そば酒房 馬淵 そば半(静岡市駿河区)

  • Day:2013.07.17 22:10
  • Cat:蕎麦
駿河区馬渕に7月3日オープンした「そば酒房 馬淵 そば半」さんに早速行ってきたよ。
そば半馬渕店1

場所は、中田小学校のある通りから1本西側の信号のある通り沿いです。

今回改めて思ったんですが「そば半」さんって「そば酒房」っていう肩書き?が付いてるんですね。

知らなかったよ^^




さて、お店に入ると私たちは店内左手の子上がりに案内されました。
そば半馬渕店2

こちらの小上がりは4人×2となっています。




こちらがメニュー表ですね。
そば半馬渕店3
そば半馬渕店4
そば半馬渕店5
そば半馬渕店6
そば半馬渕店7
そば半馬渕店8

基本的には、っていうかすべて登呂店と同じメニューです。

そりゃ当たり前か^^

でも、「そば酒房」って観点で改めて見てみると、確かに一品料理もそれなりの品揃えだし、日本酒も

なかなかの銘柄を取り揃えてますよ。

おっ私が愛飲している「越乃影虎」もあるじゃん^^




さて、注文を済ませて改めて店内を見渡すと、造りとしては登呂店と同じで昔ながらの古民家風な趣です。
そば半馬渕店9

しかし、なんと言っても一番違うところはこのテーブル席の椅子ですかね~。

なかなか重厚感があってとてもおそば屋さんとは思えないですよね。

最初にお店に入った瞬間、ここはカフェか?って思いましたもん。

おいおい、それはちょっと大袈裟だろ(笑)


客席はカウンターが4席、テーブル席が4人×4、そして子上がりは私たちが通された4人×2と店内右手に

6人×2という感じです。

ですから、広い店内にかなりゆったりめに客席が配置されてますからとっても落ち着けますよ。

そば半馬渕店10

さらに、窓からは日本庭園が眺められるようになっていて、癒しの空間を演出しています。




さて今回注文したのは「鴨汁遺跡」です。
そば半馬渕店11

所謂、鴨せいろですね。

今回この「鴨汁遺跡」を注文した理由は、ななっなんとお蕎麦が太打ちか細打ちか、どちらかお好みで

選べるからなんです。

店員さんにお聞きしたんですが、店員さんもまだ新人さんらしくてよく分かっていませんでしたが、

どうやらこの「鴨汁遺跡」だけがお蕎麦を選べるらしいです。

これまた今まで気付かなかったです。

ってことで、食べ比べてみるために太打ちをチョイスです。

そしていつものように注文の際、店員さんがお蕎麦には海苔をのせるか否かを聞いてくれますが、

もちろん海苔はノーサンキューでお願いしました^^



さて先ずは太打ちのお蕎麦です。
そば半馬渕店12

確かにいつも「そば半」さんで食べているそばと比べると太目でしかも平打ちですね。

ソバの風味に関しては申し分ありません。

ただ、コシはいつも食べている細打ちの方が好きだな~。

「そば半」さんで初めてお蕎麦を食べたのがこの太打ちであれば特段どうということはなく、素直に

美味しいと思うでしょうが、細打ちの美味しさを知っていて改めて太打ちを食べてみるとやっぱりね~。



続いて鴨汁の方ですが、何と言ったらいいんでしょうか?

とってもお上品な鴨肉って感じですね。
そば半馬渕店13

これって本当に鴨肉?って思っちゃうくらい柔らかいんですよ。

というか、まさに鶏肉って感じの食感ですね。

私もよく分かりませんが、いつもいただいてる鴨肉とは全く違った部位なんでしょうかね~?




では汁に潜らせてお蕎麦をいただいてみましょう。
そば半馬渕店14

うん、色目からも想像できるようにそれほど濃いタイプの汁ではないですが、さっぱりとしていて

美味しいですね。

それにしても嬉しいことに鴨肉がかなり沢山入ってますよ。お蕎麦を食べきってもまだ余ってしまう

くらいでした。

ちょっと食べる配分を失敗したな~^^

お蕎麦を大盛りでお願いすればよかったかな^^





そしてもう一品は「海老天遺跡」です。
そば半馬渕店15

「そば半」さんでいただく定番のお蕎麦です。




こちらのお蕎麦はもちろん細打ちです。
そば半馬渕店16

うん、やっぱこれこれ。

十割なのにこんなに弾力があって、さらに喉越しもよくてホント美味しいんだよねっ。

欲を言えば、つけ汁がもう少しキリッとしまった辛口なら最高なんだろうけどね。




天種は、海老2本、ししとう、こんにゃくです。
そば半馬渕店17

ここの天ぷらも美味しくて大好きです。

特に海老はプリプリですよ。

そしてこのこんにゃくの天ぷらがシコシコで噛み応えがあって何だか分からないけどクセになる美味しさ

なんですよ^^

さらに、天つゆが生姜を効かせたタイプでさっぱりとして美味しかったですね。


そう言えばこのこんにゃくの天ぷらには上にマヨネーズ(風)が掛かってますから、天つゆに漬けずに

そのまま食べて下さいね。

今回の店員さんはまだ新人さんだったせいか、そのことは説明してくれませんでしたけど・・・。

きっと忘れちゃったんでしょうね^^




そして、〆の蕎麦湯はお馴染みの陶器のグラスに入っての登場です。
そば半馬渕店18

馬渕店でも私好みのトロトロ系蕎麦湯が嬉しいですね。

でもこの蕎麦湯ってどうやって飲むのが正しいというか飲みやすいんだろう?っていっつも

考えちゃいます。

蕎麦湯の楽しみ方っていうのは人それぞれいろいろありますからね~^^




最後に、こちらは冒頭ご紹介したお店の右手側にある小上がりで6人×2です。
そば半馬渕店19

昔ながらの古めかしい茶箪笥などを置いて雰囲気を醸し出してますね。



そしてこちらは店内から眺めていた庭園です。
そば半馬渕店20

この庭園もいいんですが、お隣にある立派な竹林?これがとってもうま~く調和してるんだよね~。

この竹林があるからこそ、この庭園が映えるって感じです。

今日はゆったりと、そしてのんびりとした気持ちで美味しいお蕎麦をいただきました。

どうもご馳走さまでした~。


そば酒房 馬淵 そば半

Comment

もう行っちゃいましたか(笑)
なんか以外と空いてるみたいですね、
やはり皆さん知らないのでしょうか。
 私は冷たいそばは太め、暖かいそばは
細めが好きだったりします。
  • 2013/07/18 20:07
  • おじまる
  • URL
おじまるさんへ
思い立って行ってきちゃいました(笑)
それが、この後私たちが帰るころには外で行列ができてましたよ。
みなさんよくご存じで。
お蕎麦は奥が深いですからね。
私は意外と細めの方が好きだったりしちゃいますね(笑)
  • 2013/07/18 20:58
  • chibideka
  • URL
こんにちは
そば半、増えたんですね♪
このブログでそば半デビューして、とっても美味しいって思ったので、お蕎麦の好みが似てるのかなって嬉しく思いました。
太打ちが選べるんですか?悩んで両方食べてしまいそうっ。
あ、太郎庵さんとくろ麦さんの記事を何度も読んで悩んで、まずくろ麦さんに行ってみます。
  • 2013/07/21 09:24
  • あおい
  • URL
あおいさんへ
今後は郊外型店舗を展開していくとの事業方針のようですからますます増えるかもしれませんね。
少し前に常盤町店も閉店しましたしね。
でも、今回の馬渕店はちょっと登呂店と近いような気もしますが…^^

以前は細打ちしかなかったので、多分最近になってからの試みだと思いますよ。
そうですね、あおいさんも一度食べ比べをしてみて自分好みの蕎麦を探してみて下さいね^^

最後に、お店選びに当ブログを参考にしていただけてとっても嬉しいですよ。
太郎庵さんもくろ麦さんも、どちらも私が大好きなお店ですのできっとお口に合うこと間違いなしですよ!
  • 2013/07/21 13:20
  • chibideka
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。