炭焼き鰻 瞬(SHUN)(静岡市葵区)

「土用の丑の日」当日には行けなかったけど、夏を乗り切るスタミナをつけるため葵区千代田6丁目にある

「炭焼き鰻 瞬(SHUN)」さんへ行ってきましたよ。
炭焼き鰻 瞬1

場所は、流通センター通りにある(あった?)キミサワのとこのT字交差点を曲がってちょっと行った辺りです。


店内は、入口を入って左手に厨房とカウンター席
瞬1


そして右手がテーブル席となってます。
瞬2

とてもうなぎ屋さんとは思えないモダンな店内。

私たちはカウンター席に通されました。


席に着くと最初にメニューを持ってきてくれました。

メニューはこんな感じだよ。
炭焼き鰻 瞬4
炭焼き鰻 瞬5
炭焼き鰻 瞬6
炭焼き鰻 瞬7
炭焼き鰻 瞬8
炭焼き鰻 瞬9
炭焼き鰻 瞬10

このご時世にしてはなかなかリーズナブルな料金設定でしょ。

こちらの「瞬」さんはうな重じゃなくてすべて丼で提供するんだよ。


あと、お酒にも力を入れているみたいで、特に気になったのが一品料理の「鰻のあらい(刺身)」。

普通なかなかお見かけしないよね。



続いてお茶が出されました。
炭焼き鰻 瞬11

この湯呑みってそば猪口みたいで面白いね。



注文を終え、鰻が焼き上がるのを待ってる間に店内を見回してみると・・・

カウンター席から入口側を見るとこんな感じだよ。
炭焼き鰻 瞬12


こちらの棚には忠正のお酒がずらりと飾られてるよ。
炭焼き鰻 瞬13


こちらは大人数用のテーブル席だね。
炭焼き鰻 瞬14

基本二人掛けのテーブルだから組み合わせ自由だよ。



そして楽しいのは、こちらの「瞬」さんではカウンターからウナギを調理していることろが見られるってこと!
炭焼き鰻 瞬15

厨房にはまるで洋食屋さんが使うようなフライパンとか鍋もぶら下がってるでしょ。

実は、隣にいたお客さんがフランス料理に出てくるような美味しそうなステーキを食べてたんですよ。

おやっと思ってメニューを探したんだけどお肉のメニューはなかったんだよね~。

きっと常連さん用の特別な裏メニューなんだろうね。



なんて思ってるうちにうなぎが炭焼きコンロの上にセットされました。

炭火で、先ずは皮からじっくり焼きます。
炭焼き鰻 瞬16

見ていただくとお分かりのように蒸してはいないので、所謂関西風ってことですね。

続いてひっくり返して身の方にも火を通します。
炭焼き鰻 瞬17

実際に鰻をさばいたり、焼いたりするところってなかなか見られないからホント楽しいよ。

炭焼き鰻 瞬18

見ていて一つ気がついたのが、うなぎってさばいて串刺しの状態では身が意外と薄っぺらなんだけど

焼いていくうちに身がふっくらとなってくるんだよ。

勉強になったな~。


ただここの炭焼きコンロ正面のカウンター席には一つ難があって、それは暑いこと。

炭火の遠赤外線効果で私までこんがり焼き上がりそうだったよ^^



そうこうしていると、小鉢が運ばれてきました。
炭焼き鰻 瞬19

所謂ふろふき大根ですね。

炭焼き鰻 瞬20

シソの風味がするものの味付けは控えめで大根の甘さが引き立って実にあっさりとした美味しさです。



さ~大根を食べ終わる頃合いを見計らっていよいようなぎの登場で~す。
炭焼き鰻 瞬21

鰻丼っていっても「どんぶり」ではなくちゃんと丸い重箱(静岡工芸品の井川メンパみたい)に入ってるよ。


さてこちらは「鰻丼 上」
炭焼き鰻 瞬22

ちょっと焦げてるけど炭焼きだから香ばしいいい香りがしますよ。

鰻は小ぶりだけど身はふっくらとして柔らかくもあり弾力もあって実に旨い!

炭焼き鰻 瞬23

ただ関西風だから皮がけっこうしっかりしてるのでお箸で切るのにちょっと苦労しました。



「肝吸」
炭焼き鰻 瞬24

肝吸いも出汁を抑えた薄味でさっぱりした味わいだったよ。


「香物」
炭焼き鰻 瞬25

キュウリ、人参、大根、キャベツ、昆布と種類も豊富でほどよい漬け加減でお口直しに最高だよ。



そしてこちらは清水の舞台から飛び降りるつもりで注文した、

「鰻丼 特上」
炭焼き鰻 瞬26

「上」と「特上」の違いは、うなぎが2枚か3枚かの違いなんだって。

見ていただくとお分かりのように、1匹分にプラスされてもう1匹の胴体分が重ねられてるでしょ。

しかもひいき目で見ると「上」よりも身が大きく感じません?

炭焼き鰻 瞬27

う~ん、程よい脂ののり加減もたまらないね~。

たれも甘すぎず、くどくなくしつこくもなく香ばしさが実にいい味です。

いや~贅沢だな~。


ウナギの肝も新鮮だからシコシコして美味しいんだよ。
炭焼き鰻 瞬28


いや~こちらの「炭焼き鰻 瞬(SHUN)」さんですが、最高に美味しかったですよ!

私もそれほど鰻を食べ歩いてる訳じゃないから何とも言えないけど、静岡市内では一番じゃないかな?

市内で有名な老舗店、ひつまぶしが有名なお店、ニトリ近くの頭まで付いたお店…などなど食べましたが

私的には文句なしの一番だよ。

奥さんの接客もフレンチ店的な品のある応対で素晴らしいしね。


うなぎは稚魚の不漁で価格が高騰して庶民にとっては高嶺の花状態が続いてるけど、この日ばかりは

何のそのって感じで全席予約で満席だったよ。

高騰によるうなぎ離れも深刻な問題だけど、うなぎ屋さんにはこれからも頑張ってもらいたいものです。


あと、今回鰻の写真が少なくてごめんなさい。

うなぎってなんだか写真撮影が難しいね。いっぱい撮ったんだけどなぜか大半がピンボケなんだよね~。

鰻を美味しそうに撮影するにはどういうふうにカメラの設定をすればいいんだろう?


炭焼き鰻 瞬(SHUN)

Comment

池作千代田と思った
  • 2014/05/19 14:46
  • うなぎ
  • URL
うなぎさんへ
確か1本裏でしたかね?
  • 2014/05/19 16:51
  • chibideka
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。