カフェ・ラ・トラヴィアータ(静岡市駿河区)

駿河区南町にある「カフェ・ラ・トラヴィアータ」でディナーしてきたよ。
カフェ・ラ・トラヴィアータ1

ランチでは何度かお邪魔してましたが、ディナーは今回が初めてです。

どうですか?ディナーの雰囲気もなかなかいいでしょ。

お店の外にはテラス席があって、大きな窓からは温もりに包まれた店内の様子が伺えます。

場所は「清見そば本店」さんからほんの少し西に向かったところです。




さて、重厚な木の扉を開けてお店に入ると、店内はこんな感じでとってもお洒落です。
カフェ・ラ・トラヴィアータ2

コンクリートの白い壁に木の床、そしてアンティーク調な木製の机と椅子がとってもステキです。


そしてこちらはカウンター4席です。
カフェ・ラ・トラヴィアータ3

この日、私たちはカウンター席へ。




さて、メニューはこんな感じ。
カフェ・ラ・トラヴィアータ4
カフェ・ラ・トラヴィアータ5
カフェ・ラ・トラヴィアータ6
カフェ・ラ・トラヴィアータ7
カフェ・ラ・トラヴィアータ8
カフェ・ラ・トラヴィアータ9


そしてこちらはドリンクメニュー。
カフェ・ラ・トラヴィアータ10
カフェ・ラ・トラヴィアータ11
カフェ・ラ・トラヴィアータ12




先ずは生ビール「ハートランド」で乾杯。
カフェ・ラ・トラヴィアータ13



「プロシュート」
カフェ・ラ・トラヴィアータ14

豚のモモ肉を自然熟成させた生ハムで、もっちりとした歯ごたえと、豊かな風味が特徴です。

唐辛子オイルを軽く垂らしていただくと、これまた最高。




「グリーンサラダ ヴィネガードレッシング」
カフェ・ラ・トラヴィアータ15

サニーレタスを初め、トマト、ブロッコリー、インゲン、オクラ、枝豆などなど、色とりどりの野菜が

ボリューミーで、ヴィネガーとパルメザンチーズだけのシンプルな味付けながら最高。




「チキンのガーリックオイル焼き」
カフェ・ラ・トラヴィアータ16

これはメチャクチャ旨いです!

たっぷりのガーリックとオリーブオイルでチキンとポテトをオーブン焼きにした絶品です。

チキンもポテトもホロホロに柔らかく、まさにおススメの一品ですよ。




赤ワイン「ポッジョトンド ロッソ トスカーナ」
カフェ・ラ・トラヴィアータ17




「ゴルゴンゾーラ 蜂蜜を添えて<ハーフ>」
カフェ・ラ・トラヴィアータ18

お店一番の人気で、そしてお店自慢の一品です。

しかもハーフでも対応してくれるというのが嬉しいです。


ふんだんに使用したゴルゴンゾーラにお好みでたっぷりと蜂蜜を振り掛けていただきます。

生地が厚めでフワフワしていて、そこに蜂蜜が染み込んで最高に美味しいですよ。


このゴルゴンゾーラのピザはランチの前菜に一切れついてるんですが、実は以前食べたときには

それほど美味しいとは思わなかったんです。

しかし今宵、そのイメージが覆りました。

なぜか?

それは単純なこと、そうです焼きたてをいただいたからなんです。

焼きたての温かくて柔らかい生地が、振りかけられた甘~い蜂蜜を吸収することで絶妙なハーモニーが

生まれるんですね。

ワインにとっても合うし、これは一度は食べる価値大ありです!




「ペンネ・アラビアータ」
カフェ・ラ・トラヴィアータ19

とても美味しかったとはいえ、やはり蜂蜜で甘ったるくなったお口は辛いものを欲っします。

そんなときはピリッと辛めなアラビアータがよく合います。




いや~大満足のひとときでした。

こちらはカウンター席の前にあるアイスクラッシャーです。
カフェ・ラ・トラヴィアータ20

女性のお客さんが多いせいかソフトドリンク系を注文される方が多いようで、その都度ハンドルを回して

ガリガリと氷を砕く音がちょっとうるさいかな^^


お店は相変わらずの人気ぶりだから、もちろん早めの電話予約が必須だよ。

この日も当日予約を入れたら既にカウンター席しか空きがなかった状況でした。


そういえば、お店はここ最近夜のみの営業になっていたんですが、お聞きすると1年半ほどランチを休んで

ましたが、この2ヶ月ほど前から再開したとのこと。

これは嬉しい情報です。

但し、従来通り平日はやってませんのでご注意を。


カフェ・ラ・トラヴィアータ

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。