名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店(東京都港区)

  • Day:2014.09.21 17:41
  • Cat:蕎麦
東京都港区虎ノ門にある明治5年創業の老舗の蕎麦屋、

「名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店」さんで粋に一杯やってきました。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店1

場所は、なんと回りにはビルが建ち並ぶオフィス街。

ビルの谷間に突如現れる純日本風の風格ある店構えの老舗蕎麦屋を目にすれば、

まるでここだけ時間が止まったかのような錯覚を覚えます。



さて、言わずと知れた東京で老舗のそば屋というと、「藪」、「更科」、「砂場」が江戸三大蕎麦。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店2

「砂場(すなば)」とはちょっと変わった名前ですが、大坂城築城の際に資材用の砂置き場で

営業していたことに由来するようです。

その「砂場」系の中でも長い歴史を誇るのが、こちらの『大阪屋 砂場』さんなんです。

江戸にありながら“大坂屋”の屋号を記すのは「砂場」のルーツを表しているんですね。






では早速店内へ足を踏み入れると、歴史を感じる落ち着いた空間が広がります。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店3

入口左手には2階のお座敷へとつながる階段があります。

そして、1階は全てテーブル席。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店4

外観と比較するとやはり店内は改装されたんでしょうね。

昔ながらの雰囲気も味わってみたかったですが、それでも今も風格を感じますね。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店5

そしてどうでしょうか?1階は50席ほどはあるんでしょうかね。

そのせいか、花番さんもけっこういらっしゃいました。





では、早速お品書きを拝見。

こちらは、私のお目当てである蕎麦前のお品書き。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店6

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店7

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店8

お酒もなかなか貴重な物からお手頃な物まで種類も豊富。

さらに酒肴もなんともそそられるメニューがずらりと列んでます。



そして、こちらがおそばのお品書き。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店9

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店10

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店11

おそばも天種もなんとも季節ものメニューが豊富ですね。

しかも、天種が単品でいただけるというのも嬉しいですね。

これならお好きな天種にお好きなおそばを組み合わせることも楽しそうです。

なんだか目移りしてしまいますね。





さて、席につくと先ずは重厚なお膳がスタンバイされます。

そこに、お願いした「明鏡止水(純米大吟醸)」とお通しが供されるところがなんとも粋です。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店12

涼しげな徳利で供された純米大吟醸が770円というのは嬉しいです。



アテは昆布の佃煮。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店13

味がしっかり染み込んでいて旨いです。

これは日本酒に合いますよ。





そこに「板わさ」も登場です。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店14

板わさで日本酒をやるなんぞ粋ですね^^

ところでこの「板わさ」、面白いことに厚さが厚めと薄めの2種類あるんです。

なるほど、厚さの違いによってそれぞれ弾力が変わって、違った味わいを楽しめます。

そして、プリプリとした歯ごたえと噛めば噛むほど広がる旨みは、酒の肴としては最高です。

そこに、添えられたほうれん草のお浸しもこれまた旨し。





「玉子焼き」
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店15

なるほど、敢えて出し巻きではなくてこれは関東風というタイプですね。

甘すぎず辛すぎず上品な味わいで、ふっくら柔らかで美味しいです。





「焼き鳥(3本)」
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店16

返しがベースの特製たれが深みのある味わいで実に旨いですね。

そこに七味唐辛子をまぶして、白髪ねぎと一緒にいだたけば、なんと至福のひとときでしょう。





ここで「枡酒 米川」
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店17

こちらの枡酒は、なんとも粋に塩とともに供されます。

それではということで、塩を升の淵にちょいと乗せていただけば、なんとも幸せな気分になります。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店18

いや~、なんだか本当の酒飲みになった気分ですね^^

お酒に酔って、枡酒で粋に一杯やっている自分にも酔ってしまいます(笑)






ということで、ほろ酔い気分になったところで、

お声がかりでいただいたのは「もりそば」。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店19

なんだかこれまた風格を感じる蕎麦です。

そのおそばはしっかりとソバの香りを感じます。

入口には既に「新そば」の貼り紙がありましたから、早くも新そばを先取りですね。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店20

そのそばは、細打ちで白く艶やかなそばです。

早速一口手繰れば、なんとも瑞々しく、またコシもあって喉越しが最高です。

いや~実に旨いです。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店21

つけ汁は関東にしてはやや甘口でしょうか。

しかし、しっかりと出汁が効いていて、この蕎麦とはバランスがとれていると思います。

〆のそばもズズズッっと粋に手繰り上げて、あっという間に完食です。





最後に蕎麦湯をいただきまったりと余韻に浸ります。
名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店22




帰りがけ、お二階のお座敷を見せて下さいと、軽い気持ちで女将にお願いすると

なんと、わざわざ花番さんに指示をして案内までして下さいました。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店23

なんとも恐縮でしたが、こういったところにも老舗の風格が伺えました。


歴史のある老舗のおそば屋さんで一杯いただいたあとにおそばを手繰る。

女将さんは意外にもドレスをまとい凛々しい立ち振る舞い。

そして、花番さんの接客もとっても丁寧で目配りがいきとどいていてとっても感じがよく、

居心地も最高でした。

名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店24

お陰でなんとも贅沢なひとときを過ごさせていただきました。

機会があれば是非ともまた伺いたいお店です。

今日はご馳走さまでした。


名代 虎ノ門 大坂屋 砂場 本店

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。