洋食の店 しゃんぴにょん(静岡市葵区)本日のランチ&牛ロースステーキ

  • Day:2015.03.01 15:09
  • Cat:洋食
あの味がどうしても恋しくなって早くも再訪したのは、葵区大岩にある

「洋食の店 しゃんぴにょん」さんです。
しゃんぴにょん1

この日も運良く外の景色が眺められる窓際のテーブル席へ。

そして、この日もメイン料理にスープ、サラダ、ライスorパンがついたサービスランチ

メニューより二品をチョイス。

さて、オーダーを済ませてしばらくしてからスープとサラダが運ばれてきました。

しゃんぴにょん2

スープは前回と同様、カボチャのスープでした。

いつもコメントを下さる“こもれびさん”が最近伺った際はコーンスープだったそうですが・・・

まぁカボチャのスープも美味しいから問題はないんですけどね、たまには違ったスープも

いただいてみたいですね^^





そうこうしているうちにメイン料理の登場です。

先ずは「本日のランチ」1,030円
しゃんぴにょん3

この日のランチは「豚肉の生姜ソテー」と今回お願いしたこちらの「チキンのトマトソース」

相変わらず盛り付けがお洒落です。

しゃんぴにょん4

鶏のもも肉が3段に重ねられていて、もったいなくも崩してみるとこんな感じ。

トマトソースも想像していたイタリアン風ソースではなく、生クリームを加えたフレンチ風。

コクがありながらまろやかでしつこくなく、さっぱりとした味わいが柔らかい鶏肉によく合います。






続いては「牛ロースステーキ」1,280円
しゃんぴにょん5

これこれ、これをいただきたくてやってきたのです。

柔らかいお肉にスパイシーさと醤油ベースソースの香ばしさ。

一切れ頬張るごとに幸せがお口いっぱいに広がりますよ。

この美味しさは毎日食べても飽きのこない美味しさですね。

シェフ、今日もどうもご馳走さまでした。


洋食の店 しゃんぴにょん
スポンサーサイト

洋風食堂 ラ・ボエーム(静岡市葵区)煮込み&ハンバーグ

  • Day:2015.02.15 17:41
  • Cat:洋食
この日伺ったのは、葵区長沼にある私の大好きな洋食屋さん「洋風食堂 ラ・ボエーム」さんです。
ラ・ボエーム1

気が付けば、前回訪れてから既に1年半以上も経っていました。

本当はもっと頻繁に伺いたいのですがね(>_<)





さて、お店に入って早速カウンター上に掲げられているメニューボードを見上げます。
ラ・ボエーム2

相変わらずハンバーグのメニューが名を連ねていますね。

というか、ハンバーグこそこちら「ラ・ボエーム」さんの看板メニューであり、今日はその

ハンバーグを食べに来たのですから逆に無かったら困ります^^





オーダーを済ませると先ずやってきたのはサラダ
ラ・ボエーム3

これこれ。

このドレっシングに揚げたポテトの塩加減が絶品なんですよ。

そして、この日は「パープルからしな」という聞きなれない珍しいお野菜も使われていました。

シェフの説明によると、水菜の一種だそうです。





続いてはスープの登場。
ラ・ボエーム4

出された瞬間、なんなんだっこのスープ!

こんなアセロラジュースみたいな赤いスープは見たこともありません(笑)

こちらもシェフの説明によると、「ビーチ」というボルシチにも使われるお野菜を

煮込んだスープなんだそうです。

具材はそのビーチに、ニンジン、玉ねぎ、ジャガイモ。






そして待ちに待ったメインの登場です。


先ずこちらは「ハンバーグステーキ」
ラ・ボエーム5

メインにはライスorパンが選べますが、もちろんライス^^

そして見て下さい、このぷっくらと美味しそうに膨らんだハンバーグを。

付け合せには普通のカリフラワーとパープルカリフラワー、そしてポテト。

ラ・ボエーム6

早速ナイフを突き刺せば、肉汁がよどみなく溢れ出てきます。

そして切断された表面からはハンバーグの肉々しさが。

ラ・ボエーム7

早速一口いただけば、うんうん相変わらず旨いです!

そして、この優しい感じのデミソースがこれまた最高なんですよね。

今日はまさにこれを食べに来たのですから大満足です。






そしてこちらが「煮込みチーズハンバーグ」
ラ・ボエーム8

今まで「ラ・ボエーム」さんでは“煮込み”は食べたことがなかったので、

ちょっとお値段お高めではありましたがいただいてみました。

付け合せはこちらも2種類のカリフラワーとポテト。

ラ・ボエーム9

こちらもジューシーなハンバーグがいかにも美味しそうです。

早速ハフハフッしながら一口頬張ります。

ラ・ボエーム10

まろやかなデミソースにチーズが絡んでパセリと一緒にいただけば、

普通のハンバーグにはないコクがお口の中に広がります。

なるほど、さすがにこちらのほうが奥深い美味しさを感じます。


シェフ、今日も美味しいランチをご馳走様でした。

さて、お店ではテイクアウトのお弁当や真空冷凍のハンバーグなども取り扱っています。

ラ・ボエーム11

ラ・ボエーム12

家でも美味しいハンバーグを楽しめるということで、折角なので真空冷凍のハンバーグを

テイクアウトしてみました。

早速その日の子供たちの晩ご飯として登場しましたが、肉汁が溢れるほどのジューシーさは

お店ほどではなかったものの、子供たちにも美味しいと大評判でした。


それにしてもいつも思うことなんですが、この日もお客さんは私たち一組のみでした。

こんなにおいしいハンバーグは他にはないと思うのですが、どうしてなんでしょう?


洋風食堂 ラ・ボエーム

洋食の店 しゃんぴにょん(静岡市葵区)ハンバーグ&牛ロースステーキ

  • Day:2015.02.01 19:33
  • Cat:洋食
看板がなければ普通の一軒家にしか見えないお店、葵区大岩にある

「洋食の店 しゃんぴにょん」さんを訪問してきました。
しゃんぴにょん1

場所は静岡城北高校の北側辺りです。

ちょうど麻機街道と城北通りに挟まれた、長谷通りから静清バイパスへ通じる道路沿いです。

1Fが2台分の駐車場で、2Fがお店になっています。

では、早速螺旋階段を上ってお店へ。

しゃんぴにょん2

店内は高級感がありながら、それでいて家庭的な温かさも感じる落ち着いた雰囲気。

客席はL字のカウンターに5席、そしてテーブル席が4人×3と窓際に2人×2です。

私たちはその外が観える窓際の2人席へ。

しゃんぴにょん3

すると奥さんがお冷におしぼり、そしてメニュー表を持ってきてくださいます。

なんとも品のある奥さんです。

しゃんぴにょん4

しゃんぴにょん5

ランチはメイン料理にスープとサラダ、それにライスorパンが付きます。

そして、この日の本日のランチは「鶏の香草焼」とあともう一品なんだったか忘れて

しまいましたが、二品用意されているようですね。





さて、オーダーを済ませて先ずやってきたのはスープ
しゃんぴにょん6

スープはカボチャのポタージュスープで、濃厚でいながら滑らかな美味しいスープです。



続いてサラダも登場です。

サラダは酸味のあるドレッシングがかかっていて、なかなかのボリューム。



そしてスープを飲み終わる頃合いを見計らって登場したのが、

先ずは「ハンバーグ」
しゃんぴにょん7

なんとも盛り付けがお洒落です。

早速ナイフを入れれば、肉汁が溢れてきます。

しゃんぴにょん8

では、早速一口。

ハンバーグは柔らかく、デミソースも上品で深みのある優しい味わいです。

付け合せのフライドポテト、インゲン、人参のグラッセは彩もよく、シンプルながら

丁寧に調理されていて美味しいです。






そしてもう一品は、

「牛ロースステーキ」
しゃんぴにょん9

運ばれてきてパッと見、この薄くて平べったいお肉に「金とき」の特テキライス

思い出しましたが、いえいえ肉質が全然違いますね。

しゃんぴにょん10

こちらも早速一口、何だこのお肉、とっても旨いじゃん!

お肉は柔らかく、ジューシーさを兼ね備え、また脂身も上品な味わいです。

そして、そんな上質なお肉を更においしくさせているのがこのソースです。

醤油ベースのこのソースにピンクペッパーが絶妙な味わいでライスが進みます。

最後にライスをおかわりして、この残ったソースをライスに回し掛けていただきたいくらいです(笑)

これは絶対にオススメのひと品ですよ!!



さて、お店は前出の品のある奥さんとシェフのお二人で切り盛りされていました。

シェフもコック服が様になるダンディーな方で、やはりこの素敵なお店の雰囲気は

このお二人が醸し出しているんだと感じました。

しゃんぴにょん11

お店の雰囲気や上品な食器類、そしてお料理の盛り付けからして、洋食の店というよりは

フレンチレストランに近いお店ではないでしょうか。

そんな大満足なお店でした。

今日はどうもご馳走さまでした。


洋食の店 しゃんぴにょん

たま道(たまみち)(静岡市駿河区)メンチカツ

  • Day:2014.12.28 17:28
  • Cat:洋食
一見すると何屋さんなのか分からない駿河区手越原にある洋食屋さん、

「たま道(たまみち)」さんにお邪魔してきました。
たま道 メンチカツ1

今まで気になってはいたんですがなんと言いましょうか、どことなく入りづらい感のある

外観のせいもあってか、行きそびれていましたね^^

場所は国道一号線沿いで、駿河大橋を渡った先の手越原交差点手前にあるビルの

テナントの一角です。

駐車場は店舗前の2台分でしょうかね。





店内はこんな感じで、外観同様ウッディー感満載です。
たま道 メンチカツ2

その広々とした店内にはテーブル席4人×5、それと厨房に面したカウンター席には

クッションがたくさん敷いてありますが実質は5席くらいでしょうかね。

ゆったりした店内は殺風景な感じもしますが、なかなか落ち着けますよ。

そしてお店は、見るからに人の良さそうなご主人がお一人で切り盛りされていました。

全てお一人でこなすのは大変でしょうけど、調理の合間を見ながら上手く接客の方も

こなしていましたね。





さて、メニューはこちら。
たま道 メンチカツ3

たま道 メンチカツ4

たま道 メンチカツ5

おつまみ系のメニューもあり、カウンターには焼酎のボトルもズラリと並んでいましたので

きっと夜も賑わうんでしょうね。

また、最近流行のスタイルを意識してか、ステーキも50g単位で注文できるシステムです。

あとは日替わりのランチメニューもあり、店先に看板も出てました。





そんな中注文したのは「メンチカツ とんかつソース」
たま道 メンチカツ6

ソースの種類がデミグラスソースかとんかつソースかによってお値段が変わりますが、

今回はとんかつソースでお願いしてみました^^





そのメンチカツはなかなかの大きさです。
たま道 メンチカツ7

そして、脇にはしっかりとキャベツの千切りも盛られています。

これならデミグラスソースを選択した場合も敢えてサラダをつけなくてもいいんじゃないのかな~

と思いましたね。





さて、先ずはメンチをお箸で裂いてみましょうか。
たま道 メンチカツ8

お~中はとってもジューシーで肉汁が溢れ出てきます。

早速一口いただけば、もちろん揚げたてで衣はサクッとしていて、中のメンチはナツメグを利かせた

ハンバーグ風の味付けで、肉々しさもいいですね。

ソースもとんかつソースといいながらも、もちろん手作りソースで美味しいですよ。

ライスも美味しく、みそ汁もしっかりと出汁を摂り魚介の旨味も加えた一手間かかったのも。

いや~これはなかなかボリュームのあるランチで、食べ終われば満腹で大満足です。

たま道 メンチカツ9

さて、優しそうで大人しめなご主人ですがバンドでもやっているのでしょうかね?

店内のBGMも昔懐かしい洋楽が流れていました。

ご主人、今日はどうもご馳走さまでした。


たま道

コックさん(静岡市葵区)煮込みハンバーグ&スパゲティーイタリアン

  • Day:2014.12.01 20:17
  • Cat:洋食
葵区丸山町にある店名が可愛らしい洋食屋さん、その名も「コックさん」でランチしてきました。
コックさん1

場所は麻機街道沿いで、静岡浅間神社の隣に位置します。

駐車場はお店の前に基本4台分です。





さて、店内はこんな感じ。
コックさん2

入口を入ると、正面のL字カウンターに5席


そして左手窓際にテーブル席4人×2と2人×1、フロアー中央のローテーブルに4席

コックさん3

洋食屋さんというよりは昔ながらの喫茶店という雰囲気で落ち着けます。





では、早速メニューを拝見します。
コックさん4

ハンバーグを中心にビーフシチューやサーロインステーキなど洋食屋さんメニューが豊富です。

そして、大方のランチメニューには日替わりスープ、ライス、コーヒーがつきます。





注文を済ませると、先ずやってきたのは日替わりスープ
コックさん5

この日のスープはオニオンスープ。

カップスープを想像していましたが、しっかりとコース料理風にお皿で出され、しかもかなり

たっぷりめでこれは嬉しいです。

そのスープはシンプルながら余りの美味しさにあっという間に飲み干してしまいました。





続いてはサラダ
コックさん6

やや酸味の効いたドレッシングです。





そしてメインの登場。

注文したのは「煮込みハンバーグ」と「スパゲティー イタリアン」
コックさん7

なんでも、こちらの「コックさん」ではこの「煮込みハンバーグ」が一押しなんだとか。

その「煮込みハンバーグ」には、日替わりスープ、ライス、サラダ、コーヒーが付きます。

「スパゲティー イタリアン」には、日替わりスープ、サラダがついてコーヒーはつきません(>_<)





先ずは煮込みハンバーグ
コックさん8

ナイフを入れると肉汁が飛び散るほどに溢れ出てきます。

これはすごいですよ、なんという肉汁でしょう。

早速一口頬張れば、ハンバーグはもちろんジューシーで美味しいです。

そして、ソースはデミソースかと思いきや、サラッと系の醤油ベースソース。

そうはいっても、そこにデミソースと赤ワインの風味をわずかに感じさせる味付けで

ハンバーグとの相性も良く、なんともクセになる美味しさです。

さらに付け合せのポテトも私好みのグリル加減がいい食感です。






そしてもう一品のスパゲティーイタリアン
コックさん9

失礼な話、最初に運ばれてきて一目見たときは、焼きそば?かと思っちゃいました(笑)

もちろんネーミングからしてトマトソースのパスタをイメージしてましたからね。

そのスパゲティーは、しっかりと炒められたエビ、キノコ、玉ねぎ、ピーマンを混ぜ合わせたもの。

お味の方は、煮込みハンバーグと同じ醤油ベースのデミソースの味付け。

2品とも味がかぶってしまいました(>_<)

これなら素直に「ナポリタン」を頼んでおけばよかったかもしれません^^





そして食後のホットコーヒー
コックさん10

大きめのカップに注がれたコーヒーを仲良く二人でシェア^^


さて、お店は品のあるおばあちゃんお二人、それと厨房の様子はうかがえなかったですが

シェフの3名で切り盛りされていると思われます。

客層は殆どの方が常連さんという感じで、何れも中年以上のご年配の方が多かったです。

その様子を見ていれば、長年愛され続けたお店であることがよく分かります。

どうかこれからもずっと頑張ってもらいたいですね。


コックさん
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。