手打そば しながわ翁(東京都品川区)

  • Day:2015.02.14 21:17
  • Cat:蕎麦
またまた出張先で訪れたのは、品川区北品川にある「手打そば しながわ翁(おきな)」さんです。
手打そば しながわ翁1

店名からもお察しの通り、こちらのご主人はあの蕎麦名人としても有名な高橋邦弘氏を

師に仰ぎ、「翁」の称号を引き継いでこちらにお店を出されました。

それにしても、高橋邦弘氏のお弟子さんは何人もいらっしゃる中で、「翁」の暖簾を掲げる

お店は数えるほど。

私も翁系譜のお店としては県内で3店舗伺ったことがありますが、“翁”を訪れるのは初めてです。


場所は、JR品川駅から歩いて10ほどのところ。

品川にもこんな庶民的な場所があるんだ~と感じさせる通りにひっそりと佇んでいます。

そうそう、そう言えばなんでもミシュラン2015にも選ばれたんだとか。

私もとうとうミシュラン認定店に行くほどになったか(笑)





ということで早速暖簾を潜れば、店内は至って庶民的な雰囲気です。
手打そば しながわ翁2

ミシュラン認定店ということですが、堅苦しさはまったくないですね。

間口が狭い分、奥に細長い店内に客席はテーブル席2人×5に4人×2と、こぢんまり。





さて、早速おしながきを拝見。
手打そば しながわ翁3

手打そば しながわ翁4

手打そば しながわ翁5

手打そば しながわ翁6

「翁」系というとお蕎麦は「ざる」と「田舎」しかないお店が多いのですが、こちらはお蕎麦の

種類も豊富です。

しかも、嬉しいことに蕎麦前メニューまでも^^





ということで、先ずは日本酒をいただきます。
手打そば しながわ翁7

お通しには昆布と椎茸の佃煮





そして「しらすおろし(辛味大根)」
手打そば しながわ翁8

赤み掛かった大根おろしがピリッと日本酒に合います。





お銚子をもう1本お願いしつつ、続いては「月見とろろ」を。
手打そば しながわ翁9

青のりをまぶしたとろろが風味もよく、これまた良いアテです。






それではここで、もりそば「ざる」をいただきます。
手打そば しながわ翁10

やはり粋にサクッとお蕎麦をいただかなくてはいけませんよね^^

先ずは薬味が準備され、その後笊が運ばれてきます。

手打そば しながわ翁11

なるほど、見た瞬間に翁系の蕎麦だと思わせるキリッとした蕎麦。

そして、エッヂもしっかり立っていて凛々しさを感じます。

手打そば しながわ翁12

では、早速手繰りあげます。

ソバの香りは控えめですが、コシと喉越しはやはり最高ですね。

そして、噛んだときの弾力もよく、ソバの甘味がお口に広がります。

つけ汁は辛口の中にも甘味が感じられ、甘すぎず辛すぎずといった感じで、

ダシもしっかりと効いていて蕎麦との相性もいいですね。

手打そば しながわ翁13

途中からは、このために敢えて残しておいた「月見とろろ」でもお蕎麦を味わいます。

これはもういうことありませんね。

なんて粋なんでしょうか^^





最後に白濁した蕎麦湯をいただいてまったりと。
手打そば しながわ翁14

お店は、40代前半と思われるまだ若いご主人が営まれていました。

場所柄もあってか、お客さんもみなさんお上品で蕎麦の食べ方をちゃんとわきまえた方

ばかりでした。

手打そば しながわ翁15

私も周りに見習って長居せず、今回ばかりは粋に振る舞えたのではないでしょうか(笑)

今日は美味しいお蕎麦をご馳走様でした。


しながわ翁

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。