中国家庭料理 紅楼(べにろう)(静岡市葵区)

  • Day:2012.12.21 21:53
  • Cat:中華
最近ではこちら方面へはめっきり足を運ばなくなってしまいましたが、今回は葵区七間町にある

「中国家庭料理 紅楼(べにろう)」さんへ。
中国家庭料理紅楼(べにろう)1

場所は七間町通りと昭和通りが交わる交差点の角にあるビルの2階です。

ビルの前にはメニューの看板が置いてありますが、ここにお店があるって以外と気がつかないかも

しれません。


階段を登って店内に入ると、七間町通り側の大きな窓からはスクランブル交差点とオリオン座の

跡地が見えますよ。
中国家庭料理紅楼(べにろう)2


さて改めて店内は、入口を入って左手にはカウンター席があります。
中国家庭料理紅楼(べにろう)3

但し、多分このカウンター席はよっぽどのことがない限り使わないでしょうね。


そして、窓際のテーブル席の奥には円卓や個室もあって、店内はなかなか高級感があります。
中国家庭料理紅楼(べにろう)4




さて、メニューはこちらです。
中国家庭料理紅楼(べにろう)5
中国家庭料理紅楼(べにろう)6
中国家庭料理紅楼(べにろう)7
中国家庭料理紅楼(べにろう)8
中国家庭料理紅楼(べにろう)9
中国家庭料理紅楼(べにろう)10
中国家庭料理紅楼(べにろう)11
中国家庭料理紅楼(べにろう)12




そして今回注文したのは、「ラーメンセット」です。

このセットには、半ラーメン1品と炒飯or麻婆飯、冷菜、デザート、お茶が付いてるんです。

先ず出てきたのは冷菜とスープ
中国家庭料理紅楼(べにろう)13

メニューにはスープが付くとは書いてなかったんだけど~ラッキーなのかな^^


スープには玉子と定番のワカメが入っていて、ゴマ油の風味を効かせて若干とろみが付いてます。
中国家庭料理紅楼(べにろう)14

スープはもう少し温めて欲しかったな~。


冷菜は、キムチと本場の中華料理でたまに出てくる木綿豆腐を千切りにしたようなもの。
中国家庭料理紅楼(べにろう)15

どちらもありきたり感があります。



さて、セットのラーメンは焼豚麺、野菜たっぷり湯麺、酸辣湯麺、担々麵の4種類から選べるので

今回は「野菜たっぷり湯麺」をチョイスです。
中国家庭料理紅楼(べにろう)16


野菜たっぷりと謳うだけあって、キャベツ、モヤシ、人参、キクラゲなどなど具だくさんです。
中国家庭料理紅楼(べにろう)17


麺は中細の縮れ麺で、塩分を控えたあっさり湯麺スープとの相性はいいですね。
中国家庭料理紅楼(べにろう)18

但し、こちらのスープもちょっとぬる目で中途半端な温かさなんだよね~。



そしてセットの飯物は、炒飯or麻婆飯から「麻婆飯」をチョイスです。
中国家庭料理紅楼(べにろう)19

なんせマーボーが大好きなもので^^


お味の方は何というんでしょうか?所謂四川風ではないですね?
中国家庭料理紅楼(べにろう)20

辛さはそれほどではないですが、若干ながら後からじわーっと辛味が効いてくる感じです。

山椒が効き過ぎてるのか、この黒い豆みたいなのが何なんだろう?





さてもう一品は、

サービスランチの「新鮮レバーと野菜炒め」です。
中国家庭料理紅楼(べにろう)21

こちらには冷菜、スープ、ライス、デザートが付きます。


うん、確かにレバーが柔らかくて美味しいよ。
中国家庭料理紅楼(べにろう)22

そしてこの味付けがいいね~。

あんかけ状にとろみのあるタレが美味しくて野菜もムシャムシャいけますよ。



最後は、それぞれにデザートとジャスミンティーが付きます。
中国家庭料理紅楼(べにろう)23


デザートの杏仁豆腐はごく普通の寒天タイプの食感です。
中国家庭料理紅楼(べにろう)24


さて今回のお店の感想ですが、正直言って調理をしてる感がまったく感じられなかったです。

というのも、先ず料理が出てくるのがやけに早いんですよね~。えっもう?って感じでした。

そして、料理全般に言えるのが熱くないってこと。熱いとまでいかないにしても普通もう少し温かい

でしょって思います。

実は今回ラーメンセットの麻婆飯がなかなか来なかったので確認したところ、どうやら忘れられていた

らしく、“すみませ~ん。ただ今作りますので~”とのことだったんです。

そしてその後、時間を計っていた訳ではないので感覚的ではありますが、2分と掛からないうちに

麻婆飯が運ばれてきたんです。

普通ならハフハフしながら食べますよね。それがぬるいんです。あり得ないでしょ!

調理場からは食器を洗う水道の音は聞こえますが、中華鍋を振るってる音は一切しませんでした!

私の思い過ごしなのでしょうか。


中国家庭料理 紅楼(べにろう)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。