大衆酒場 多可能(たかの)(静岡市葵区)

  • Day:2014.10.05 16:05
  • Cat:呑み
大正12年創業の静岡が誇る老舗居酒屋、葵区紺屋町にある

「大衆酒場 多可能(たかの)」さんで一杯やってきました。
多可能(たかの)1

場所はご存じ両替町通り沿いで、静岡パルコ裏口横です。





引き戸を引いて店内に入れば、なんとも老舗感漂ういい雰囲気のカウンター8席
多可能(たかの)2

それにしてもゴージャスな生け花が飾られてますね^^


そして、カウンター前にテーブル席4人×2と小上がり席4人×3、奥が座敷席で30席ほど

あるんでしょうかね。

多可能(たかの)3

今回は早めの入店でしたがやはりカウンターは常連さんで埋まっていました。

残念(>_<)





さて、先ずは「生ビール」です。
多可能(たかの)4

生はアサヒとキリンがあるとのことで、アサヒをチョイス。

お通しには茹で落花生と沢庵?





さて、メニューを拝見
多可能(たかの)5

多可能(たかの)6

品数も豊富でどれも手頃なお値段です。

もちろん、これ以外にもカウンター越しの壁に木札がズラリと並んでいます。





先ず頼んだのは「〆さば」
多可能(たかの)7

こちらでは生姜でいただくのですが、これが以外にも隠れた一品なんです。

注文した後、ご親切にわざわざ板場からご主人が席までいらして、ちょっと赤っぽいけど大丈夫?

と声を掛けていただきました。

その〆さばですが、そうなんですよ〆加減が絶妙なんですね。

余りの美味しさに、実はこのあともう一皿お願いしたほどです^^





串焼「レバー、タン」
多可能(たかの)8

レバーはタレで、タンは塩でお願いしました。





ここで日本酒「地酒『萩錦』」
多可能(たかの)9

「多可能(たかの)」さんでは地元の「萩錦」を扱っています。

普通と辛口と両方ありますが?という問いかけに「辛口」をお願いしました。

何だかいろいろと気を遣ってくれてとっても親切です。

その日本酒は冷酒ではなく冷(常温)です。

やはりこういう大衆酒場では安酒をいただくのが絵になりますね^^

良い酒は似合いません^^





「揚げ出しとうふ」
多可能(たかの)10

豪勢にもナス、シイタケ、シシトウ、カボチャも添えられてます。

これがまたいいつまみになる。





「ながらみ」
多可能(たかの)11

身が大ぶりで、味も濃く、食感も最高です。

この後、もう1本お銚子をお願いしてお勘定です。



いや~何とも雰囲気の良いお店でした。
多可能(たかの)12

これほどの歴史のあるお店にも係わらず、ご主人も先代も全くおごることなく、とっても腰が低くて

好印象です。

美味しい酒肴もしかりですが、こういった接客の姿勢も長年愛され続けている理由なんでしょうね。

今日はどうもご馳走さまでした。

今度はもっとゆっくりとお邪魔しますね。


大衆酒場 多可能(たかの)

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。