そば処 まつかね(静岡市清水区)

  • Day:2014.11.25 20:53
  • Cat:蕎麦
急遽目的地を変更して訪れたのは、清水区由比町屋原にある「そば処 まつかね」さんです。
そば処 まつかね1

場所は、旧東海道から浜石岳に登るハイキングコースの途中にあります。

正直言うと、この日はこの先にある「そば処はまいし」さんへお邪魔するつもりだったのですが、

こちらのお店の前を通ると、道路沿いに幟旗が立てられていて運良くお店が営業していたので

急遽行き先変更で「そば処 まつかね」さんを訪れた次第なんです。

というのも、こちらの「そば処 まつかね」さんは日曜日のみの限定営業ということで、

今まで何回か浜石岳に登る際お店の前を通るのですが、なかなかご縁が無くて営業日に

巡り会えなかったんです。


ということで、早速駐車場を探しますが見当たりません。

するとちょうどタイミング良くお店のおばちゃんが出てこられたので駐車場の場所をお聞きすると

親切にも案内してくれました。

駐車場はお店の裏手で、ちょうど「最明寺」というお寺さんの駐車場の奥になります。

看板でも立ててくれるとありがたいのですが、ちょっと分かりづらいです。





さて、駐車場に車を止めてお店へ。
そば処 まつかね2

店内はこんな感じで、手作り感のある天然木の輪切りテーブル席や切り株風の椅子などもあり、

山小屋風のよくある山の直売所的な感じです。

その小上がり4席と土間の8人×1、2人×1のテーブル席はほぼ満席状態。

私たちは相席のような形で8人掛けのテーブル席へ案内されました。

客層は、おばちゃんとの会話から察するに殆どが近所の方のように見受けられましたが、

他所から来られたであろうお客さんも一組いらっしゃいましたね。


席に付くと“お茶はセルフでお願いしますね~”とおばちゃんが湯呑みを持ってきてくれます。

そして、お茶を煎れているとそこに“はい、どうぞ~。これを先に召し上がってて下さいね~”

と出されたのは、はすがら、せんなり、ヤーコン、杏仁豆腐の4種類のおばんざい。
そば処 まつかね4

突然の振る舞いに戸惑いながらも、では遠慮無くといただけばこれがお茶うけとして最高で、

というかお酒が欲しくなるほどの美味しさなんです。

中でも特に美味しかったのが、この茶色く煮込まれた「はすがら」でした。

もちろん、出されたときは杏仁豆腐以外は何という食材なのかまったく分かりませんでしたが、

美味しくいただきながら“これは何ですか~”とお聞きすると、その言葉を待ってましたとばかりに

いろいろと親切に教えて下さいました。

ただ、この質問を投げ掛けたことがおばちゃんたちの社交心に火をつけてしまったのか(笑)、

それ以降話が弾む弾む(爆)






さて、そんなこんなでいろいろと楽しくお話しをしていると、厨房を担当しているおばちゃんが

一区切りしたところで注文を取りに来てくれます。

どうやら各々おばちゃんには、料理担当、おばんざい担当、蕎麦打ち担当など、それぞれ

各人の役割があるようですね^^

さて、お店のメニューはこちら。
そば処 まつかね3

どうです、メニューはシンプルですがどれもとっても安いですよ。





そして、今回注文したのは「天ざる」
そば処 まつかね5

もちろんおそばと天ぷらの盛り合わせのセットで、そこに一緒に注文した「桜エビ入り天むす」が

2個乗っています。




さて、おそばは黒くて太く、まさに田舎そば。
そば処 まつかね6

早速いただけば、これがソバの香りがしっかりと感じられて、さらにコシも強くとっても美味しいです。

山葵と青ネギは天ぷら盛り合わせの下に隠れてますので、かき分けて薬味を投入。

次いで、やや甘めの汁にそばを浸していただけば、申し分なしですね。




そしてこちらが天ぷらの盛り合わせ。
そば処 まつかね7

どうです、てんこ盛り状態でいったい何点盛ってあるのか分かりません。

この日の天種はカボチャ、ヤーコン、明日葉などなど畑で採れた今が旬の野菜に、

もちろん由比ですから桜えびのかき揚げもちゃんと下に隠れていましたよ。

しかし、これで600円とは改めて驚きでした。






そしてこちらは「天ぷらそば」
そば処 まつかね8

こちらも「天ざる」と同様の天ぷらがどっさりとのってますからとってもボリューミー。

そば処 まつかね9

お汁も私好みの濃口で美味しかった~。

熱々で身体も暖まりますよ。





そして「桜エビ入り天むす」
そば処 まつかね10

こちらの「天むす」はお店入口を入ったところにある笊にラップに包まれて売られていました。

ですから、ご近所の慣れた常連さんなどは入店と同時に勝手に笊から持ってきて、おそばを

待ってる間におばんざいと一緒にいただいて、あとで自己申告って感じでしょうか^^

その「天むす」は、桜えび入りの炊き込みご飯が風味もよくバカ旨。





そうこうしていると、なんとさらにもう一品持ってきて下さいました。

こちらはシソの実
そば処 まつかね11




そして更に、生ヤーコンのシソの実添え
そば処 まつかね12

こちらの紫蘇は上のものとは違ってお酢に漬けたものだとか。

これはご飯にも合いますし、もちろんお酒のアテにも最高ですよ。

ホント、白飯か日本酒が欲しくなりましたよ(笑)




最後は蕎麦湯まで出してくれました。
そば処 まつかね13

これがまたつけ汁とよく絡んで美味しかった。


その後は、ちょうど畑から採ってきたという珍しい野菜をわざわざ持ってきて見せてくれるやら、

たいそう盛り上がったとさ(笑)

そして、終いには裏の畑まで案内してくれる始末。

ちなみに、一番奥に写っているおっきな葉っぱのものが、

おばんざいで一番美味しかった「はすがら」です。
そば処 まつかね14

さて、こちらのお店は地元の仲良しおばちゃんが共同で運営しているお店とのこと。

この日いらした4名のおばちゃんはみなさんとっても明るく元気で親切でお話好きで・・・

お陰で普段聞いたことも食べたこともない食材を堪能させてもらいました。


そんなこんなで、すっかり長居をしてしまいました。

そろそろお勘定をお願いすれば〆て1,440円なり。

注文の品以外にもあれやこれやといろいろ出していただいて、それでこのお値段ですからね。

しかも、帰りがけになんとはすがらの葉っぱとシソの実をお土産に下さいました。

ということで、心も身体も暖まって、お腹もポンポンで大満足でした。

なんと言っても、田舎の素朴で温かみのある雰囲気が何とも最高でしたね。

これからもちょくちょく寄らせていただきますね~。

今日は本当にご馳走さまでした~。


そば処 まつかね

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。