名古屋駅きしめん住よし(愛知県)

新幹線での出張の際ここに立ち寄るのが楽しみでよく利用するのが、JR名古屋駅新幹線ホームにある

「名古屋駅きしめん住よし」さんです。
名古屋駅きしめん住よし1

見てお分かりの通り、立ち食いきしめんのお店です。

この「住よし」さんは、名古屋駅構内に何店舗かあるんですが、人によっては各店舗によって若干味が

違うと主張して贔屓にしている店舗があるようです。

今回私が入ったのは、上りの新幹線ホームにある店舗です。


名古屋駅の新幹線ホームは、上り線の14、15番線ホームと下り線の16、17番線ホームの二つがあります。

そして、立ち食いきしめんのお店は、そのホーム毎に2店舗あるんです。

しかし注意してもらいたいのが、今回ご紹介する「住よし」さんは新幹線ホームの4号車付近(大阪側)の

店舗ですからね。

同じホームの14号車付近(東京側)にあるもう1店舗はまったく別のお店です。

以前、そんなことも知らずにてっきり同じお店だと思い込みながら14号車付近(東京側)のお店に入って

きしめんをいただいたんですが、いつもとちょっと違うんですよ。

で、食べ終わってから外に出てお店の看板を見てやっと理由が分かった次第です。

私的にはやはりこちらの「住よし」さんがオススメなんですよね。



ということで、先ずは券売機で食券を購入です。
名古屋駅きしめん住よし2

メニューの種類が結構多いので初めての方だとちょっと戸惑ってしまうかもしれませんね。

定番の「かき揚げきしめん」あたりも捨てがたいのですが、

この日は一番シンプルで基本である「きしめん」にしてみました。



限定メニューはこんな感じです。
名古屋駅きしめん住よし3

名古屋駅きしめん住よし4




店内はこんな感じで、10人ほどが入れるくらいの一般的な立ち食いそば屋的L字カウンターです。
名古屋駅きしめん住よし5


購入した食券をカウンター内のおばちゃんに渡して、セルフのお冷やを準備していれば、あっという間に

「きしめん」の登場です。

名古屋駅きしめん住よし6

さすがスピード勝負の立ち食いだね。



具はお揚げ、青ネギ、鰹節。
名古屋駅きしめん住よし7

一番シンプルな「きしめん」なのに、嬉しいことにお揚げまで付いてるんですよ。

ちなみに「たぬきつけめん」には大きいお揚げ1枚とかまぼこがのっているんです。

ですから「きしめん」でも十分「たぬき」を味わえるって訳です。



先ずはおつゆを一口。

やや甘めのしっかりと魚介ダシが効いた絶妙なお味です。

名古屋駅きしめん住よし8

麺はツルツルッとしていながらモチモチさも兼ね備えていてこれまた旨いですね。

そしてもちろん幅広のきしめんだから食べ応えも十分です。

お揚げもおつゆが染み込んで甘くて美味しいです。

そして何と言っても鰹節の魚介風味が口の中に広がって、さらに旨さを引き立たせてくれてます。

さらにはカウンター上にある一味唐辛子を振りかければ、甘味のあるおつゆに辛味が加わって

これまた格別の一杯に様変わり。


店内は茹で湯で若干蒸し加減なので、この時季でも食べ終わる頃にはドッと汗が噴き出てきます。

いや~今日もご馳走さまでした。


名古屋駅きしめん住よし

Comment

住よし!
この「住よし」のきしめん、美味しいですよね!
私も機会があれば必ず食べてます。私は新幹線下りホームの真ん中あたりのお店で食べます。
それから、名古屋駅では東海道本線下りホームの一番東京寄りにもきしめん屋がありますが、私はここのお店もお気に入りです。いろんな種類のきしめんがあって楽しめますが、普通のきしめんでも「なぜこんなに美味しいんだろう」と思うぐらい美味しいですよね。名古屋名産は、ういろう、ひつまぶし、手羽先、味噌カツなど美味しいものが多いと思いますね。
  • 2013/11/23 00:23
  • エスカルゴ
  • URL
エスカルゴさんへ
エスカルゴさんもよく食べられるんですね。
ホント「住よし」さんのきしめんは美味しいですよね。
ほ~やはり贔屓にしている店舗があるんですね~流石です!
私にはきっと分からないと思いますが、やはり店舗によって味の違いがあるんですね。
私もたまに贅沢をして「かき揚げ」や「玉子入り」などを食べますが、基本の「きしめん」でも
十分満足できますもんね^^
まさに名古屋で一番庶民的な名物ですよね。
  • 2013/11/23 14:29
  • chibideka
  • URL
在来線3・4番ホーム店がおすすめ
はじめまして。

名古屋に支店があるので、出張時は必ず寄ります。
「住よし」のかき揚げは、揚げたてが売りなのですが、新幹線のホーム店では調理場の関係で、在来線の3・4番線(武豊線)ホーム店で揚げた物を運んできているという話です。
真偽のほどは知りませんが、確かに3・4番線のホームは乗降客が少ないためか、注文を受けてから揚げていますので、私はいつもここ。

静岡駅の「富士見そば」(なぜ「東海軒」にしないのでしょう?)は、ラーメンが「和風」から自称「本格派」になってから行かなくなってしまいましたが、最近の新メニュー「あられ海老天そば」は良いですね。でも500円ではリピートに二の足を踏みます。
  • 2013/11/24 07:19
  • skydog
  • URL
skydogさんへ
skydogさん、はじめまして。

「住よし」さんの内情にまで精通した、なかなか嬉しい情報をありがとうございます!
注文を受けてから揚げてくれるとはすごいですね。
“立ち食い”の域を越えてますよね^^
私も次回可能であれば在来線3・4番ホームの店舗で揚げたての「かき揚げ」を食してみますね。

静岡駅の「富士見そば」は利用したことがありません。
こんな身近な場所にもグルメスポットがあったんですね。
「交通の拠点グルメシリーズ」として、今度行ってみたいと思います。
こちらも貴重な情報をありがとうございました。
  • 2013/11/24 16:20
  • chibideka
  • URL
えきそば
和風の汁に中華めんというのは、姫路駅の「えきそば」が元祖なので、何かクレームがあったのかもしれませんね。

ちなみに当社の名古屋支店の女の子に聞くと「私達、きしめんなんて食べませんよ」なんて言われてがっかりです。確かに名古屋市内のきしめん屋さんって少ないと思います。
そんな中で気を吐いていたのが、金山の「岩庄」さんですが、店主の体調不良で現在営業していないのが残念です。

「富士見そば」は正直、県内の駅そばでは一番気合が入っていないと思います。「東海軒」の暖簾を出せば違うと思うんですがねぇ。やっぱり「やめまいか」の気風なのかなぁ。
三島駅の桃中軒の「桜海老かき揚げそば」が480円ですから、「富士見そば」の500円は高いです。(とはいえ、桃中軒も最初は「シラス天ぷらそば」だったのに、シラスの量が半分以下の「シラスかき揚げそば」になったのは許せないけど・・・・・)

でも、蕎麦に関しては東京ですね(私のオフィスは東京駅徒歩5分です)。さもない立ち食いそば店でも、静岡の立派な蕎麦屋より美味しいところが一杯ありますよ。
  • 2013/11/24 22:53
  • skydog
  • URL
skydogさんへ
えっ、名古屋の人はきしめんを食べないんですか。
あんな美味しいものを、何だかもったいないですよね。
まぁ静岡県民が富士山に登ったことがない、という心理と通じるところがあるのかもしれませんが(笑)

仰る通り、どうして「東海軒」として営業しないんでしょうね。
ネームバリューをうまく使えばいいと思うんですが。
しかし、そうはいってもやはり歴史も古く、昔から愛されているんでしょうね。
私も最近では食べてないですが、「東海軒」のサンドイッチや鯛めしとか、好きでしたね~。

確かに「桜えび」というだけで、少しお高めの料金設定ってのが当たり前という風潮がありますからね。
やはり競争原理が働かないとダメなんでしょうね。
やっぱり蕎麦は東京ですか。
さすが東京ですね。
私も東京でそば屋巡りをしてみたいものです。
  • 2013/11/25 21:40
  • chibideka
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。