慶徳(静岡市清水区)

  • Day:2012.04.24 20:15
  • Cat:蕎麦
3月14日にオープンするという新聞折り込みが入っていて、行かなくてはと思っていたんですが、やっと行って
きました。お蕎麦屋さんの「慶徳」さんです。

慶徳1

場所は国道1号線沿いで、静岡側からだと清水区七ツ新屋の交差点を越して一つ目の信号機手前の右側です。
以前、坦々麵で有名な「花いち」があった場所です。

純和風の落ち着いた佇まい。
慶徳2

暖簾を潜るとなかなかお見事な庭園があります。
慶徳3

店内はカウンター席とテーブル席
慶徳4

そして座敷席
慶徳5

最初に結構濃い~めの緑茶が出されます。
慶徳6

美味しかったのでお替わりしちゃいました。


さてメニューはこちら。
慶徳7
慶徳8
慶徳9
慶徳10
慶徳11
慶徳12
慶徳24

先程の庭園がテーブル席からも観られます。
慶徳13

たまたま一番いい席に座らせていただきました。


注文した後、先ずはせいろの薬味とつけ汁が準備されます。
慶徳14

山葵を摺り下ろしながら待ちます。


さて今回注文したのは、

「鴨せいろ(そば)」
慶徳15

星があってなかなかいい顔してますよ~。
慶徳16

ソバの風味は若干欠けるがなかなか腰があって噛み応えがある。


つけ汁
慶徳17

若干甘めですが濃口でいい味です。


鴨肉
慶徳18

まずまず鴨の風味を味わえます。
カモってホント美味しいよね~。


そしてもう一品は、

「小えび天種せいろ(そば)」
慶徳19

せいろ
慶徳20

具は、小えび4尾、ナス、獅子唐、カボチャです。
慶徳21


そして、なかなか美味しいせいろだったのでお替わりしちゃいました。
慶徳22

お替わりのせいろは400円なのにちゃんとつけ汁と薬味も持ってきてくれました。
ですので、折角なので半分をカモ汁で、もう半分をつけ汁でいただきました。


最後にサラサラ系の蕎麦湯で〆て、ご馳走さまでした~。
慶徳23


さてこちらの「慶徳」さんですが、お蕎麦もなかなか美味しいし、お店の雰囲気もよかったですよ。

ただ、入店する前からっていうか建物を見た時からず~っと、おや~う~んって感じがずっとしてたんです。

それでやっと気が付いたんですが、どうも男性スタッフ2名と女性スタッフ1名の方を見たことがあるんですよ。
どこで見たんだろ~って考えた末にわかりました。
駿河区小黒にある「八兵衛」さんで見た人だったんです。

そこで改めて見渡してみますと、お店の雰囲気といい、庭園のコンセプトといい、まさに「八兵衛」-「神楽」の
ラインを継承していることに気付きました。
なにかモヤモヤと引っかかるものとはこれだったんです。

お店の外観、厨房とカウンター席とレジ廻りの造り、女性スタッフの甚兵衛さんユニフォームと元気の良さは
「神楽」譲りですね。

メニュー、そば猪口の絵柄、座敷席の衝立、日本庭園、テーブル席の椅子が後ろの人と兼用は「八兵衛」譲り
だね。

きっと見覚えのある男性スタッフの方が「八兵衛」から独立したんでしょうね。

あと、写真を撮らせていただいていると気さくな店員さんが話しかけてくれて、“なんてタイトルのブログなん
ですか?”って聞かれましたけど、恥ずかしかったのでタイトル言えませんでした。
そしたら“今度検索してみますねっ”って言ってくれたけど見てくれたかな?
あのときは、ごめんなさいね。(>_<)

また来ますね~。


慶徳
静岡市清水区七ツ新屋2丁目1-63
TEL 054-348-6052

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。