょうかね?
一人でも気軽に蕎麦前と在来蕎麦を楽しめるお店として貴重な存在だったのですがね。
  • 2014/05/09 20:34
  • chibideka
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。