コックさん(静岡市葵区)煮込みハンバーグ&スパゲティーイタリアン

  • Day:2014.12.01 20:17
  • Cat:洋食
葵区丸山町にある店名が可愛らしい洋食屋さん、その名も「コックさん」でランチしてきました。
コックさん1

場所は麻機街道沿いで、静岡浅間神社の隣に位置します。

駐車場はお店の前に基本4台分です。





さて、店内はこんな感じ。
コックさん2

入口を入ると、正面のL字カウンターに5席


そして左手窓際にテーブル席4人×2と2人×1、フロアー中央のローテーブルに4席

コックさん3

洋食屋さんというよりは昔ながらの喫茶店という雰囲気で落ち着けます。





では、早速メニューを拝見します。
コックさん4

ハンバーグを中心にビーフシチューやサーロインステーキなど洋食屋さんメニューが豊富です。

そして、大方のランチメニューには日替わりスープ、ライス、コーヒーがつきます。





注文を済ませると、先ずやってきたのは日替わりスープ
コックさん5

この日のスープはオニオンスープ。

カップスープを想像していましたが、しっかりとコース料理風にお皿で出され、しかもかなり

たっぷりめでこれは嬉しいです。

そのスープはシンプルながら余りの美味しさにあっという間に飲み干してしまいました。





続いてはサラダ
コックさん6

やや酸味の効いたドレッシングです。





そしてメインの登場。

注文したのは「煮込みハンバーグ」と「スパゲティー イタリアン」
コックさん7

なんでも、こちらの「コックさん」ではこの「煮込みハンバーグ」が一押しなんだとか。

その「煮込みハンバーグ」には、日替わりスープ、ライス、サラダ、コーヒーが付きます。

「スパゲティー イタリアン」には、日替わりスープ、サラダがついてコーヒーはつきません(>_<)





先ずは煮込みハンバーグ
コックさん8

ナイフを入れると肉汁が飛び散るほどに溢れ出てきます。

これはすごいですよ、なんという肉汁でしょう。

早速一口頬張れば、ハンバーグはもちろんジューシーで美味しいです。

そして、ソースはデミソースかと思いきや、サラッと系の醤油ベースソース。

そうはいっても、そこにデミソースと赤ワインの風味をわずかに感じさせる味付けで

ハンバーグとの相性も良く、なんともクセになる美味しさです。

さらに付け合せのポテトも私好みのグリル加減がいい食感です。






そしてもう一品のスパゲティーイタリアン
コックさん9

失礼な話、最初に運ばれてきて一目見たときは、焼きそば?かと思っちゃいました(笑)

もちろんネーミングからしてトマトソースのパスタをイメージしてましたからね。

そのスパゲティーは、しっかりと炒められたエビ、キノコ、玉ねぎ、ピーマンを混ぜ合わせたもの。

お味の方は、煮込みハンバーグと同じ醤油ベースのデミソースの味付け。

2品とも味がかぶってしまいました(>_<)

これなら素直に「ナポリタン」を頼んでおけばよかったかもしれません^^





そして食後のホットコーヒー
コックさん10

大きめのカップに注がれたコーヒーを仲良く二人でシェア^^


さて、お店は品のあるおばあちゃんお二人、それと厨房の様子はうかがえなかったですが

シェフの3名で切り盛りされていると思われます。

客層は殆どの方が常連さんという感じで、何れも中年以上のご年配の方が多かったです。

その様子を見ていれば、長年愛され続けたお店であることがよく分かります。

どうかこれからもずっと頑張ってもらいたいですね。


コックさん

Comment

コックさん
始めまして、時々、貴ブログを読ませてもらっています。

このコックさん、40年ほど前、青葉通りに在ったアントニオと
いうレストランで働いていたコックさんだと思います。

今年の正月に廃業した馬渕の「キッチン源」もそうでした。

アントニオのオーナーと友人なので書いてみたくなりました。
http://white.ap.teacup.com/something/1586.html

サムシング田中さんへ
お久しぶりです。
以前にもコメントをいただいたことがあり、いつもご覧下さり
ありがとうございます。

40年ほども前ということで、みなさんアントニオさんから
巣立ったコックさんなんですね。
歴史を感じさせるこういった個人店にはこれからもずっと
頑張ってもらいたいものです。

今回は貴重な情報をありがとうございました。
  • 2014/12/02 12:39
  • chibideka
  • URL
Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。