TRATTORIA IL Paladino (トラットリア イル・パラディーノ)(静岡市葵区)

久しぶりにお散歩がてらおまちに繰り出し、ランチは葵区鷹匠にあるイタリアンのお店

「TRATTORIA IL Paladino (トラットリア イル・パラディーノ)」さんへ。
イル・パラディーノ1

場所は、鷹匠の秀英予備校の裏手になります。


お店は入口を入って奥に細長いレイアウトになっていて、手前がテーブル席で奥にカウンター席となってます。
イル・パラディーノ2

白を基調として木の温もりを上手に組み合わせた、とってもお洒落感のある店内はとってもステキですよ。


そしてこちらは、テラス席といっていいでしょうかね~。
イル・パラディーノ3

まだ今の季節なら爽やかな風と木漏れ日を受けて気持ちがいいかもね。



さて、今回私たちはカウンター席に通されました。

カウンター席はオープンキッチンになってるからシェフが調理してるところを見てるだけでも楽しいよ。
イル・パラディーノ4

個人的には断然カウンター席がオススメだね。


席に着くと、奥さんがランチメニューのボードを持ってきてくれました。
イル・パラディーノ5

ランチはA、B、Cと3コースありますが、一番お手頃なAランチの中から2種類を注文したよ。

Aランチでも前菜盛り合わせ、パスタ、パン、ドリンクが付いてるから申し分ないね。

本当はグラスワインを1杯いただきたかったんだけど、家に帰ってから車でお出掛けしなきゃならなかったので

今日は我慢です。


最初の運ばれてきたのは、前菜の盛り合わせ。
イル・パラディーノ6

タコとセロリのマリネ、カボチャのクリーム・・・内容を説明してくれましたが、覚えきれませんでした。
イル・パラディーノ7

彩りも鮮やかでそしてどれも美味しくて、ますますワインが欲しくなっちゃったよ。


パンもモチッとして噛み応えがあって美味しかったよ。
イル・パラディーノ8



前菜を食べ終わるのを見計らって、ちょうどよいタイミングでメインのパスタが運ばれます。

先ずは「トロトロ新玉ねぎとアンチョビのカリカリパン粉かけソース」
イル・パラディーノ9

アンチョビの風味より新玉ねぎのとろけるような甘味が勝ったソースがシンプルであっさりした味わい。
イル・パラディーノ10

パン粉を絡めると何て言うんだろう~、まるで揚げ物を食べてるかのような食感が面白かったよ。



もう一品は「ベーコンと夏野菜のピリ辛トマトソース」
イル・パラディーノ11

夏野菜の茄子とズッキーニの甘さとちょっぴり酸味の効いた大人のトマトソースとのバランスがいいね。
イル・パラディーノ12

お皿に残ったトマトソースはパンにつけて平らげました^^


そして食後のドリンクはエスプレッソをチョイス。
イル・パラディーノ13

やっぱりイタリアンの〆はこれに限るね^^


入口正面にある食器棚。このアンティーク調な食器棚我が家にも欲しいな~。
イル・パラディーノ14

さてこちらの「TRATTORIA IL Paladino (トラットリア イル・パラディーノ)」さんですが、実に

居心地のよいお店でしたよ。

お店の雰囲気はいいし、カウンター席はゆったりしてるし、何といっても奥さんの接客がいいですよ。

決して立ち入りすぎず自然な感じで気さくに声を掛けてくれるし、お冷やにも気を配ってくれていて

なくなるとすぐに注ぎに来てくれて私なんか3回も注いでもらっちゃった。

帰りもお店の外までお見送りに出てきてくれるしね。

そういえばこの奥さん、オーダーを厨房に伝えるときにイタリア語で告げてるんだよ。
(私はイタリア語が分からないのでホントにイタリア語なのかは不明ですけどね)

かっこい~っ!

ということで、まさにまた来たくなるお店でした。オススメです。


TRATTORIA IL Paladino (トラットリア イル・パラディーノ)
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。