中華 長太郎飯店(ちょうたろうはんてん)(静岡市清水区)

密かに地元で流行ってるという清水区西久保にある「中華 長太郎飯店(ちょうたろうはんてん)」さんへ。
長太郎1

場所は何とも説明しがたいので長太郎飯店さんのHPで確認してね。

お店の前にはご覧のようにおっきく看板は出てるんだけど店構えがお店らしくないもんだから、お店の前に

立っても、えっどこがお店?ってかんじで戸惑うよ^^

お店の前に車が止まってると尚更で、入口もよくわからないよ。ちょっと言い過ぎかな^^
長太郎2

お店に入ると店内はテーブル席が4人×5とカウンター席が6席だよ。
長太郎3

近所のラーメン屋さんって感じでちょっとごちゃごちゃガヤガヤしてるよ。

お客さんもまさしく近所の家族連れ~って感じでみなさんお知り合い的な雰囲気だったね。

棚には焼酎のボトルが・・・夜はお酒も出すんだね。
長太郎4

さてメニューはこんな感じだよ。
長太郎5

こっちは裏側のセットメニューと飲み物
長太郎6

日本酒の「臥龍梅」を置いてるところがさすが地元だね。


お店の名前が入った「長太郎セット」はきっと一番のオススメなんだろうね~。
長太郎7

そして、こちらも長太郎飯店さんの自慢の一品である「手づくり豚まん」!
長太郎8

この2品はわざわざ立て札でメニュー紹介してるから外せないね。


その他貼り紙のメニューと
長太郎9

黒板には「今日のランチ」の内容が書かれてるよ。
長太郎10



さ~今回はお店のアピールに忠実に注文しましたよ~。


先ず登場したのは「手づくり豚まん」
長太郎11

ちゃんと長太郎の「長」の字が刻印されてるね。

中はこんな感じで豚バラっぽいお肉が入ってるんだね。
長太郎12

皮はふっくらモッチリでお味は甘めの濃口醤油って感じかな~。

添えてあるマスタードを多めにつけて食べると更に美味しいよ!


続いて「長太郎セット」のギョーザ
長太郎14

この皮のカリカリ感が伝わるかな~。
長太郎15

おっこれはバカ旨だ!
長太郎16

餡はそれほどジューシーって訳じゃないけど、このニンニクとニラのバランスが美味しいんだよ。


そして「長太郎セット」のラーメンと半チャーハン
長太郎17

ラーメンの具は至ってシンプルで、チャーシュー、メンマ、海苔、白ネギと青ネギ
長太郎18

チャーシューはちょっと硬めでどちらかというとハムっていうか燻製ぽかったな~。

麺は極細のストレートで、スープはちょっと甘口の醤油味で昔ながらの中華そばだよ。
長太郎19

こういったシンプルなラーメンが一番好きだよ!


こちらは半チャーハン
長太郎20

チャーハン本来の塩胡椒の味付けに隠し味のバター風味がほんのりと香ってなかなか美味しいよ。
長太郎21



そしてもう一品は、今日のランチ!

「みそラーメンと小ライス」
長太郎22

「長太郎飯店」さんはボリュームのあるランチが売りでいつもだとおかずがもう一品つくみたいなんだけど

みそラーメンは原価が高いから今日はおかずがついてないみたい。


見てよ、味噌溶き系のみそラーメンだよ。
長太郎23

まさか味噌溶き系ラーメンに出会えるとは思ってもいなかったからビックリだよ。

私の知ってる限りだと味噌溶き系を提供してるのは、川しん、一元系、ミックスくらいだからね。

具はモヤシ、コーン、豚バラ、玉ねぎ、ニラ、青ネギ、バター1片
長太郎24

お好みで味噌を溶きながらいただくんですよ。

麺はこちらも極細のストレート麺だね。
長太郎25

う~ん、これまた旨い!

この味は、まさに「一元」そのものじゃないかな~?


いや~こちらの「中華 長太郎飯店」さんですが、実にすばらしい!ワンダフルッ!だよ。

何を食べても全て美味しいし、なによりもCPの高さに驚きだよ。

出された時あまりの量の多さに小食な私は完食できるか心配でしたよ。

きっと家族総出で営まれている地元密着型のお店だから、作ることに集中してお客さんが入ってきても

気がつかなくてちょっとくらいほっぽらかしなんてのはご愛敬だよ。

丸椅子に座ってじっと待ってれば、その内に気の優しそうなおじいさんがテーブルを片付けて案内して

くれるからね。

次回は、おかずがついたガッツリ系のお得なランチを食べてみたいな。


中華 長太郎飯店(ちょうたろうはんてん)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。