石碾蕎麦 おもだか(沼津市)粗挽き&微粉

  • Day:2014.09.30 20:00
  • Cat:蕎麦
この日は少し遠出をして、沼津市岡宮にある「石碾蕎麦 おもだか」さんを訪れました。
石碾蕎麦 おもだか1

それにしても難しい“碾く(ひく)”という字を使ってますね~読めませんよ^^

場所は、沼津東高校からも近い住宅街の中にあり、これはさすがにナビがないと辿り着くには

ちょっと厳しいかもしれません。

そして、ご近所にはこれまた人気のおそば屋さん「ふく田」さんもあって、この辺りはなかなか

いい蕎麦屋が密集しています。





さて、お店は玄関を入ると沓脱ぎがあり、そこで靴を脱いで上がります。
石碾蕎麦 おもだか2

何とも純和風で格式の高さを感じますね。


そして、引き戸の奥はこんな感じ。

石碾蕎麦 おもだか3

手作り感のある可愛らしいテーブル席が4人×1と2人×2、それと小上がりの段差を

上手く使ったカウンター6席にお座敷4席。

その決して広くない店内にゆったりとしたテーブル配置、そしてとっても清潔感があります。

石碾蕎麦 おもだか4

そして、玄関から沓脱ぎまでは和の趣だったのですが、こちらの部屋はなんと言いましょうか、

ログハウス的な雰囲気が木の温もりと落ち着きを感じさせてくれます。





さて、おしながきはこちら。
石碾蕎麦 おもだか5

品数は少なく実にシンプルです。

このお品書きをみれば蕎麦への拘りを感じるとともに、期待も膨らみます。



お蕎麦は“粗挽き”と“微粉”の2種類から選べるということで、それぞれ1枚づつお願いしました。



さて、こちらは「もり 微粉」
石碾蕎麦 おもだか6




蕎麦はかなりの細打ちで、エッヂもしっかり立っています。
石碾蕎麦 おもだか7

ソバの香りはまずまずで、細打ちながら弾力があります。

微粉ということもあってか、ツルッと滑らかで喉越しもいいです。






そしてこちらが「もり 粗挽き」
石碾蕎麦 おもだか8




さすがに穀物を感じさせるいい表情です。
石碾蕎麦 おもだか9

ソバの香りは「微粉」とそれほど変わりませんが、こちらはさすがにモチッとした噛み応えが

あります。

石碾蕎麦 おもだか10

つけ汁はなかなかピリッと引き締まった辛さです。

この汁には「粗挽き」の方が合うと思いますね。

薬味の山葵と白ネギにも手を抜いていません。





そして、今回は折角なので「野菜の天ぷら」もいただいてみました。
石碾蕎麦 おもだか11

天種は、舞茸、蓮根、シシトウ、さつまいも、ナス。

やや衣が多めで、サクッというよりカリッとした食感でしたが

お塩でいただいて美味しかったです。





最後に蕎麦湯をいただき、ご馳走さまでした。
石碾蕎麦 おもだか12

客層は意外にも20代の若い方が多かったですね。

そして、お客さんの大半が「二種もり」を召し上がっていました。

石碾蕎麦 おもだか13

お店は中年のご夫婦と娘さん?の3名で切り盛りされており、

奥さんの接客はとっても丁寧で好印象です。

石碾蕎麦 おもだか14

そして、ご主人が丁寧な仕事をされている分おそばの提供には少し時間がかかりますが、

室内の落ち着いた空間がそれほど時間を感じさせません。

私たちがお店を出る頃には、外の沓脱ぎで順番待ちをしているお客さんもいらっしゃいました。

やはり人気のお店なんですね。

今日はご馳走さまでした。


石碾蕎麦 おもだか

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。