洋風食堂ラ・ボエーム(静岡市葵区)

  • Day:2013.05.06 17:00
  • Cat:洋食
ず~っと気になっていた、葵区長沼にある「洋風食堂 ラ・ボエーム」さんでランチしてきました。
ラ・ボエーム1

場所は、静鉄長沼駅から愛宕霊園へ向かう通り沿いで、ちょうど大きくカーブする手前にありますので

意外と見逃しやすい場所です。

駐車場はお店からちょっと離れたところに2台分あります。

あとは縦列駐車の要領でお店の前も1台いいみたいです。


さぁ、外のメニューボードで本日のランチメニューをチェックして早速入店です。

店内はカウンター6席、テーブル席4人×2と、とってもこぢんまりとしています。
ラ・ボエーム2

そして、店内はサンジとチョッパーの画が飾ってあるくらいでとってもすっきりさっぱりしています。

お店の方は、とっても人の良さそうなシェフお一人で切り盛りされていました。

水出しから給仕まですべて一人でこなしてますから、満席になったらちょっと大変ですね。

帰られたお客さんの食器の後片付けもままならないといった感じです。




さて本日のランチメニューを改めて拝見するとこんな感じです。
ラ・ボエーム3

大概、ハンバーグなどのお肉料理にパスタといった組み合わせで4種類のメニューが用意されているようです。

そして、何れのランチにもサラダ、スープ、ライスorパン(パスタの場合はなし)がついてます。




シェフの仕事が一段落したところで運ばれてきたのは、

先ずはサラダです。
ラ・ボエーム4

何気に一口いただくと、サラダにかかったこのドレッシングがメチャ美味しいです!

ドレッシングが美味しいと思うお店ってなかなかないよね。

そして、上にまぶしてあるこのジャガイモの揚げたやつがいい塩加減でアクセントになってこれまた旨い♪




続いては温スープです。
ラ・ボエーム5

本日のスープは、新玉ねぎと新じゃがのスープとのこと。

そして、これがまたバカ旨なんです。

思わず、最後にお皿を舐め回したくなるくらいの美味しさでした♪



おいおい、スタートからいい意味で予想をはるかに超えた上質な味に感動だぞ☆



さ~ここでメインの登場です!

先ずこちらは「ハンバーグとチキンの香草パン粉焼」
ラ・ボエーム6

ハンバーグにはライスをチョイス。


付け合せにはスナックエンドウとジャガイモです。
ラ・ボエーム7



では先ずはハンバーグからです。
ラ・ボエーム8

ナイフを入れようとフォークを軽く刺しただけでもジュワーっと肉汁が吹き出てきます。

そしてナイフを入れると断面からも肉汁が溢れてきます。

早速一口頬張ると、うっうまい!!

ひき肉がしっかりと詰まっているハンバーグは、外はこんがり香ばしく中はふっくらで、お肉の美味しさを

しっかりと感じるハンバーグです。

そして、このデミソースがとってもマイルドで美味しさを引き立たせます。

もしかしたら、今まで食べたハンバーグの中で一番かも☆




続いてチキンの方もいただきましょう。
ラ・ボエーム9

おいおい、こちらもバカ旨じゃないですか!!

表面はカリッとして、中のチキンがこれまたなんともジューシーでたまりません。

香草の香りとトマトソースの酸味もチキンによく合います。






さて、もう一品は「アサリのトマトパスタ」です。
ラ・ボエーム10



たっぷりのアサリと緑と黄色の2種類のズッキーニで彩もあざやかです。
ラ・ボエーム11

これまたボーッノッ!!

このトマトソースがなんとも大人の味で、ほどよい酸味とニンニクとのバランスが絶妙です。

トマトソースの概念を覆す代物だ!

このシェフ、ただものではないですよ?


メイン料理はもちろんのこと、サラダやスープに至るすべてに対して手間をかけたしっかりとした料理。

サラダを食べた瞬間からこのお店の素晴らしさを感じ、メイン料理を食べてからはこのお店の虜になって

いましたよ。

このお味でこのお値段だなんて、とても信じられない、とってもCP高いですよ。

もちろん私お気に入りの一店に加わったのは言うまでもありません。

もっといろんなお料理を食べてみたいです☆

今日はご馳走さまでした。

そして感動をありがとう☆


ラ・ボエーム(La Boheme)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。