手打ち蕎麦と天ぷら だいだい(菊川市 そば)蕎麦前

  • Day:2014.01.13 16:56
  • Cat:蕎麦
今宵は菊川市柳にある、手打ち蕎麦と天ぷらのお店「だいだい」さんでディナーです。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市1

こちらのお店は、島田市の名店「蕎ノ字(そのじ)」さんで修行されたご主人が開いたお店。

その師匠にあたる「蕎ノ字」さんと同様、「だいだい」さんも天ぷらと蕎麦を楽しめるお店を

コンセプトとしています。

そんなお店にはお昼もいいですが、やはり夜の部に伺いたいものですよね。

場所は、JR菊川駅から歩いて5分くらいのところです。




さて、店内は入口を入ると左手にカウンター席がゆったりと4席、
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市2



そして、入口右手には小上がりで掘り炬燵式の座敷席
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市3



そして店内中央には、カウンター席と座敷席を仕切るが如く、陶器の人形や吊し飾りなどが

飾られていてとってもお洒落感もあり、洗練された和の空間という雰囲気です。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市4




そんなお洒落な雰囲気に包まれながら、

先ずは「生ビール」でスタートです。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市5



ビールで喉を潤したところに出されたのは、お通しの「そば豆腐」です。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市6

これがなんともモチッとした食感でよいアテです。





では早速メニューを拝見します。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市7

手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市8

手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市9

なるほど、確かに天ぷら種が豊富ですね。

そして、お品書きに和紙を使った演出もなかなかにくいです。




「合鴨焼」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市10

ほどよい噛み応えと味付けが旨いですね。




ここで早くも日本酒「開運」にスウィッチです。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市11

燗酒で呑むのはもったいないような銘柄ですが、なんでもこちらのお母さんが日本酒好きで、

美味しいと思ったお酒を3種類取り揃えているんだそうです。




「だし巻」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市12

ほどよく出汁が効いて、ふっくらとした食感がたまりません。




天ぷら「浜名湖かき」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市13

最近、牡蠣の天ぷらによく出くわします。

無謀にも一口で頬張れば、熱々の牡蠣のエキスが口の中いっぱいに溢れ出してハフハフものでした。

しかしこれがまた最高なんです。




天ぷら「浜名湖青のり磯辺揚げ」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市14

青のりをさらに板海苔で巻いた面白いひと品です。




「自家製つくね」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市15

タレと塩を1本づつ。

どちらもフワッと柔らかく、まるで焼き鳥屋さんで出されるような味わいです。





日本酒「開運」に続いて「剣菱」もいただいた後

そば焼酎「吉兆雲海」の蕎麦湯割り
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市16

なんとも身体が暖まる一杯です。




天ぷら「ぎんなん」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市17

こちらも珍しいひと品ではないでしょうか。





さて、たらふく呑んだあとは〆のお蕎麦といきましょう。

いただいたのは、もちろん「ざるそば」
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市18



お蕎麦はやや細打ちで、顔を近づければソバのいい香りが鼻腔をくすぐります。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市19



では、早速いただきます。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市20

キリッと角が立った蕎麦は、舌に、喉に心地よい刺激を与えてくれて喉越し抜群です。

それでいて、瑞々しくコシもしっかりと感じられ、

さらに、噛めば蕎麦の甘みがフワッと口に広がる。

うん、これはなかなかの蕎麦ですね。

つけ汁も私好みでキリッとした辛口で、この蕎麦によく合っています。

これは箸が進みます。

気付けばあっという間に平らげていました。




そして、〆の蕎麦湯も私好みのトロットロ系で大満足でした。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市21

この蕎麦湯だからこそ、蕎麦焼酎の蕎麦湯割が美味しいんでしょうね。




最後にお店のご案内です。
手打ち蕎麦と天ぷら だいだい菊川市22

お店はモダンでお洒落感が漂っていますが、それでいて堅苦しさが全くなく、とっても

落ちつけるんです。

それも、きっとこちらのお母さんのお蔭なんでしょうね。

お店はご主人とそのお母さん、そしてご主人の奥さん?の三名で切り盛りされていますが、

このおかあさんのさっぱりとして気さくで飾らない接客が心和むんです。

そんなおかあさんとお話をした中、なんでも以前はお蕎麦と焼き鳥をコンセプトとした

お店だったらしいのですが、焼き鳥は焼く手間がかなりかかるそうで、それでちょっと

やりきれなくなったため、師匠である「蕎ノ字」さんにならってお蕎麦と天ぷらを

コンセプトとしたお店に生まれ変わったんだそうです。

どおりで「自家製つくね」が美味しかった訳ですね。

今日はどうもご馳走さまでした。

駅からも近いので、また機会があったら伺いたいと思います。


手打ち蕎麦と天ぷら だいだい

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。