とり福(静岡市駿河区)日替わり定食

お店の外観が、いかにも昭和のドライブインをイメージさせる雰囲気がずっと気になっていた、

駿河区小鹿にある「とり福」さんを訪問してきました。
とり福1

場所はSBS通りと大谷川放水路が交わるちょっと変則的な交差地の角になります。

しかし、角といっても若干奥まった場所に立地しているため意外と目立たなく、気付いている方も

意外と少ないのではないでしょうか?

駐車場はお店の前に5~6台分くらいはあると思います。





早速お店に入ると、店内はこんな感じ。
とり福2

想像していたのとはちょっと違った雰囲気で、入口正面にはいきなりカウンターが並びます。

そこには焼酎の一升瓶などがずらりと並んでいて、一見してこれは夜の部は居酒屋さんで

あることを確信します。

さらに、レジの裏手にはかなり広めな座敷席もありました。

とり福3

私は一人だったのですが、カウンター席もいい感じで埋まっていましたので、敢えてテーブル席へ。





では早速メニューを拝見。
とり福4

とり福5

とり福6

といっても、実は既に入口の黒板を見て、注文の品は決まっていました。

注文を済ませてから辺りを見回せば、客層は中高年がほとんどで、あとは作業着姿の方も

目立ちましたね。





さて、そうこうしているうちに時間もかからず登場したのは「日替わり定食(昼のみ)」
とり福7

店舗屋上にある看板には“やき鳥”の文字がありますが、日替わり定食のメニューは

意外にもお魚が中心。




「カツオ刺身」
とり福8

モチッとしたなかなか美味しいカツオですよ。

しかも隠れていますが岩海苔までついていました。




「ひとくちカツ」
とり福9

こちらも柔らかくて表面サクッと美味しいです。




「サバ糀漬け」
とり福10

これがまたしっかりと脂ののった鯖が絶妙です。




しかも「みそ汁」の具はアサリとワカメ
とり福11




そして、最近ではあまりお見かけしない今では懐かしい切り方の沢庵が美味しかった「香物」
とり福12

これほどのボリュームとバランスのとれたお弁当で、お味の方も650円とは全く驚きで

信じられません。

しかも、この「日替わり定食」は平日限定というわけではなく、土日も含め毎日やっているとのことで、

これは有難いサービスですね。

とり福13

ということもあってか、お客さんの大半が、いえいえ全員といってもいいのではないでしょうか。

全員がこの「日替わり定食」を召し上がっていましたよ。

これほどのコスパの高いランチは久しぶりでした。

今日はどうも御馳走さまでした。

これからもちょくちょく寄らせていただきますね。


とり福
スポンサーサイト

定食屋まるやま(静岡市駿河区)オムライス

もはや私のお気に入りの定食屋さんとなった、駿河区大谷にある「定食屋まるやま」さんです。
定食屋まるやま1

既に2回も訪問していることから定食系のボリューム感に関してはおおよその見当が付いて

きたのですが、まだ未知なる分野である丼物とか、カレーやオムライスといった皿系の物の

ボリューム感の見当がまったくつかないのだ。




ということで今回はその当たりを調査すべく、

「オムライス(サラダ付) 並」690円をお願いしてみた。
定食屋まるやま2

オムライスの種類には大、並、小の3種類があり、定食のご飯区分でいうところの並と小の

間に位置づけられる「中」という区分がないのです。

こちら「まるやま」さんでの並とは、“並外れた”の並ですから(笑)注意が必要なんですが、

そうはいってもさすがに小では少ないだろうと思い、悩んだ末「並」を注文してみました。

その「並」がこちら。

運ばれてくるや、やはり想像を超えたボリュームへの驚きと、食べきれるかの不安が

頭を過ぎりました(笑)

定食屋まるやま3

さて、その一般的なものと比べると優に二回りは大きいであろうと思われるオムライスには

想像とは違い、ケチャップではなく挽肉入りのデミソースがかかっていました。

昔ながらのケチャップのオムライスも大好きなので、いい意味でも悪い意味でも裏切られた

ような感じですかね^^

定食屋まるやま4

ではスプーンで一口大にカットします。

すかさずパクッ。

中のライスはケチャップ味で、ライスを包む玉子の半熟加減のトロトロさがいいですね。

そして、注目のデミソースは優しい感じの味付けで、ケチャップライスの味を殺さずに

お互いの味が主張しあえる、程よいバランスがいいですね。

付け合わせのポテサラやみそ汁が、デミソース味となったお口をリセットさせてくれ、

なんとか並外れたオムライスを完食することができました。

いや~それにしてもこの日もお腹パンチクリンで、またしても撃沈状態でしたよ。

おそるべし「まるやま」です。

今日も美味しいランチをご馳走さまでした。


定食屋まるやま

コトブキ食堂(静岡市清水区)カツ丼

お蕎麦屋さんを探しているときに偶然見つけたお店、

清水区港町にある「コトブキ食堂」さんです。
コトブキ食堂1

店先にはサンプルケースも飾ってあって、いかにも時代を感じますね。

場所はエスパルスドリームプラザからも近くで、エスパルス通りから1本路地を入ったところです。

駐車場は残念ながらなさそうですよ。





早速お店に入ってみれば、店内はこんな感じ。
コトブキ食堂2

客席はすべてテーブル席で、4人×5に2人×1です。

テーブルや椅子は昭和の時代を感じさせながらも、奥のテーブル席などはボックス席風の

ソファー席になっていて、開店当時にしてみれば意外とお洒落な雰囲気だったのではないで

しょうか。





それでは、早速メニューを拝見します。
コトブキ食堂3

メニューもいかにも食堂らしく、定食や丼物、カレーなどのご飯物がずらりと並んでいます。





その中から今回注文したのは「カツ丼」です。
コトブキ食堂4

早速丼の蓋をとれば、なんというお洒落感のあるフォルムでしょう。

これをカツ丼と呼んでいいものでしょうか。

これは、まさにポークピカタですね^^

コトブキ食堂5

揚げたとんかつを卵で包んだ、まさに洋風カツ丼という感じじゃないでしょうか。

そして、カツの衣と卵の層との間は見事なまでの半熟の層が覆っていて、これは凄ご技です^^

お見事!としか言いようがありませんよ。

コトブキ食堂6

では早速一口。

むむっこれは何という旨さなんでしょう。

今まで味わったことのないお洒落な感覚です。

コトブキ食堂7

見た目はもちろんですが、味も一般的なあの甘めの丼汁の味とは違ったソースが

美味しさを引き出しているんですね。

とにかくこれはオススメで、一度は食べてみて欲しい味です!

コトブキ食堂8

さて、お店は控えめな感じの奥さんと擦りガラスの奥で丁寧な仕事をされているご主人の

お二人で切り盛りされていました。

今日は、昭和チックでとっても落ち着ける素敵なお店をまた発見できました。

どうもご馳走さまでした。


コトブキ食堂
営業 11:00頃~14:00頃
日曜定休

ぜろ亭(静岡市清水区)レバニラいため定食

どことなく入りにくい感のあるお店、清水区鳥坂にある「ぜろ亭」さんへ行ってきました。
ぜろ亭1

場所は北街道沿いで、静清バイパスを潜った先にあるジョリパの向かいです。

この日、ちょうどお店の前を通り掛かるとお店の前に車が止まっていたので、

あっお客さんがいるっ!っということで便乗するかの如く思い切って入ってみた

次第なんです^^





早速お店に入れば店内はこんな感じ。
ぜろ亭2

カウンター7席、小上がりに4人×2、それとテレビ正面に特等席とも言える一人用テーブル席。

掃除の行き届いた清潔感のある店内は好印象。





そして、気になるメニューがこちら。
ぜろ亭3

ぜろ亭4

お店の外の看板を見て勝手に定食屋さんかと思い込んでいましたが、麺類などもかなり

充実しています。

ということで、どちらかというと定食屋さんというよりは中華屋さんなんですかね。



思惑が外れたということもあって何を頼もうかいろいろと悩んだんですが、

お腹は既に定食のお腹をしていたので今回は定食系メニューから

「レバニラいため定食」をチョイス。
ぜろ亭5

単品のレバニラ550円に、ごはん・しるもの・つけものがついて780円。

では中華スープでお口を潤してから、メインのレバニラをいただきましょう。

ぜろ亭6

大ぶりのレバーは炒め加減が絶妙で、なかなかの柔らかさ。

お味の方は、タレの色からすると一見濃いめに見えますが、意外や薄口の優しい味付け。

若干、卓上の塩コショウで自分好みの味に調節して、あとはレバニラ、白飯、レバニラと、

どんぶり飯が進みます。

次回は、お店の屋号も入ったおすすめの「ぜろ亭らーめん」をいただいてみたいですね。


ぜろ亭

定食屋まるやま(静岡市駿河区)とりから揚げ定食

あの味が忘れられなくて早々に再訪したのは、駿河区大谷にある「定食屋まるやま」さんです。
定食屋まるやま1

前回訪れたのはほんのついこの間のことですが、あのときの感動が蘇りますよ(笑)

そして、注文したのはもちろん、

「とりから揚げ定食」です。

定食屋まるやま2

通常ご飯並で620円ですが、ご飯を「中」にしたので30引きで、締めて590円。

こちらではご飯の「中」が一般的な大盛りですからね。


さてそのメインのから揚げですが、実は意外と苦手な鶏の皮がやや目立ちますが、

大ぶりなから揚げが6個ものってます。

定食屋まるやま3

早速かぶりつけば、いや~相変わらず旨いです!

文句なしの旨さです!

身はジューシーで柔らかく、皮もカリッと香ばしく、なんと言ってもこの塩加減が絶妙なんですよね。

これだったらご飯並盛りでも行けちゃうかもしれません^^


そして今回気が付いたことですが、こちらの「まるやま」さんはカボチャが売りなんでしょうかね。

メニューにも単品で「カボチャフライ」というのがありますし、小鉢には毎回カボチャの煮物が

添えられています。

きっと学生さんの健康を思ってのことなんでしょうね。

いや~今日も大満足のランチをご馳走さまでした。

次回は何を食べようかな~^^


定食屋まるやま
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。