河津桜まつりと河津名物「ずがに汁」(加茂郡河津町)

先日、加茂郡河津町で毎年この時季開催されている「河津桜まつり」に行ってきました。
河津桜1

河津桜は早咲きの桜で、毎年2月上旬から開花しはじめてだいだい3月上旬に満開になり、満開となっても

すぐに散ってしまう訳ではないため結構長い期間楽しめる桜なんです。

今回伺った時季はちょうどタイミングよく、川沿いはほぼ満開の桜で桜色に染まっていました。



こちらは対岸にある町営の足湯「河津三郎の足湯処」から見た景色です。
河津桜2

ここの足湯は2階にあるので眺めも最高ですよ。




河津桜3



河津桜4



河津桜5



河津桜と菜の花
河津桜6



河津桜7



桜のトンネル
河津桜8



これは河津桜の原木です。
河津桜9

昭和30年2月のある日、河津町の飯田勝美氏が河津川沿いの冬枯れ雑草の中で芽吹いているさくらの苗を

みつけて、ここに植えたのが河津桜のはじまりなんだそうです。



さて桜も十分楽しんだことだし、もう一つの楽しみはやっぱり出店でしょ!

ご当地名物から各地のB級グルメまでいろんなお店が出ていてかなり賑わってましたよ。


こちらは、ご当地名物の金目鯛とアジの干物を試食用に焼いてくれてます。
河津桜10

くださ~い^^

特に金目の干物が甘くて美味しかった~。




そして、その後はとあるお店に入りました。
河津桜11

このお店、見物客で賑わう河津川の土手沿いにある真っ黒いプレハブの掘っ立て小屋って感じのお店

なんですが、隣で買った干物を七輪で炙って食べられるという、何ともいい雰囲気のお店でした。

早速一杯やってらっしゃる方もいらっしゃいました。



それで、今回頼んだのがこちらです。

これ何か分かりますか?
河津桜12

みそ汁の中に何やら入ってますよね~。



何が入ってるかというと・・・

ジャジャーン!
河津桜13

そうです、これは河津町名物「モクズガニ」(通称ズガニ)の「ずがに汁」350円です。

こっちは足ですね。



そしてこっちがハサミの方です。
河津桜15

モクズガニはハサミにモクズのような長くて柔らかい毛があることからその名が付いたと言われています。

でも、350円でちゃんと足とハサミが一本づつ入ってるのが嬉しいね。

しかしこの「ずがに汁」、ズガニの旨みがたっぷり溶け出していて最高に美味しかったですよ!

そして、小さいながらもチューチュー吸いながら頑張って身も食べてみましたが、やさしい味で蟹独特の

匂いがないのでとってもあっさりしてます。


そして、こちらがそのズガニです。
河津桜14


河津桜はまさに今が見頃です。

ズガニは他にも塩茹で、鍋、炊き込みご飯なんかでも味わえるとのことだから、「ズガニのフルコース」

なんてのも味わってみては如何でしょうか。

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。