辰金支店(静岡市葵区)うな重

土用の丑の日に鰻を食べそびれてしまったので、遅ればせながら伺ったのは

葵区東草深町の長谷通り沿いにあるうなぎ屋さん、「辰金支店」さんです。
辰金支店 うな重1

こちらの「辰金」さんは、今では「ソースかつ丼」や「おふくろの味定食」などが有名のようですが、

本来はれっきとした老舗のうなぎ屋さんなんですよ。


駐車場はちょっと狭いですがお店の前に2台分と、あとはお店向かいの月極駐車場に5台分の

計7台分あります。





早速お店に入ると、店内はこんな感じ。
辰金支店 うな重2

入口を入った右手は少しモダン調な雰囲気で、カウンター5席とテーブル席4人×2、2人×1


そして私たちが通された左手には昔ながらの小上がりが4人×4、2人×1
辰金支店 うな重3

あとは2階にもお座敷があるようです。


さて、席に付くと早速お茶とおしぼりを出していただきました。

注文の品は既に決まっていましたので、メニューを見ながらお目当ての鰻を注文します。
辰金支店 うな重4

辰金支店 うな重5

辰金支店 うな重6

辰金支店 うな重7

その他のメニューを見てみると、うん確かに本業よりは定食系が目立ちますね^^

あと、おつまみ系の一品料理なんかも充実してましたよ。






そしてこの日いただいたのは「うな重 中」
辰金支店 うな重8

実は「うな重 上」との500円の違いが気になりましたが、今回は「中」としました^^

若干小ぶりではありますが、なんのなんの2,000円としては上出来の大きさでしょう。

ちなみに、一般的には松・竹・梅ですが、こちらでは特上・上・中のランク分けです。




さてそのうなぎは、焼き加減、タレの照り加減もたまりませんね。
辰金支店 うな重9



早速一口いただけば、ふんわりとした食感が美味しいです。
辰金支店 うな重10

鰻は関東風の背開きで、秘伝のタレはちょっと辛めの江戸風です。

この甘さを控えた秘伝のタレがあっさりとしていてとっても美味しいです。

辰金支店 うな重11

それにしても、なんと贅沢なことでしょう^^

ホント今時2,000円でこれほどのうな重をいただけるとは嬉しい限りです。

辰金支店 うな重12

お店はとっても庶民的で落ち着けますし、上品な客層もいいですね。

おばちゃんも腰が低く、ちゃんとお茶のおかわりにも気遣ってくれます。

辰金支店 うな重13

ちょうどこの日、法事のあとのお斎(おとき)に団体さんが訪れてましたが、鰻もいいかな~と

つくづく思いましたね^^

個人的にはちょっと遅い土用の丑の日でしたが、美味しい鰻をいただいて、これでお盆休みまで

なんとかがんばれそうですね^^

今日はどうもご馳走さまでした。


辰金支店

Comment

Comment Form
公開設定

Trackback


→ この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。