新鮮組(静岡市駿河区)

  • Day:2013.12.14 15:33
  • Cat:寿司
いつもの「新鮮組」さんです。
新鮮組1

先ずはもちろん生ビールから。




そして、この日のメニューを伺う。
新鮮組2




「刺身3点盛」
新鮮組3

この日お願いしたのは、中トロ、平目、烏賊です。




「ポテトサラダ」
新鮮組4

さっぱりとして、よい箸休めです。




「しめ鯖」
新鮮組5

ホント〆加減が絶妙で旨いです。





「鯛兜煮」
新鮮組6

付け合わせに豆腐、蓮根、オクラ。

身が柔らかく、目玉周りのコラーゲンもしっかりいただいてヘルシー^^


写真はありませんが食べ進むにつれ、最近何かと話題になっている「鯛の鯛(たいのたい)」も

しっかりと発見。

めでたい鯛の中からさらにめでたい鯛の形をした骨。

これは縁起がいい。


最後は、軽く握りをいただいてお勘定です。

大将、今日もご馳走様でした。


新鮮組
スポンサーサイト

新鮮組(静岡市駿河区)

  • Day:2013.09.01 20:30
  • Cat:寿司
大分ご無沙汰しての訪問は、お馴染みの「新鮮組」さんです。
新鮮組1

大将、もう私のこと忘れちゃったかな。

お店の方は相変わらずの大繁盛です。



さて、この日のオススメメニューはこんな感じ。
新鮮組2


もちろん生ビールからスタート。


「お刺身の盛り合わせ」
新鮮組3

マグロ赤身、カツオ、ヒラメ、ミル貝、イカの5点盛り。




「静岡の枝豆」
新鮮組4

普通の枝豆とは違ってしっかりとした噛み応えがあります。





「アスパラ肉巻フライ」
新鮮組5

ほどよい歯ごたえのアスパラとさっぱりとした豚肉の相性が抜群です。





「三河赤鶏唐揚」
新鮮組6

熱々で柔らかジューシーを口一杯頬張る。




「カニのせサラダ」
新鮮組7

優しい味わいのカニがさっぱりとしてお口休めに最高。





「黒毛和牛ミニステーキ」
新鮮組8

いつもながらの絶品。




「新秋刀魚塩焼」
新鮮組9

流石は初物、ほどよく脂ののった白身が格別に柔らかい。




「京風おでん盛り合わせ」
新鮮組10

白はんぺん、こんにゃく、玉子、厚揚げ、大根、昆布、里芋。




「ゲソの炙り」
新鮮組11

最高のアテです。


このあとは握りをいただいて上がりです。


いや~この日はいつもになく食べ過ぎてしまった。

気がつけば新しく入れた焼酎のボトルの残りが3分の1になっていた。

このあと、満腹の大満足で帰路につきました。

大将、今日もご馳走様でした。


新鮮組

すし居酒屋 海(かい)(静岡市葵区)

  • Day:2013.04.01 22:00
  • Cat:寿司
今宵は、葵区呉服町にあるすし居酒屋「海(かい)」さんへ久しぶりの訪問です。
海(かい)1

場所は玄南通り沿いで、ちょうど「Neo Japanesque Bar Mando(ネオジャパネスクバル マンドウ)」さんの

向かいにあるビルの1Fにあります。

なかなか目立たなくて、足を踏み入れるには勇気がいるような横丁的な通路を入った一番奥のお店です。



暖簾をくぐると、カウンター席が10席のみと、ホントこぢんまりとしたお店です。
海(かい)2

数年前に一度訪れて一発で気に入ってしまって、その後も何回かお店を覗いてはみたものの常連さんで

いっつも満席という人気店なので、今回は予約をしての訪問でした。

と言うわけで、いや~やっと再訪が叶ったって感じです^^




さぁ、本日のメニューはこんな感じです。
海(かい)3
海(かい)4

お品書きがあまりにも長いので2分割で載せてます^^

仕入れ状況によって毎日手書きしているとのこと。

ホントここのご主人はネタには拘りがあるんですよ。



こちらの冷蔵ケースには本日仕入れたいかにも美味しそうな鮮魚が溢れてます。
海(かい)5



そしてこちらのカウンターには今が旬な春野菜が。
海(かい)6




では、先ずは生ビールからスタートです。
海(かい)7



これは、お通しの「あじのなめろう」
海(かい)8

なめろうって実は初体験だったんですが、これがバカ旨なんですよ。

ウズラの卵に岩海苔、そして茗荷がいいアクセントになっていてホントメチャ旨い!

こんなのがお通しで出されたら、ビールがすすんじゃいますよ^^




「お刺身の盛り合わせ」
海(かい)9

〆鯖、本鮪、真ダイ、生ホタルイカの4品です。

どれもマジで旨い!

〆鯖の〆加減、本鮪の脂ののり加減、真ダイの歯ごたえがたまらん。

特に、生ホタルイカは胴体がプリッと、ゲソはコリッとしていて、ワタの苦みと絡み合って最高です。




続いて「真ダイの白子 黒コショウ焼」
海(かい)10

この季節、既にタラが旬を過ぎてるということで真ダイの白子を使用とのこと。

で、この白子がぷるっぷるでとろけてしまう美味しさです。

そしてこの黒胡椒焼きが絶品です。

思わず唸ってしまった☆

海(かい)11

普通白子っていうと天ぷらかポン酢くらいでしか食べたことないんですが、これマジで最高ですよ☆

思わずこっそりレシピを教えてもらったくらいです^^

これなら家庭でも簡単にこの美味しさが味わえるよ^^

今度やってみよっと^^





さぁ、ここらで冷酒「土佐しらぎく 特別純米 おりがらみ 生酒」に切り替えました。
海(かい)12

今しか呑めない大将オススメだと言うことで早速一口。

広島県産特等『八反錦』を60%まで磨き上げた特別純米酒。

海(かい)13

微発泡の濁り酒で、炭酸ガスの発泡感と澱のコクが口当たり良くてグイグイいっちゃいます。





さて、そろそろ旬を感じさせてくれる春野菜の方もお願いしてみましょう☆

「葉生姜の肉巻」
海(かい)14

こちらも今が旬だから、柔らかくて程よい辛さでさっぱりとしていて美味しいです。



「たらの芽天ぷら」
海(かい)15

日本人に生まれてホントよかったよね~ってくらいの美味しさです。




お次は静岡の地酒「喜久酔 特別純米」です。
海(かい)16




「生ガキ」
海(かい)17

ぷるっとクリーミーでとろける旨さです。



「筍の子の天然木の芽焼き」
海(かい)18

新鮮なたけのこの風味を生かした季節感が味わえるまさに春の味です。

筍の子も柔らかくて最高~。



「そら豆焼」
海(かい)19

定番のおつまみで粗塩をつけてお口直しに最高だよね。





では、この辺で握ってもらいましょう。

「閑上(ゆりあげ)の赤貝」
海(かい)20

身がおっきくて、ぷりっとして身が締まって弾力がありシコシコでたまらん。



「車えびおぼろのせ」
海(かい)21

生の車えびをそのまま使ってるから身が柔らかくてぷりぷりです。

おぼろと車海老の甘さが絡み合ってまろやかな味わいがいいです。



「バフンウニ」
海(かい)22

文句なしの旨さです。



「五島列島本鮪の中トロ」
海(かい)23

これ分かります?三枚の中トロでシャリが包まれてるよ。

なんて滑らかな歯触りなんだろう。




「鰆の松前漬」
海(かい)24

なんなんだこれっ!

バカ旨だよ!

こんな旨いお寿司たべたことないよ。

これ絶対お勧めです!




〆にお茶をいただいて、ご馳走さまでした。
海(かい)25



こちらが「海(かい)」さんの大将です。
海(かい)26

正面からの映像の方がよかったかな^^

この大将、タカアンドトシのトシさんにクリソツなんですよ。


しかし、今回久しぶりに訪れて改めて感激しましたよ。

何をいただいてもホントバカ旨で、今まで食べたことのない味わいを体験できました。

大将とお話ししているととにかくネタに拘っていることが伺えて、しかもそのこだわりのネタを最高の

調理法で提供してくれる。


大将の喋りも最高だし、旨い肴と美味しいお酒で時間の経つのも忘れてホント楽しく過ごさせてもらい

ましたよ。

正直言って、あまりご紹介したくないくらいホントいいお店ですよ。

大将ご馳走さまでした、またお願いしますね~☆


海(かい)

新鮮組(静岡市駿河区)

  • Day:2013.03.12 21:55
  • Cat:寿司
今宵も、ご近所で私の大好きな「新鮮組」さんへ。
新鮮組1

伺ったのは18時。

今回も最近定位置となっている大将の真ん前の席に案内される。

これは決して私が常連で一番の特等席を与えられているわけではない。

基本的にお客はカウンターの左端から案内されるようだが、たまたま私が訪れるこの時間帯だとちょうど

大将の前辺りになるんだそうだ。

左手のお客の顔振れを拝見すると、いつも必ずいらっしゃる常連さんが今宵もカウンターの左端に陣取って

のんびりとひとり酒を楽しんでいる。

カウンターの右手席も既に予約で埋まっていた。


先ずは生ビールをお願いする。
新鮮組2



喉を潤してから本日のメニューを伺う。
新鮮組3



「鰹刺身」がチト気になったが、かるく「本日の刺身3点盛」をいただく。
新鮮組4

鮪は赤身だが適度に脂がのって旨い。

烏賊の歯ごたえも平目の弾力もよく、これまた旨し。


「たらの芽天ぷら」
新鮮組5

少しずつだが寒さも和らぎ、だんだんと春を感じる。



お次は「臥龍梅 特別本醸造」(静岡市清水区 三和酒造)
新鮮組6



「ホッキ貝浜焼」
新鮮組7

シコシコした食感にネギと磯の香りが最高だ。


ここからはいつもの芋焼酎「屋久の杜(やくのもり)」(鹿児島 本坊酒造)
新鮮組8



「赤穂生カキ」
新鮮組9

この芳醇で濃厚な味わいが何ともたまらない。


「白子天ぷら」
新鮮組10

とろ~りとクリーミーで、甘みたっぷり。



「ネギトロ巻き」
新鮮組11



「ウニ、イクラ、白子」
新鮮組12



「カッパ巻き」
新鮮組13



「〆鯖」
新鮮組14



この日、何れも幼児一人を連れた若い夫婦二組の計6名が私の右手のカウンター席を占領した。
新鮮組15

どういういきさつがあるかは知らない。

だが、座敷席ならまだしも幼児連れで寿司屋のカウンターを占領するとは何という常識知らずな輩だろう。

その後、飛び込みで来られた客は満席とのことで店を後にした。


いい店には質のいい客がよく似合う。

お店のことも考えないような客は常連だろうが友人だろうが決していいお客とは言はない。

自分も気をつけたいものだ。


新鮮組

スシロー静岡有明店(静岡市駿河区)回転寿司総選挙上位創作寿司

  • Day:2013.02.11 17:02
  • Cat:寿司
今回初めて回転寿司で人気のあの「スシロー」に行ってきました。
スシロー1

訪問したのは駿河区有明町にある「静岡有明店」で、産業館西通りを下ってSBS通りに出る手前のところです。


生まれてこの方、回転寿司には数えるほどしか行ったことがないこの私が、どうして今回行ってみようと

思ったかというと、「期間限定大とろ販売」と題して2/8(金)~2/11(月・祝)の4日間限定で「極上

まぐろ大とろ」を一貫「105円」で販売するという情報を聞きつけたからなんです^^


って、それもあるんですが、どちらかというと先日放送された人気番組「お願い!ランキング GOLD」の

回転寿司総選挙で上位3位までを独占したスシロー自慢の創作寿司を食べてみるしかないでしょ!って

思ったからなんです。
スシロー2



11時過ぎに訪れた店内は既に満席に近い状態です。
スシロー3

やはりみなさん考えることは同じなんですね^^




それでは早速お目当ての品を順番にいただいてみましょうかね~!

先ずはじめに「極上まぐろ大とろ」
スシロー4

うん、確かに大とろなだけにかなり脂がのっていてとろける旨さですね。

ただ、もう少し鮪の味が感じられれば申し分なかったですかね。

鮪の味を感じるには大トロよりは中トロの方がいいのかもね。

でも、これが一貫105円で食べられるなら大満足かな。




さて続いては、回転寿司総選挙で見事1位に輝いた

「天然インド鮪すき身」をいただきましょう!
スシロー5

本まぐろと並ぶまぐろの最高峰、天然インドまぐろだけを贅沢に使用。

極上のまぐろ独特の甘みに半熟たまごを加えて、コクのある逸品に仕上げてあります。

所謂ネギトロに半熟たまごがのってるだけなんだけど、まろやかな味が確かに旨いね!




続いては第2位の「マーラー風味赤えび揚げネギ添え」
スシロー6

ぷりっぷりの赤えびと揚げネギと中華風特製マーラーソースをトッピング。

中華風のピリ辛ソースがえびの甘みとベストマッチ。一度食べたら病みつきになる逸品。

これは今までにない味ですね。まさに創作寿司って感じですが、これもなかなかいけるんじゃない。

揚げネギの風味がよくて、エビは甘くてぷりっぷりで、口の中ですぐに溶けちゃう感じです。



お次は第3位の「国産極上生ハムガーリック醤油」
スシロー7

じっくり時間をかけてうまみとコクを引き出した国産肩ロース生ハムをぜいたくにスライス。

極上生ハムのうまみとりんごのシャキシャキ感が絶妙にマッチします。

これも生ハムメロンみたいで美味しかったです。

ただ、贅沢にも生ハムが2枚乗っかってましたが、ちょっとしょっぱかったので1枚でもよかったかな~って

感じです。




その後も適当に摘んでみました。

「つぶ貝」
スシロー8


「真鱈白子」
スシロー9


「あさりのみそ汁」
スシロー10


「まぐろ山かけ」
スシロー11


「えび三貫盛り」
スシロー12


「えんがわわさび」
スシロー13


「うに」
スシロー14


「こういか」
スシロー15


「まぐろかしら」
スシロー16


「いくら」
スシロー17


「ねぎまぐろ」
スシロー18


「数の子」
スシロー19


「炙りぶりしゃぶ」
スシロー20

これバカ旨!

これも上位にランクインしてもおかしくない一品です。


「きゅうり巻」
スシロー21



最後にもう一度「極上まぐろ大とろ」と
スシロー22


第1位の「天然インド鮪すき身」をいただきます。
スシロー23

やっぱり、もう一度食べたくなる美味しさなのかな。



デザートは「チョコアイス」^^
スシロー24


大繁盛だから注文した際、たまにこんな画面が。
スシロー25

みなさんホントよくお食べになるから握る方が追いつかないんですね^^



最後に一応メニューを載せときますね。
スシロー26
スシロー27
スシロー28
スシロー29


いや~久しぶりの回転寿司だったので大はしゃぎしちゃってちょっと食べ過ぎましたかね~。

タッチパネルも初体験だったし、お茶はティーパックじゃなくて粉末になってるしで、回転寿司も進化

してるんだね~。

その中でちょっとエッて思ったのが、他の回転寿司屋さんもそうなのか分かりませんが醤油皿がないことです。

注意書きにも、醤油皿はないので直接醤油を掛けて下さい、とうたわれていた。

そういうこともあってなのか?よくよく見てみるとお寿司がお皿の中央にのっかってないんだよね~。

これって空いたスペースに醤油をさせってことなのか?単なる仕事が雑なのか?その真意は?^^

ま~一皿目を食べちゃえばそのお皿を醤油皿として使えばいいことなんだろうけどね^^


今まで回転寿司なんて、って思ってましたがとんだ思い違いをしていたことを反省させられました。

安かろう悪かろうはとっくの昔の話ですね^^

お店のキャンペーンにまんまとはまって、気がつけばスシローの大ファンになってました^^


さて、「期間限定大とろ販売」は今日で終わっちゃいますけど、回転寿司総選挙で上位3位までを独占した

創作寿司も期間限定商品とのことなので、未だ召し上がってない方は一度食べる価値ありですよ^^


スシロー
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。