創菜屋 花城(静岡市駿河区)日替り弁当

  • Day:2015.02.24 20:56
  • Cat:和食
今回訪れたのは久しぶりの「創菜屋 花城」さんです。
創菜屋 花城1

今回のお目当ては、日替り弁当なんです。

そして、本日の日替り弁当のメニュー構成がこちら。

創菜屋 花城2

よしよし、なかなか魅力的なメニュー構成じゃないですか。

実は、前回「花城」さんを訪れた時にこのお弁当を注文されているお客さんが意外と多かったので、

ちょっと気になっていたんです。





ということで、早速やってきた「本日の日替り弁当」
創菜屋 花城3

肉、魚、野菜とバランスもよく、品数も豊富でボリューム感のあるお弁当が850円とは驚きです。

しかも、嬉しいことにお豆腐のお味噌汁までついています。



麻婆とうふ
創菜屋 花城4

優しい味付けながら美味しいです。



バジルチキン、小えび天・ハス天、鯖の塩焼き、ヒジキ
創菜屋 花城5

何から食べようか目移りしてしまうほどです。

小えび天はプリッと、チキンも柔らかく、中でも鯖の塩焼きは身がふっくらで美味しかった。



サラダ
創菜屋 花城6

ゴマ風味のドレッシングがよい箸休めになります。


いや~これだけボリュームのあるおかずでは到底白飯が足りなくなります^^

あとから気が付きましたが、どうやらご飯も大盛りサービスのようです。

失敗した~次回は絶対に大盛りでお願いするぞ~^^


さて、この日もお店は相変わらずの大繁盛で賑わっていましたが、そのお客さんの大半が

「日替り弁当」をいただいていました。

“お弁当”ということもあって提供にはほとんど時間がかからないところはよかったのですが、

欲を言えば「麻婆とうふ」が温かかったら言うことなしでしたかね^^

もちろん“お弁当”ですからそれは贅沢というものなのでしょうが。

逆に、それ以外のお料理は“お弁当”だからこその味わいがとっても美味しかったです。

また今度、違ったメニュー構成のお弁当を食べてみたいですね。

今日もご馳走様でした。


創菜屋 花城
スポンサーサイト

水塩土菜(すいえんどさい)(静岡市葵区)キャベツメンチかつ定食

  • Day:2014.07.26 21:56
  • Cat:和食
葵区相生町にある「水塩土菜(すいえんどさい)」さんのランチにやっと行ってきました。
水塩土菜(すいえんどさい)1

“やっと”と表現したのも、実は以前ご紹介した、あの“蕎麦の神様”である高橋名人のそば会の際に

こちらの「水塩土菜」さんをお邪魔し、そのそば会の席で出された揚げ物の美味しさと店員さんの

キビキビとした接客に惚れ込んで、いつか再訪しなくては!と思っていながらなかなか機会がなく、

今回やっと訪問できたからなんです。


場所はつつじ通り沿いで、静鉄日吉町駅からすぐのところです。

駐車場はお店から少し離れたところに4台分で、場所はお店のHPで確認してくださいね。





では改めて、店内はこんな感じで品を感じる落ち着いた造り。
水塩土菜(すいえんどさい)2

なんでも、江戸時代から使われていた酒樽を壁や柱、テーブルに使ってるんだとか。

その落ち着いた店内にはジャズのBGMが流れ、まさにゆったりとした時が流れています。


客席は、1階には4人掛けのテーブルが二つと12席の大テーブル、カウンター3席といった感じ。

あと、2階にも大テーブルがありましたがランチ時は2階は解放していないようでした。





さて、メニューがこちら。
水塩土菜(すいえんどさい)3

水塩土菜(すいえんどさい)4

さすが老舗のとんかつ屋さんですから、普段ではなかなか手が出ないんですが、

そんな中、ランチに関してはお手軽に味わえる嬉しい料金設定なんです。





そしてこの日注文したのは「キャベツメンチかつ定食」
水塩土菜(すいえんどさい)5

ちょうど伺ったのが金曜日だったので、金曜日限定の品ということでこちらをお願いしました。

定食にはご飯、みそ汁、漬物がついて、みそ汁はあさりの赤出汁。

メンチカツもなかなかの大きさで、そしてもちろんご飯とキャベツはおかわり自由。


半分冗談ですが、オーダーする際「キャベツメンチかつ定食」というネーミングからして

もしかしたら中身はキャベツだけだったりして?と不安に駆られましたが、早速断面を

確認して見ると、よかったちゃんと挽肉も入ってるよ(笑)

水塩土菜(すいえんどさい)6

そのメンチカツは衣がサクッと香ばしく、中はしっとりでとっても美味しいです。

やはりキャベツが入っていることで、挽肉だけのメンチよりも柔らかな食感が上品で奥深い味ですよ。

これぞ老舗の味って感じですかね^^

そして、ふっくらとした炊き加減の白飯がメンチのソースに良く合って、おかげで調子に乗って

ご飯をおかわりさせていただきました。

いや~ホントに美味しかったです、ご馳走さまでした。


今回、サラダに掛けるドレッシングがどれなのか卓上のガラス瓶を探っていると、

すかさず店員さんが近づいてきて説明してくれました。

お茶のおかわりはもちろんのこと、この日もキビキビとした接客が気持ちよかったです。


そうそう、また9月にこちら「水塩土菜」さんで「高橋名人のそば会」が開催されるようです。

今回は、引退を表明されている高橋邦弘氏にとって最後のそば会となるのでは?

この機会に、みなさんも美味しいお蕎麦と揚げ物を味わってみては如何でしょうか!

詳しくは、下のお店HPの「新着情報」からどうぞ。


水塩土菜(すいえんどさい)

あん(静岡市駿河区)とろろ汁定食

  • Day:2014.02.10 20:51
  • Cat:和食
スーパー富士屋中田店へお買い物に行くたびに、こんなところにとろろ汁屋さんがあるんだ~と、

ず~っと気になっていたお店「あん」さんへ初めて潜入してきました。
あん とろろ汁定食1

場所は駿河区中田で、南幹線からスーパー富士屋中田店へ向かう一方通行の通り沿いです。

看板がないのでぱっと見分かりずらいですが、お店前の立て看板が目印ですね。

駐車場は、店舗のある十字路を左折したところにある多分ご自宅前の「3」番と書かれたスペース

1台分のみです。

周辺ではなかなか確保できる駐車場がないので、あとは南幹線沿いにあるコインパーキングに

駐車してその旨言っていただければ駐車代を出してくれるとのこと。





さて、店内はこんな感じで、和風的な雰囲気を醸し出しながらモダンさも兼ね備えています。
あん とろろ汁定食2

そして、とってもこぢんまりとした店内には、小上がりに4人×2卓、そしてテーブル席が2人×2、

さらに一人でも気軽に立ち寄れるようにとカウンター4席もあります。

お店は気さくなおかあさんとその娘さん?のお二人で切り盛りされていました。

調理の方は娘さんが主に担当されているようで、暖簾越しに、注文を受けてから厨房というか

台所と言った方がぴったりな調理場で自然薯をすり鉢でゴリゴリと擦っている様子が伺えました。





さて、気になるメニューはこちらです。
あん とろろ汁定食3

お店の看板である「とろろ汁」以外にも豚丼やハンバーグ定食などもあるんですね。





そんな中注文したのは、2種類の「とろろ汁定食」です。
あん とろろ汁定食4

とろろ汁が気になって伺ったんですがら、やはりとろろ汁をいただかないことには始まりませんからね^^

ご飯は二人分の分量がおひつに入っての登場です。

どうです、なかなか豪勢でいい眺めでしょ^^





さて、こちらは「ハンバーグとろろ汁定食」
あん とろろ汁定食5

自然薯とろろ汁に、ハンバーグ、みそ汁、お漬物がついて、なんと980円です。

ハンバーグもとっても美味しそうです。




そしてこちらが「日替わりとろろ汁定食」
あん とろろ汁定食6

こちらは日替わり小鉢2品(アジの開きときんぴらごぼう)に、みそ汁、漬物がついて880円。

この日の日替わりのメインは、鮭、塩麹豚、アジの開き、の3種類から選べるとのこと。

散々悩んだあげく、アジの開きをお願いしました。



どうですか、とろろ汁に加えて日替わりのおかず2品やハンバーグがついて1000円を

切ってるんですよ。

しかもとろろ汁は自然薯を使ってますからね。

これはあり得ないお値段ですよ。

市内を代表する老舗店や格式のある有名なとろろ汁屋さんではこうはいきませんよね^^





では、先ずはとろろです。
あん とろろ汁定食7

ちなみに、こちらの写真はあくまで撮影用で、見栄え良く撮ってみました(笑)

撮影のあとは、さらにとろろ汁を溢れんばかりに掛けて豪快にズズズーッとかき込みました。

く~っ旨い!

ご飯は麦飯ではなく白飯です。

そして、とろろ汁は我が家と同じく味噌汁で伸ばしたもので、弾力ある食感というよりは

ツルッと滑らかで喉越しがいいとろろ汁です。

そのとろろ汁はもちろん注文を受けてからの擦りたてですから山芋の風味も豊かです。





続いてはハンバーグ
あん とろろ汁定食8

これが、そんじょそこらの単なる冷やかし程度のハンバーグじゃないんですよ。

肉汁がジュワーッと溢れる本格的なハンバーグなんです。

ソースは所謂ケチャップとウスターソースを混ぜた感じの家庭的な味わいですが、

ハンバーグの肉汁と絡み合ってこれが美味しいんですよ。




こちらは日替わり定食のアジの開き
あん とろろ汁定食9

こちらもほどよく脂がのっていて、しっかりとしたアジの味がとろろ汁によくあいます。

とろろ汁を食べるとき、付け合わせが漬物だけだとやはり寂しいというか、飽きがきてしまいますので、

味付けの濃いものが欲しくなるところですが、まさにぴったりの一品ですね。



さて、おひつのご飯は二人でそれぞれ2杯分といったところでしょうか。

そしてとろろ汁は人によって掛け方・食べ方が違うでしょうが、まぁご飯3杯分くらいでは

ないでしょうかね。

従って、おひつだけのご飯では足りず、おかわりをお願いしちゃいました。

追加料金を取られるか不安だったんですが、おかわりにも快く対応してくれて、

なんとご飯おかわりも無料でした。


みそ汁も油揚げ、ワカメ、エノキなど具だくさんです。

いや~今日はお腹がポンポンですよ。

とろろ汁の時って最低でもご飯3杯は行っちゃいますよね。

そこにこれ程までのおかずがついてるから、脳がお腹いっぱいと感じる前に相当な量を

胃袋に流し込んでますから、食べ終わる頃にはお腹いっぱいですよ。


最後に、“とろろ汁の〆は本当は焙じ茶なんだけど済みませんね~”と仰りながらも

出して下さった美味しい緑茶をいただいて、ご馳走さまでした。


とろろ汁って今までちょっと高いイメージがありましたが、これ程までに手頃で

しかも自然薯の美味しいとろろ汁をいただけるとは思いませんでした。

これはまたまた嬉しいお店を見つけましたね。

今日は美味しいとろろ汁をご馳走さまでした。


ちなみに、お店はしばらくの間夜の営業はお休みしてランチ(11:00~14:30)のみの

営業とのことですのでご注意を。


あん
水曜定休

鰻ま屋(まんまや)エスパルスドリームプラザ店(静岡市清水区)ワンコイン海老天丼

  • Day:2013.10.17 20:34
  • Cat:和食
ご存じ、清水区入船町の「エスパルスドリームプラザ」内1F清水いりふね通りにある

鰻と天ぷらの専門店「鰻ま屋(まんまや)エスパルスドリームプラザ店」へ。
鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店1



メニューはこちら。
鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店2

もちろんこの他にも鰻丼やらの鰻関連メニューもありますが、

本日のお目当てはこちらの天丼なんです。

なんと天丼一杯がワンコインの500円なんですよ。

これはあり得ないでしょ。



注文を終えると番号札を渡されるので、こちらのテーブル席で出来上がりを待ちます。
鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店3

ここは「鰻ま屋」さんの専用テーブルって訳じゃなくて、食事や休憩のための共有スペースなのかな?

でも、他所のお店はちゃんと自前の席を設けているから、他所のお店に入り込まないように注意してね。



ということで、少し待たされながらも番号を呼ばれて受け取ったのは、

「海老天丼」です。
鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店4

天丼には他に「穴子天丼」とキスと海老がのった「秋味天丼」の3種類があったけど、やっぱり人気NO.1の

こちらの海老天丼でしょ。

で、どうですか?これがたったの500円ですよ。

海老天丼にはしっかりと吸物、漬物もついてこの値段なんですから。

さらにちゃんとお茶もつけてくれてるよ^^

鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店5

その天種は、以外とおっきな海老がなんと3本、その他には茄子、ピーマン、そして海老の下には

厚みはそれほどでもないですがこれまたおっきな南瓜が敷かれていました。



では別の角度からもどうぞ。
鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店6

どうです、しっかりとエビ天が3本交わってるのが分かるでしょ。

お味の方はもちろん揚げたてだから、サクッと最高の食感です。

ただ、丼が若干上げ底になっているので、ご飯がやや少なめな感じがしますが、なんのなんの十分に

満足できるボリュームでした。

改めて言いますが、これで500円ですからね。


次回は、これまたお得感いっぱいの「鰻丼」を攻めてみようかな。


鰻ま屋 エスパルスドリームプラザ店

マークイズ静岡グルメ②おんどり亭(静岡市葵区)

  • Day:2013.04.17 22:00
  • Cat:和食
『MARK IS 静岡(マークイズ静岡)』グルメの第二段!

今回は「串焼きと鶏料理 おんどり亭」さんです。
おんどり亭1

3Fにある全ての飲食店を一通り回ってみて、メニュー看板に引かれて入ったお店です。



そしてこちらが私を引きつけたメニュー看板です!
おんどり亭2

どうです?こんな美味しそうな親子丼の写真を見せられたら、お店に吸い込まれるのも分かるでしょ^^

それと、他店と違ってこちらの「おんどり亭」さんだけは並んで待つスタイルではなくて、名前を記帳する

システムだったんです。

待ち時間がどれくらいかも教えてくれるので、その間にお買い物が出来たりと時間を有効に使えますよ。




さて、やっと私たちの番になって入店です。

店内は結構こぢんまりとしていて、テーブル席が4人×4、2人×3と
おんどり亭3


あとはカウンター席が6席です。
おんどり亭4




そして今回注文したのは、

もちろん「名物 炙り焼き親子丼」です!
おんどり亭5

それと、プラス300円で温かいお蕎麦とのセットにしてもらいました^^

自慢の鶏は宮崎県産日向鶏を使用とのこと。

おっきな日向鶏がゴロゴロ入ってるし、これはまさしく親子丼でしょ。

おんどり亭6

絶妙な半熟仕立ての玉子。

そして、炙り焼きの香ばしさが香る鶏。

そして親子由縁の抜群の相性の良さは、美味しくない訳がないよ。

煮汁もそれほど濃くなくて、ちょっと控えめで優しい味付けがさらに鶏と玉子を引き立たせてるよ。

これはヤバ旨です!


そして、おそばの方は想像通りというか残念ながらオマケレベルでした。

ですので、「おんどり亭」さんではセット物には目もくれず単品狙いで行きましょう!





さてもう一品は「おんどり亭弁当」です。
おんどり亭7

鶏汁、サラダ、出し焼き玉子、お新香が付いたお得感のある一品です。

まさにお店の名前が入ったメニューだから自信作なんでしょうね^^

一緒にサラダ用のドレッシングを2種類持ってきてくれたので、私は和風ドレッシングでいただきました。


お重には、照り焼きの鶏肉、手ごねのつくね、唐揚げ、そぼろが敷き詰められてとってもボリューミーで

豪勢ですよ。

おんどり亭8

先ずは照り焼きの鶏肉を一口頬張ると、身は柔らかくプリプリでこちらも炙られた香ばしさが口の中に

広がってメチャ美味しいです。

続いて、つくねもフワフワの食感がこれまた旨いし、唐揚げも柔らかでメチャ好みの味付けでたまりません。

さすが鶏にこだわったお店だ、ということを実感させられました。

鶏汁にも鶏肉がこれでもかってくらい入ってました。




さぁ、こちらのメニューは嬉しいことにテイクアウトにも対応しているんです。
おんどり亭9

もちろんお弁当としてそのまま食べてもいいですけど、「おんどり亭弁当」なんかはビールのおつまみと

しても最高ですよ。

他のお店に比べると派手さはありませんが、店長さんの丁寧な接客も好印象だし、何よりもこの美味しさと

CPの高さから言って、3F飲食店の中で狙い目のお店だと思います。


おんどり亭
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。