新東名高速道路『NEOPASA(ネオパーサ)浜松』

「NEOPASA(ネオパーサ)」情報第2弾です!

今回は、新東名高速道路の『NEOPASA(ネオパーサ)浜松』です。


実は今回、東名清水I.Cから高速に乗って清水JCT-新清水JCTを経て新東名の下り線に入り、三ヶ日JCTで
Uターンして東名静岡I.Cまでグルッと一周激走してきました。
私の車は軽自動車でETCが搭載されてないので450円かかりましたが、ETC搭載車なら割引でもっと安く一周
できます。

この内容も記事にしようかと思ってるんですが、如何せん写真が多くなるので悩んでます。
もしかするとボツになるかもしれませんが。(>_<)


さて、「NEOPASA浜松」は楽器の街、浜松にふさわしく「音のある風景」をコンセプトとし、建物はピアノの
鍵盤をイメージしたデザインなんです。

NEOPASA(ネオパーサ)浜松 下り線
新東名浜松SA1

下り線の施設案内図
新東名浜松SA2

フードコートの風景
新東名浜松SA3

ミュージック・スポット
新東名浜松SA4

音がテーマの憩いのスペース。
さすが楽器の街「浜松」だね、ローランドの楽器が並んでたよ。


家康の天下統一への足がかりとなった浜松城にちなんだ「出世大名家康君あんぱん」
新東名浜松SA5

他にも、餃子やうなぎといった浜松にちなんだオリジナルのパンがありましたよ。


こちらは大型車駐車場側の入口です。
新東名浜松SA6

テイクアウト店
新東名浜松SA7

遊び場
新東名浜松SA8

敷地内には遊歩道もあるんです。
新東名浜松SA9

疲れた時は一周して気分転換できるね。
新東名浜松SA10

遊歩道の先にある展望広場からは「NEOPASA(ネオパーサ)浜松 上り線」が望める。
新東名浜松SA11

ちょうどこの丘の真下、この展望広場と「NEOPASA(ネオパーサ)浜松 上り線」の間を本線が走っている。

「NEOPASA(ネオパーサ)浜松 上り線」は黒を基調とした建物に鍵盤があって、まるでピアノみたいだね。
新東名浜松SA12

最後に風力発電の風車をバックに。
新東名浜松SA13


さて、今回立ち寄ったこちらの「NEOPASA(ネオパーサ)浜松」ですが、思ったほど混んでなくてすんなり
入れました。
時間帯もお昼をちょっと過ぎた頃だったので、SA(サービスエリア)に入るにも渋滞するだろうな~って
覚悟してたんですけどね。
まさか開通から1週間経ってもう熱が冷めたとか?
それとも今週末からはじまるGWに利用してみようと思ってるのかな。

あと、高速道路の本線からこのSA(サービスエリア)に入る手前辺りから下り坂になってるんですが、道路が
一直線に伸びて下ってるので景観がいいですよ。
でも「NEOPASA(ネオパーサ)浜松」に寄ろうとすると、その景観を十分楽しめないのが残念なんです。

ですから、次回新東名下り線を利用する時は「NEOPASA(ネオパーサ)浜松」に寄らずに本線を直進したいと
思います。


NEOPASA(ネオパーサ)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。