2012ナビスコカップ決勝 清水エスパルスvs鹿島アントラーズ(国立)

さぁ行ってきましたよ~、2012Jリーグヤマザキナビスコカップ決勝の舞台である国立競技場へ!

もちろん対戦カードは、我らが清水エスパルスvs鹿島アントラーズです!

2012ナビスコ決勝 清水エスパルス1


清水エスパルスは4年ぶり5回目の決勝進出を果たし、16年ぶり2度目の優勝を狙う。

一方の鹿島は2年連続5回目の優勝(最多)を一応狙ってるみたいだった。



すでにホーム側に陣取ったエスパルスサポーターで国立はオレンジ一色だぜ!

2012ナビスコ決勝 清水エスパルス2

今日はいつも以上にフラッグが多かったな~。

2012ナビスコ決勝 清水エスパルス3


ここで、ナビスコカップにおけるエスパルスの歴史を振り返ってみよう。

1992年に始まったナビスコカップの初代王者を掛けた歴史的な一戦は、ヴェルディ川崎に

惜しくも破れ準優勝に終わった。

翌1993年のファイナルでも、因縁のヴェルディ川崎の前に2年連続で涙をのんだ。

そんなエスパルスが雪辱を晴らしたのは1996年。

相手はまたしてもあのヴェルディ川崎だった。

その宿敵ヴェルディ川崎を延長、PK線までもつれこむまさに死闘の末に破り、ついに念願の

初優勝を獲得したのだった。

以来、ファイナルからは遠のき低迷期が続いたが、久しぶりにファイナルに勝ち進んだ前回の

2008年は大分トリニータにまさかまさかの0-2で破れ涙をのんだ。

そして今年、2012年新たな歴史を刻む!



さーこれからスターティングメンバーの発表だぞー!

2012ナビスコ決勝 清水エスパルス4



そしていよいよ決戦のときを迎えた!

13:05キックオフ!

2012ナビスコ決勝 清水エスパルス5


延長までもつれ込んだが、結果は1-2でまたしても涙をのんだ。

前半からボール支配率は清水が上だったが、組み立てができなくリズムにのれなかった。

そうこしている内に、PKを与えてしまって先制を許す。

その後、すかさず何とか同点に追いつき延長戦へ。

しかし延長そうそうにカウンターからまさかの失点。

その後、サポーターの声援を受けての必死の猛攻?も及ばず、無念にも試合終了のホイッスルが。


ここ一番での弱さがまさに露呈した試合内容であった。

既にリーグ優勝も厳しい状況の中、天皇杯優勝という初夢を見せてもらいたいものだ。

ガンバレ!清水エスパルス!

共にゆこう いつまでも 俺たちがついている!!

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。