Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)(静岡市駿河区)

  • Day:2012.08.18 14:11
  • Cat:洋食
5月にオープンしてお料理はもちろんながら眺望が素晴らしいと話題の、駿河区登呂にある

「Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)」さんへ行ってきました。
Tembooo(テンボー)1

場所は、ご存知静岡新聞本社ビルの17階です。

17階からの眺めを一つの売りにしてるから、展望に引っ掛けてお店の名前をTembooo(テンボー)にした

んでしょうね。

そしてお店は、草薙や新静岡セノバで「ぶどうの丘」を展開しているタイタコーポレイションさんが運営

してるんだって。

駐車場は、本社ビル前の道を挟んだ向かいに専用駐車場があります。



では正面玄関を入りましょうか。
Tembooo(テンボー)2


入口にはちゃんとTembooo(テンボー)の案内板があるよ。
Tembooo(テンボー)3


玄関を入ってSBSの受付嬢を横目に右手にあるエレベーターで17階へ。
Tembooo(テンボー)4

17階へはあっという間に着いたよ。


エレベーターを降りるともう17階のフロア全体がTembooo(テンボー)なんだね。
Tembooo(テンボー)5


これはエレベーターホールからの風景なんだけど…なぜか正面に階段が。
Tembooo(テンボー)6

後で聞いたら、階段の上は会議室になっていて一般の人は上がれないんだって。



さて、私たちは11時30分開店の10分前くらいに着いたんだけど、既に何組かのお客さんがいました。

ただ、並んで順番待ちしてる訳でもなく、名前を記帳する帳面があるわけでもないから、来店したお客

さんを順番通りにどうやって案内するんだろう?って疑問に思ったよ。

ちなみに、開店に際しては予約客を先に案内するんだよ。

私たちは予約しておいたため先に案内されたので、その後予約客以外の方がどうやって案内されたのかは

確認できませんでした。



ではさっそく店内を覗いてみましょうか。

こちらはあの“階段”の右側で、ビルの西側を眺められるテーブル席のフロアです。
Tembooo(テンボー)7

オシャレな木製のテーブルとイスがズラ~ッと並んでるよ。

そして衝立代わりにオシャレな本棚を配置し、これまたオシャレな本を置いてるよ。
Tembooo(テンボー)8

しかし当たり前の如く、窓側の席から埋まってくね~。


これは、店内奥側から見た店内の風景だよ。
Tembooo(テンボー)9



さ~西側のフロアからはどんな景色が望めるのかな~。

駿河湾と大崩れ方面
Tembooo(テンボー)10

眼下のアピタと丸子方面
Tembooo(テンボー)11

静岡市街地
Tembooo(テンボー)12

こりゃ確かにいい眺めだね~、ディナーならきっと夜景も最高だろうね~。



では今度は東側に移動してみましょう。
Tembooo(テンボー)13

専用冷蔵庫には高そうな国産ワインや県内の地酒がビッシリ入ってるよ。


こちらのスペースはソファーとローテーブルでゆったりとくつろげるスタイルになってるんだね。
Tembooo(テンボー)14

そして壁に古木を使って西側とは違ったオシャレ感を出してるよ。


窓際には2人掛けの真っ赤なソファー席が3席。
Tembooo(テンボー)15


私たちが通されたのは一番南側のソファー席でした。
Tembooo(テンボー)16

こりゃゆったりできて長居したくなっちゃうね。



席に着くとお水じゃなくてアイスティーを注いでくれて、メニューの説明をしてくれました。
Tembooo(テンボー)17


今回のメニューはこんな感じでした。
Tembooo(テンボー)18

こちらの「Tembooo(テンボー)」さんのお料理のテーマは「トラベル」ということで、さまざまな国を

イメージした料理が楽しめるんだ。

そしてお料理は単品でもオーダーすることができますが、人気は前菜とスイーツが食べ放題のビュッフェ

方式のランチです。



さて、注文を済ませたらさっそく前菜をとりに行きましょう。

このビュッフェでは、有機野菜や県産食材を生かした料理やスイーツが提供されてるんだって。
Tembooo(テンボー)19

サラダバー
Tembooo(テンボー)20

惣菜
Tembooo(テンボー)21

スイーツ
Tembooo(テンボー)22

みなさん夢中だね。種類が豊富だから何を食べようか悩んじゃうよ。
Tembooo(テンボー)23



さて、こんな感じで盛り付けてみたよ。
Tembooo(テンボー)24


こっちはちょっと色合いが悪いかな~。
Tembooo(テンボー)25

こういった盛り付けにもセンスが現れるんだね^^

ちなみに、隣の女性のお客さんは盛り付けなんて気にせず、てんこ盛り状態だったよ。

きっとすべての種類のお料理を盛ってきたのかも?



さぁ、前菜をいただきながら改めて東側の景色を眺めてみましょう。

東静岡方面
Tembooo(テンボー)26

小鹿方面
Tembooo(テンボー)27

手前はSBSのヘリポートで、SBS通りがドーンと延びてるのが分かるでしょ。

天気がよければこの正面あたりに富士山が見えるんだって。

日本平方面
Tembooo(テンボー)28

高松方面と駿河湾
Tembooo(テンボー)29

鮮やかな緑地は登呂遺跡だよ。



そうこうしている内にパンが運ばれてきました。
Tembooo(テンボー)30


その後メインが…


こちらは「スモークサーモンのラビゴットソース有機ハーブ アスパラの温泉玉子添え」
Tembooo(テンボー)31


生で食べられるサーモンを軽く燻製にしてるからレア感があるよ。
Tembooo(テンボー)32

ハーブのサラダとアスパラ、そして温泉玉子に絡めるとまろやかな味がまたいいよ。
Tembooo(テンボー)33



そしてこっちは「豚スペアリブの“クラフトビール煮”有機じゃがいもボイルポテト」
Tembooo(テンボー)34


とろとろに煮込んだ豚肩肉のスペアリブ
Tembooo(テンボー)35


ビールの苦みとタマネギの甘みのバランスが最高だよ。
Tembooo(テンボー)36

旬のポテトもホクホクで美味しい。


ちょっと汚らしくてすみませんが、軽くナイフを入れるだけで身と骨がこんなにきれいにほぐれちゃうんだよ。
Tembooo(テンボー)37



食後にはアイスコーヒー
Tembooo(テンボー)38


そしてホットコーヒーをいただきました。
Tembooo(テンボー)39

ただ、ドリンクを出すタイミングがちょっと早いな~まだ食事中だったんだけどね。

ちなみに、ドリンクはおかわり自由なんだってよ。



ふ~っ、ちょっとガツガツ食べ過ぎちゃったかな~^^

あまりにお腹いっぱいになっちゃったので、ドリンクを飲んでちょっと一息だよ。


多少お腹が落ち着いてきたし、せっかくだからそろそろデザートをいただこうかな~。
Tembooo(テンボー)40

でも、2人でこれだけ食べるのが精一杯でした。

周りの女性客はそんなに~ってくらいスイーツも食べてましたよ。恐るべし!

あれなら十分に元をとったね。



さて、気が付けば入店からかなりの時間がたってました。
Tembooo(テンボー)41

ホント時間を忘れてゆっくるできちゃうよ。

そろそろお会計しましょうか。

いや~久しぶりに優雅なランチをいただきました。
Tembooo(テンボー)42


さてこちらの「Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)」さんですが、一度は行っておく価値は

十分ありますね。

たまにはちょっとリッチな気分でゆったりとランチするのもいいよ。

別に一度だけじゃなく、何かの記念日にディナーで夜景を楽しんでもいいし、雲一つない快晴の日を

狙って富士山を拝むのもいいし、定期的に変わるメニューでいろいろな国のお料理を味わってもいいし。

ただ、ビュッフェを付けるとプラス1200円だから私たちみたいな小食な者にとってはちと高すぎるかな~。

だから、次回はメイン料理だけを味わおうっと^^



Cafe&Restaurant Tembooo(テンボー)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。