そば屋 案山棒(あんさんぼう)(焼津市)

  • Day:2013.03.05 21:55
  • Cat:蕎麦
前回お邪魔して以来すっかり美味しいお蕎麦の虜になってしまった、西焼津にある

「そば屋 案山棒(あんさんぼう)」さんです。
案山棒(あんさんぼう)1

前回は朝そばをいただきましたが、今回は何を食べようかな~ワクワク^^



店内は相変わらず清潔感があって落ち着いた雰囲気ですね~。
案山棒(あんさんぼう)2

前回は一番奥の小上がり席でしたので、今回はテーブル席に座ってみました。

おっいたいた、今日もちっちゃな娘さんが自由気ままに店内を徘徊しているぞ~^^

お相手をしてあまりに懐かれ過ぎちゃうとず~っと側にいついちゃうので、ほどほどがよろしいようで^^

でも、ホント人懐っこくてかわいいな~^^



こちらはカウンター席です。
案山棒(あんさんぼう)3

前回の記事では載せてなかったので参考までに改めて載せてみました。


この日もまだまだ寒い日でしたが、前回同様に本日も店内は暖房が入っていません^^

ということで、今回は温かいおそばをいただきましょうかね~。


注文したのは、先ずは「鴨なん」だよ。
案山棒(あんさんぼう)4

鴨と白ネギのコンビに加えてほうれん草と三つ葉、それと風味付けに柚子の皮も添えられています。

そして見て下さい、なんて美味しそうな鴨肉なんでしょう!

案山棒(あんさんぼう)5

なんていうんでしょうか、鴨肉はまだうっすらとピンク色掛かった所謂ミディアム状ですよ。

これはお鍋で煮立たせてるんじゃなくて、器に盛ってから鴨肉をのせて、かけ汁の余熱で蒸されてる

状態なんでしょうか?



さて先ずはかけ汁を啜ると、柚子と三つ葉の上品な味わいだよ。
案山棒(あんさんぼう)6

そしてお蕎麦は、前回いただいた「せいろ」と同様、ちょっと太めの平打ちです。

滑らかな喉越しのそばに、鴨肉から溢れ出た脂が絡まったかけ汁がまたまろやかになって実に美味しいよ。



では鴨肉をいただいてみましょう。
案山棒(あんさんぼう)7

うぉ~なんて柔らかいんでしょう。

そして少し肉厚に切られた鴨肉は、噛めば噛むほど旨味があふれ出てホント美味しいですよ。

きっとこれは相当いい鴨なんだろうね!



そして途中で、今回もサービスでついていた天かすを入れてみました。
案山棒(あんさんぼう)8

柚子風味の上品でまろやかなかけ汁に、天かすの揚げ油と青海苔の磯の風味が加わって、これまた違った

味わいが楽しめるよ。





そしてもう一品は「釜あげ田舎」です。
案山棒(あんさんぼう)9

どうです?釜揚げですよ?

これ熱いお湯の中に田舎そばが浸かってるんですよ~。何だか面白いでしょ!

釜揚げうどんならぬ釜揚げそばって今まで聞いたことがないな~。

案山棒(あんさんぼう)10

では早速!

おっモチッとした面白い食感ですね。

茹で湯に浸かってるだけだから、先ずはそのまま手繰ればソバの風味も十分味わえるよ。

ただ、湯も一緒に手繰ることになるから口の中でのソバの味は薄れるような気がしますね。

案山棒(あんさんぼう)11

続いてつけ汁に浸けていただくと、このつけ汁がピリッと辛口でホントお蕎麦が引き締まるって感じ。

でも、やっぱり田舎そばは冷たい方が好きかな~。

田舎そばは、あの独特の弾力と噛み応えがいいんだよね~。




最後に、湯桶にたっぷり注がれたトロトロ系の蕎麦湯を楽しみました。
案山棒(あんさんぼう)12


相変わらず腰の低いご主人は帰り際に厨房の暖簾越しに何度も“ありがとうございました~”を連呼して

くれました。

ホント気持ちのいい応対です。

今日は温かいおそばで、心も身体も暖まりましたよ。

どうもご馳走様でした~☆


そば屋 案山棒(あんさんぼう)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。