読者のみなさまへ

突然ですが、この度自身の環境変化に伴う業務多忙のため

当ブログを休止させていただくことといたしました。


この1ヶ月あまり更新が途絶えたことでみなさまにはご心配をお掛けし、

また、再開を待ち望んで毎回楽しみに見にきて下さった方々、更には

励ましのコメントを下さった方々に対しては大変心苦しいのですが、

やはり当面は更新が難しいであろうと判断し、今回の決断をいたしました。


当ブログをはじめてあっという間の3年半という短い期間ではありましたが、

いつも見に来て下さった方々、またコメントを下さった方々、

本当にありがとうございました。

これまで続けてこられたのも、みなさんのそんな励ましがあったからこそです。

いつかまた・・・そんな淡い期待を抱きつつ、今回一つの区切りとさせていただきます。

みなさん、今まで本当にありがとうございました。

chibideka
スポンサーサイト

青柳(あおやぎ)そば店(静岡市清水区)ラーメン

この日初めて伺ったのは、清水区江尻町にある「青柳(あおやぎ)そば店」さんです。
青柳そば店1

場所は、七夕まつりでお馴染みの清水駅前銀座商店街の西外れに近いところ。

お店専用の駐車場は完備していませんが、商店街車道のパーキングメーターを利用して

お勘定の際にその半券をお見せすれば40分間分の駐車代金200円をお会計から差し引いて

くれます。

これなら駐車代を気にせずに、気兼ねなくお店に行くことができますよね。

私なんかせこいので、駐車代がかかるお店ってあんまり行かないんですよ(笑)





さて、パーキングに車を止めて早速お店へ。
青柳そば店2

店内はこんな感じで、典型的な昔ながらのおそば屋さんという雰囲気の中に、

テーブル席が4人×5と2人×1、それに小上がりが4人×3です。





では、早速メニューを拝見しましょう。
青柳そば店3

メニューはなかなか豊富で、昔ながらのおそば屋さんの定番メニューが並ぶ中、

地元名物桜えびののった「駿河そば」や、清水ではお馴染みの提灯系お弁当など

充実しています。





そんな中、今回注文したのは「ラーメン」です。
青柳そば店4

やはりどうしてもそば屋のラーメンに引き寄せられてしまいますね(笑)

お盆にはちゃんと胡椒も添えてくれてます。

具は、チャーシュー、メンマ、ナルト、海苔、青ネギ。

青柳そば店5

チャーシューが2枚のってるところも嬉しいです。

先ずはスープからいただけば、さっぱりとしたまさに昔ながらのそば屋のラーメンです。

麺は細めのストレート。

青柳そば店6

ツルッとした麺が喉越しもよく美味しいです。

チャーシューも昔ながらの噛むほどに味が染みだす美味しいチャーシューで、

気が付けばあっという間に平らげて、ご馳走様でした。

青柳そば店7

お店はどうでしょう?残念ながら石ちゃんの色紙に描かれたご主人の姿は拝見できませんでしたが、

初老のご夫婦お二人で切り盛りされているご様子でした。

お客さんも地元の方が大半のようで、注文したラーメンをサッと平らげてお店を後にします。

今日はどうも御馳走様でした。


青柳そば店

とり福(静岡市駿河区)日替わり定食

お店の外観が、いかにも昭和のドライブインをイメージさせる雰囲気がずっと気になっていた、

駿河区小鹿にある「とり福」さんを訪問してきました。
とり福1

場所はSBS通りと大谷川放水路が交わるちょっと変則的な交差地の角になります。

しかし、角といっても若干奥まった場所に立地しているため意外と目立たなく、気付いている方も

意外と少ないのではないでしょうか?

駐車場はお店の前に5~6台分くらいはあると思います。





早速お店に入ると、店内はこんな感じ。
とり福2

想像していたのとはちょっと違った雰囲気で、入口正面にはいきなりカウンターが並びます。

そこには焼酎の一升瓶などがずらりと並んでいて、一見してこれは夜の部は居酒屋さんで

あることを確信します。

さらに、レジの裏手にはかなり広めな座敷席もありました。

とり福3

私は一人だったのですが、カウンター席もいい感じで埋まっていましたので、敢えてテーブル席へ。





では早速メニューを拝見。
とり福4

とり福5

とり福6

といっても、実は既に入口の黒板を見て、注文の品は決まっていました。

注文を済ませてから辺りを見回せば、客層は中高年がほとんどで、あとは作業着姿の方も

目立ちましたね。





さて、そうこうしているうちに時間もかからず登場したのは「日替わり定食(昼のみ)」
とり福7

店舗屋上にある看板には“やき鳥”の文字がありますが、日替わり定食のメニューは

意外にもお魚が中心。




「カツオ刺身」
とり福8

モチッとしたなかなか美味しいカツオですよ。

しかも隠れていますが岩海苔までついていました。




「ひとくちカツ」
とり福9

こちらも柔らかくて表面サクッと美味しいです。




「サバ糀漬け」
とり福10

これがまたしっかりと脂ののった鯖が絶妙です。




しかも「みそ汁」の具はアサリとワカメ
とり福11




そして、最近ではあまりお見かけしない今では懐かしい切り方の沢庵が美味しかった「香物」
とり福12

これほどのボリュームとバランスのとれたお弁当で、お味の方も650円とは全く驚きで

信じられません。

しかも、この「日替わり定食」は平日限定というわけではなく、土日も含め毎日やっているとのことで、

これは有難いサービスですね。

とり福13

ということもあってか、お客さんの大半が、いえいえ全員といってもいいのではないでしょうか。

全員がこの「日替わり定食」を召し上がっていましたよ。

これほどのコスパの高いランチは久しぶりでした。

今日はどうも御馳走さまでした。

これからもちょくちょく寄らせていただきますね。


とり福

麺家 にのみや(静岡市駿河区)特製にのみやラーメン

今月3月に駿河区池田に新しくオープンしたお店、「麺家 にのみや」さんへ行ってきました。
麺家 にのみや1

横浜家系のラーメン店のようですが、屋号には麺家とはありますが“にのみや”には“家”が

含まれていませんが良いのでしょうか^^

場所は長沼大橋から南幹線を突っ切りそのまま少し下ったところです。





さて、店内はこんな感じ。
麺家 にのみや2

厨房を囲むようにL字のカウンターに12席、そして窓沿いにテーブル席が6人×4と

小上がり席6人×2です。





では、気になるメニューを早速拝見しましょう。
3_20150321164851f43.jpg

4_20150321164850938.jpg

家系的な「濃厚豚骨」ラーメンの他に、ブッチャー系的な「豪麺」なるラーメンなどもあり、

さらにあっさり系のラーメンまでと幅広い構成です。





そんな中注文したのは、当店自慢!濃厚豚骨ラーメンから

「特製にのみやラーメン 醤油」
麺家 にのみや5

最初は様子見で普通の豚骨ラーメンにしようかとも思ったのですが、こちらの看板メニュー

でもあるようですから、本来ならラーメンで税込み1,000円越えは有り得ないと思ってはいる

のですが、今回ばかりはと注文してみました。

お味の方は醤油と塩から選べるので、今回は醤油をチョイス。

麺家 にのみや6

具は角煮半分、チャーシュー、味玉半分、辛ネギ、ほうれん草、ウズラの玉子、海苔と

まさに“特製”の名にふさわしいトッピングです。

早速スープからいただけば、クリーミーさはあるものの想像していたよりは飲みやすく、

これは旨いです。

麺は若干縮れのある中太麺でまさにブッチャー程ではありませんが、ぽかったですね^^

その麺はスープとの相性も抜群でした。

麺家 にのみや7

そういえば、あとから来た隣のお客さんが細麺でオーダーしていました。

なるほど、細麺も選択できるんですね。

醤油スープは太麺で、塩は細麺が合うのかもしれません。

続いて、こちらの角煮は見た目からくどそうなイメージでしたが、いただいてみれば

脂身がとろけるほどに柔らかくてとっても美味しかったです。

麺家 にのみや8

辛ネギは辛味というよりはなかなか苦みがあって、しっかりとネギであることを主張しています。

そこに辣油でしょうか?が掛かっていてピリ辛さが加わって、味を引き締めます。

ただ、スープに混ぜすぎるとラー油の味が主張しすぎてしまうので、あまりスープに溶かさずに

いただいた方がいいかもしれません。

麺家 にのみや9

ちなみに、家に帰ってからなんだかお腹をくだしたような感じでした(>_<)

食べているときはそれほど感じませんでしたが、意外に強烈系だったりして(笑)

そうは言っても、たまには濃厚ラーメンもいいですね。

美味しかったです。

麺屋 にのみや

酒処 いいとこどり(静岡市葵区)

  • Day:2015.03.22 11:15
  • Cat:呑み
おいしい肴とお酒のお店、葵区両替町にある「酒処 いいとこどり」さんで一杯やってきました。
酒処 いいとこどり1

場所は、両替町通りと呉服町通りの間の通り。





店内はこんな感じ。
酒処 いいとこどり2

お店は奥に細長く、若干明かりを落としたいいムードです。

そんなお洒落なお店におじさんではちょっと浮いてしまうのでは?と最初は思いましたが、

いえいえ意外と落ち着けるいいお店でした。





ということで、早速ハートランドの生ビールで乾杯。
酒処 いいとこどり3

鶏肉とパスタの洋風スタイルのお通しがビールに合います。





そして、最初にやってきたのは「お任せ刺盛 小」
酒処 いいとこどり4

この日のお任せは、〆サバ、カンパチ、甘えび、まぐろ、タコぶつ、サザエと豪勢です。

しかも、これほどまでの新鮮なネタにもかかわらず1,250円とは。

このお店、なかなか期待ができそうです。





続いて「牛ハラミステーキ」
酒処 いいとこどり5

おいおい、これもメチャ旨いじゃないですか!

ハラミも柔らかく、なんといってもこのソースが美味しいね。





「葉生姜」
酒処 いいとこどり6

これは初物ですね。

いい箸休めです。





「カキフライ」
酒処 いいとこどり7

大振りでミルキーさがたまりません!

タルタルソースも旨いぞ。





ここで早くも冷酒「磯自慢 本醸造 焼津」
酒処 いいとこどり8

その出で立ちがこれまたなんともお洒落です。

程よく冷えた磯自慢が旨いのなんのって。

この後、いったい何本おかわりしたことか^^





さらに続いて「生ほたるイカ」
酒処 いいとこどり9

こちらも珍しい一品です。

生のホタルイカなんて意外とお目にかかれませんからね。

やはりこの店、只者じゃないですね^^





「新じゃが唐揚げ」
酒処 いいとこどり10

表面カリッと中ホクホクで、ハフッハフッしながら頬張ります。

粗塩とマヨネーズでさっぱりといただけば、さらに日本酒が進みます^^





「空豆の塩焼」
酒処 いいとこどり11

これがメニューにあると必ずと言っていいほど頼んでしまいます。

この味、この香、そこに粗塩、日本酒には最高のアテですよね。





最後にメニュー表を。

こちらは、日替りおすすめメニュー
酒処 いいとこどり12

酒処 いいとこどり13


そして、こちらが通常メニュー
酒処 いいとこどり14

酒処 いいとこどり15

お店の外観、内装からして、最初はまぁ雰囲気重視の洋風居酒屋程度くらいにしか思って

いませんでしたが、メニューをみれば意外や和食系メニューも充実しているし、なんといっても

その美味しさに感動と驚きを覚えるほどでした。

客層は確かに若い方が多かったですが、それでも年配の方もかなり見受けられました。

やはりみなさん、こちらのお店のネタの良さをよくご存じなんですね。

今宵はいいお店に巡り合えました。


酒処 いいとこどり
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。