天文本店(静岡市葵区)

  • Day:2012.12.01 16:12
  • Cat:和食
明治12年創業の老舗天ぷら屋、葵区七間町にある「天文本店」さんに行ってきました。
天文本店1

場所は七間町の通り沿いで、昔のオリオン座の向かいになります。


店内は、入口を入って手前側にテーブル席、そしてその奥にカウンター11席があります。
天文本店2

どうやら2階にも座敷があるようです。


さてカウンター席につきましたが、辺りにはこちらのランチメニューとドリンクメニューしか

ありません。
天文本店3

あれ~と思いましたが、お店の前に出ていたメニューを見て既に注文する品を決めていたので

そのまま注文できましたが、「天文本店」さんでは店内にメニュー表がないんでしょうか?


結局お店を出てから改めてお店の前に貼り出してあるメニューを撮影しておきました。
天文本店4

天文本店5





さて、今回注文したのは「ランチ」
天文本店6

ランチの内容は、小天丼(桜えび 又は えび)、みそ汁、野菜天ぷら、和そば、サラダ、漬け物

このみそ汁、よ~く出汁がでていて美味しかったですよ。メニューには「赤出し」って書いて

あったけど、白出しでさっぱりとしていて良かったです。


小天丼はもちろん桜えびでお願いしました。
天文本店7

桜えびのかき揚げは衣が薄くてサッと揚げてあるからサックサクの柔らかさ。

そして、絶妙に回しかけたタレが掛かった部分はしっとりと湿った柔らかさ。

この両方の柔らかさのバランスが最高で、桜えびの味が口に広がりますよ。


聞くところによると、今では静岡の名物となったこの「桜えびのかき揚げ」を初めてつくられた

のが、こちらの「天文本店」さんだとか。

こういう本物の美味しい桜えびのかき揚げを食べちゃうと、由比にある「はまのナンチャラや」

なんかじゃもう食べる気しなくなっちゃうよね。


野菜の天ぷらは、薩摩芋、茄子、獅子唐です。
天文本店8

何てったって目の前での揚げたてをいただくんだから美味しいに決まってるよね!



和そばの味は至って普通でしたが、冷たくもなく温かくもなくで中途半端でした。
天文本店9





そしてもう一品は「うな丼」!
天文本店10

こちらの「天文本店」さんは、天麩羅に加えて鰻でも老舗なんですよ。


鰻はなかなかの肉厚でしかも柔らかくてとっても美味しかったです。
天文本店11


お吸い物には残念ながら肝は入っていませんでした。
天文本店12


いや~さすが「天文本店」!味に関しては老舗の貫禄勝ちだね!

申し分なしの絶品でしたよ!


ただちょっと残念だったのは、ビートたけし著の「間抜けの構造」じゃないけどどうにもこうにも

「間」が悪いってことです。

お店は天ぷら担当のご主人と奥の厨房に裏方の料理人さん、そして多分ご主人の奥さん?の

3人で切り盛りされているんでしょうかね?

そしてこの奥さん、お茶出し、配膳、片付け、レジと申し訳ないんですが、あまりにも鈍臭いん

ですよ。

だからご主人の天ぷらを揚げるタイミングは奥さんの段取りの状況を見極めてからになるんです。

従って奥さんがもたついているとご主人の手待ちが多いということで、所謂間合いが悪いんですよ。

その点だけは何とか頑張っていただき、老舗の味を守り続けてもらいたいものです。


天文本店

Comment

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • 2014/01/12 10:47
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。