三保の松原 羽衣の松と富士山(静岡市清水区)

天気がよかったので日本三大松原のひとつとされる「三保の松原」へ行ってきたよ。
三保の松原 羽衣の松1

三保半島のメインストリート、ちょうどイタリアンのお店「マッシモ」さんのあるT字の交差点からは

ずっと看板が出てるから迷うことはないよ。

しかも駐車場も無料だから天気のいい日には気晴らしに松林を散策するのもいいですよ。



そして、「三保の松原」といえば羽衣伝説の舞台でもある、ご存じ「羽衣の松」ですよね。


で、みなさん知ってましたか?

「羽衣の松」が世代交代してたってことを!


こちらが従来の「羽衣の松」です。
三保の松原 羽衣の松2

どうですか?樹齢670年という老松はかなり痛みが激しく痛々しい限りです。

松原の砂浜は、波の浸食により消失の危機に見舞われているらしく、「羽衣の松」を含む多くの松林も

徐々に枯死する症状が進行しているんだって。



そして先代「羽衣の松」に代わりその後を引き継いだ「新・羽衣の松」がこちら。
三保の松原 羽衣の松3

ちゃんと石碑も建てられていて、2010年10月に数世紀ぶりの世代交代が行われたんだって。

数世紀ぶりの・・・ってことは先代の「羽衣の松」は初代ではないってこと?

そうなんです、実はどうやらこちらの「新・羽衣の松」は3代目にあたるそうなんです。

そうは言っても、長年慣れ親しんだ2代目である先代「羽衣の松」の穂木を採取して、接ぎ木により伝説の

松の遺伝子を未来へ残すべく『先代「羽衣の松」二世の松』の松作りも進めていました。

羽衣伝説を後世に伝えるためにはいろいろとご苦労もあり、世代交代劇ってのも致し方ないことだってことは

分かっているんですが何とも複雑な思いですね。



まっそれはともかくとして、ここから望む富士山はまさに圧巻だね。

三保の松原 羽衣の松4

浸食を防ぐためのテトラポットが多いのが景観的にもちょっと残念ですが、いつまでも松原を維持させて

いただきたいものですね。


三保の松原 羽衣の松と富士山

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。