BAR giraffe(バル・ジラフ)(静岡市葵区)

葵区羽鳥にある、とっても可愛らしいイタリアンのお店「BAR giraffe(バル・ジラフ)」さんで

ランチしてきました。
バル・ジラフ1

こちら「バル・ジラフ」さんの店主は、両替町にある老舗イタリアン「SANZO(サンゾー)」さんの店主の

奥様ということで、所謂「SANZO」の姉妹店なんです。

ご主人は「SANZO」で“ゾウ”なので、奥さんは「giraffe(ジラフ)」で“キリン”と、動物つながり

なんだとか。

場所は藁科街道沿いで、服織中学校を過ぎて服織小入口交差点角にあるアパートの1階テナントの一角です。

駐車場はお店の前に2台分のみです。




さて、重厚な木製の扉を引いてお店に入ると、

店内は白の塗り壁がとっても素朴で、それがまたお洒落感を醸し出してます。
バル・ジラフ2

席に案内されて店内を見回すと、厨房とを仕切るカウンターや棚、そして客席のテーブルや椅子の

すべてが古木を使った手作り感のある代物です。

テーブルの脚も溶接しました~って跡がよく分かりますし、椅子なんかもふぞろいなんですが、これが

なんとも不思議なことに落ち着くんです。

バル・ジラフ3

そして、客席はすべてテーブル席ですが、テーブルによってセットされている椅子の数が違ったりも

します^^




さて、本日のランチメニューはこちら。
バル・ジラフ4

実にシンプルなメニューで、本日のランチは3種類のパスタでした。

メニューは基本的に日替わりとのことでしたが、前菜、パン、サラダ、ドリンクがついてどれもなんと

900円なんですよ。

なんとリーズナブルなんでしょう、場所柄家賃が安いってこともあるんでしょうかね^^



ということで今回はこの中から2種類のパスタをチョイスしました。



先ず最初に運ばれてきたのは、前菜です。
バル・ジラフ5

マッシュルーム、ブロッコリー、ズッキーニとパプリカ、豆の煮込み、の4品盛りです。

ワインが欲しくなるくらいどれもとっても美味しかったです。




続いて、パン(二人分)
バル・ジラフ6



そしてちょっと間を置いて、サラダ
バル・ジラフ7

このドレッシングが美味しかったですね。





さぁ、ここでメインの登場です。

こちらは「ベーコントマトペペロンチーニ」
バル・ジラフ8



ちょっと炒めすぎ感のあるベーコンですが、それが香ばしさを引き立たせてます。
バル・ジラフ9

味付けも、オリーブオイルにニンニクと、とってもシンプルながらとっても美味しいです。

パスタもちょうど良いアルデンテ感がよかったです。






そしてこちらが「木の子ほうれん草トマトソース」です。
バル・ジラフ10



スープが多めのトマトソースとほうれん草との彩りが綺麗ですね。
バル・ジラフ11

ほどよい酸味のトマトソースにシメジの食感と風味が加わって、これまた美味しいです。

そして木の子には、普段なら捨ててしまう石づきの部分まで入っていて、これがまた歯ごたえがあって

美味しかったですね。




食後のドリンクは二人ともホットコーヒーをお願いしました。
バル・ジラフ12




ここで、ディナーメニューも見せていただいたので参考までに。
バル・ジラフ13

どれも手頃でしかもおつまみにはもってこいの品ばかりですね。


こちらはワインリストです。
バル・ジラフ14

何れも3000円以下とリーズナブルです。




いや~今日は美味しいパスタをご馳走さまでした☆
バル・ジラフ15

お店はホントこぢんまりとしていて、落ち着ける雰囲気が最高でした。

お店は奥さん一人で切り盛りされているんですね。

それでいて、手際が悪いとかってこともなく美味しいお料理をいただきながら楽しい時間を過ごせました。

奥さんも気さくな方で、お店とお料理を通じた人とのふれあいを大切にしている、といった方でした。

ランチメニューは日替わりとのことだし、夜メニューも魅力的だし、是非またお邪魔したいお店です。


BAR giraffe(バル・ジラフ)
静岡市葵区羽鳥6-1-3
054-278-3765

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。