天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)(静岡市葵区)

7月19日葵区紺屋町にオープンした「天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)」さんへ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭1

場所は呉服町通り沿いで、以前に焼肉丼専門店「丼だけ~」があった跡地です。

「一蘭」とは、福岡市に本社を置くとんこつラーメンのチェーン店なんですが、こだわりの味もさること

ながら非常にユニークなシステムでも大人気のお店なんです。



店内に入ったら先ずは券売機で食券を購入です。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭2

といっても、ラーメンの種類は「とんこつラーメン」しかありません。

これも「一蘭」のこだわりで、一杯の味をより深く極め、本物の「とんこつラーメン」を追求できる

からなんだって。

その他、お好みで替え玉やトッピングの券を購入します。



食券を購入したら「空席案内板」を見て、「空」のランプが点灯している座席に向かいます。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭3

てっきり「空」のランプを押して自分の座席をキープするものだと思ってボタンを押してみたんですが

違ったみたいです。ダサッ!

あくまで空いてる席がどこなのかの目安に過ぎないみたいですね。



そしてこれが彼の有名な「味集中カウンター」です。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭4

「味集中カウンター」とは、カウンター席の各席が仕切り板によって半個室状態になっていて、味覚だけに

集中して美味しく食べてもらいたいという想いを形にしたこだわりの環境なんだって。

だから、一人で黙々とラーメンを食べたいという人やズルズルとラーメンをすすっている無防備な姿を人に

見られたくない女性には好評かもね^^

でも、恋人同士なんかだとお互いの顔が見られなくて、ちょっぴり離ればなれになった感じで寂しいのかな。

もはや今の私にはどうでもいい話ですが・・・



でもご心配なく、仕切りは可動式なのでピンを外すことで折り畳むことができるんだよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭5
天然とんこつラーメン専門店 一蘭6
天然とんこつラーメン専門店 一蘭7

ちなみに、このカウンタースタイルで特許を取得してるんだって。

ただ、椅子の位置がかなりカウンター寄りに固定されていてちょっと窮屈感があるな~。



さて座席についたら、先ずはオーダー用紙を記入します。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭8

このオーダー用紙で味の濃さやこってり度などを選択して、自分好みの味にカスタマイズするんだよ。

初めての方はとりあえず全て「基本」がオススメみたいだよ。

但し、秘伝のタレは「1/2倍」がいいみたい。



さてオーダー用紙の記入が終わったら、赤い呼び出しボタンを押して、店員さんに食券と注文票を渡しましょう。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭9


尚、券売機で替え玉券を購入していた場合は券と引換えに銀色の「替え玉プレート」をもらいます。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭10



さて、注文を終えたところで改めて個室というかブースを見回してみるとこんな感じだよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭11

ブースには紅生姜やゴマはもちろんのこと調味料系は一切置いてないよ。



カウンター正面には「一蘭」ラーメンのこだわりや、食べ方などが書かれています。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭12

待ち時間にちゃんと読んでおきましょう^^



そして各ブースには個別に給水サーバーがついているのでセルフだけどお水飲み放題だよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭13
天然とんこつラーメン専門店 一蘭14



おっカウンター下には荷物を掛けるフックがあるよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭17




他にも周りを物色しているとラーメン登場!
天然とんこつラーメン専門店 一蘭18

店員さんとは簾を挟んでの応対だから顔を合わせなくて、まるでチョメチョメホテルみたいだね。

って、おいおいちょっと顔が見えてるじゃん^^



そして「一蘭」ではラーメンがくると前のすだれが下げられます。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭19

両側も仕切りがあるので、これでまさに個室のようになってラーメンに集中できますね。



さてもう少し寄ってみましょう!
天然とんこつラーメン専門店 一蘭20


こちらのラーメンは全て「基本」を選択したものです。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭21

ここで一つ裏技です。こちらのラーメンには「青ネギ」と「白ネギ」の両方が盛られてますよね。

天然とんこつラーメン専門店 一蘭22

オーダー用紙でネギを選択する欄がありますが、このとき「青ネギ」と「白ネギ」の両方に〇をつけると、

「青ネギ」と「白ネギ」が半々の量で盛られて出てくるんです。




それでは、いざ実食!

中央の赤いのが「秘伝のタレ」です。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭23

静岡味噌溶き系と同じ要領で、絶対に最初から「秘伝のタレ」をかき混ぜないことです。

まずは秘伝のタレは触らずに、周囲のスープを飲みます。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭24

うん旨い!

スープは非常に濃厚なんだけど、とんこつの臭みがなく、意外とあっさりで上品なお味だね。

続いて、秘伝のタレを少しずつスープに混ぜ合わせながら辛さを楽しみましょう。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭25



その後は、各層に麺を絡めて徐々に秘伝のたれが混ざり合うようにして細めのストレート麺を味わいます。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭26



チャーシューも柔らかくて美味しいよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭27




さて、もう一杯は別の組み合わせで注文してみたよ。

先程のラーメンと違って、こちらのネギは全て「青ネギ」だよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭28



どういう組み合わせにしたかというと、オーダー用紙はこんな感じだよ。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭29



見るからに麺はかためだって分かるね。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭30


写真ではこのスープのこってり加減が伝わらないかもしれませんが、明らかに「基本」とは違った

コクと旨みがありますね~。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭31



まさにハリがねのようだね。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭32

みなさんよくバリかたを頼みますが、私的にはこのくらいがちょうどいいかな~。



さて、そろそろ替え玉をお願いしましょう。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭33

替え玉プレートがある場合は、テーブル前方にあるボタンにプレートを乗せるとチャルメラが鳴って

店員さんが替え玉の準備をしてくれます。

天然とんこつラーメン専門店 一蘭34



なお、替え玉やトッピングは、座席についてから注文することもできます。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭15
天然とんこつラーメン専門店 一蘭16

どれくらい食べるかわからない…という人は、食券を買わずにあとから注文しても大丈夫です。

このとき、小銭の用意を忘れずにね。


替え玉は一杯目2/3程度で注文するのがコツで、間を作らないタイミングが命だね。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭35


この替え玉にも実は隠し味が付いており、まずスープに入れずに麺だけを少し味わいたいね。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭36

これがさっぱりしてるから、ちょびっとすすってお口直しにいいよ。



では替え玉を投入して再び集中!
天然とんこつラーメン専門店 一蘭37



いや~ご馳走さまでした~。
天然とんこつラーメン専門店 一蘭38

スープを飲み干すと、器の底に『この一滴が最高の喜びです』と書いてありました。


いや~こちらの「天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)」さんですが、さすが九州で一二を争う

人気店だけあって美味しかったよ。

お店もなんと24時間営業っていうんだからこりゃたまらないね。

呑んだ後の〆はもちろんだけど、始発電車で市外に帰る人の腹ごしらえに、早起きの人には朝ラーとしても

ありがたいよね。

これでこの界隈は、とんこつ系だけでも3軒のラーメン屋さんがひしめき合う形になって、ますます激戦区に

なってきたけど。

当面は、真新しさと究極の「味集中カウンター」システムが話題を呼んで「一蘭」さんが独走しそうだね。

店員さんも顔は見えないけど深々とおじぎをしてる様子はうかがえて応対もいいもん。

次は、こってり度と秘伝のたれをアップしてみようかな~。


天然とんこつラーメン専門店 一蘭(いちらん)

Comment

サンタカさんへ
先日は本記事に対するコメントありがとうございました。
せっかくコメントをいただいたのですが、大変恐縮なんですが実は下書き中の記事を
間違ってアップしてしまっていたので一旦削除させていただきました。
今回再アップしましたので、よろしければ改めてご覧いただければと存じます。
この度は大変失礼いたしました。
  • 2012/07/21 16:24
  • chibideka
  • URL
最初に画像がなかったので、おかしいなとは思いました。


「一蘭」さんに興味があったので、早速のレポありがとうございます。画像を見ていると臨場感満載で、まるで自分が食べているようで、満腹になりました(笑)


  • 2012/07/23 10:32
  • サンタカ
  • URL
サンタカさんへ
たびたびのコメントありがとうございます♪

サンタカさんは確か辛いラーメンが好きでしたよね?
「秘伝のたれ」2倍は全く問題ないと思いますよ(笑)
是非2倍以上に挑戦してみて下さいね!
  • 2012/07/23 20:12
  • chibideka
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。